季刊『農民文学』のご案内

各号の詳細と、農民文学賞に関するお知らせなど。

全体表示

[ リスト ]

以下は2016年3月8日付「日本農業新聞」記事からの引用です。

    農民文学賞
        評論  三島利徳さん(長野)
        詩   本田初美さん(北海道)   

  日本農民文学会は第59回農民文学賞に、評論の部で長野市の
  三島利徳さん(69)の『破天荒作家 山田多賀市と農民文学』
  詩の部で北海道湧別町の本田初美さん(71)の『どこにいますか』
  を選んだと発表した。

  第7回全国農業関係高等学校エッセイコンテスト最優秀賞には、
  群馬県立利根実業高校3年の宮内祐亮さんが輝いた。

  三島さんは、戦前に農民運動に関わり、闘病しながら小説を書き
  続けた農民文学者・山田の足跡を追った。自身も農家に生まれた
  山田さんは「伝統ある賞を頂いて光栄だ。農業の大切さを訴え、
  反戦の姿勢を貫いた山田を知ってもらうきっかけになれば幸いだ」
  と喜ぶ。

   本田さんは雄大な北の大地を舞台に、自然との対話を温かい筆致
  でつづった。「詩に目を留めていただいてうれしい」と話す。

  学校で林業と環境問題について学ぶ宮内さんは、地元の山林崩壊
  に着目し、山の再生による地域活性化を主張した。「地域の歴史を 
   勉強しながら書いた。将来は林業の職に就きたい」と夢を語った。

  農民文学賞の表彰は、4月29日に東京都内で行う。
  


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事