季刊『農民文学』のご案内

各号の詳細と、農民文学賞に関するお知らせなど。

日記

[ リスト | 詳細 ]

季刊「農民文学」各号の目次や、農民文学賞のご案内など。
記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

『農民文学』第297号 2012年春の号  日本農民文学会
イメージ 1
表紙絵「収穫」(クレヨン画) 小島富司(画)
             イラスト提供 小島富司
目次
≪巻頭言≫冬の風物詩---------------------------------国梓 としひで
■第五十五回農民文学賞発表
 受賞者のことばと略歴-----------------------------------宇梶 紀夫
■農民文学賞・選評
  伊藤 桂一・秋山 駿・木村 芳夫
■受賞作品発表
 創作 赤いトマト----------------------------------------宇梶 紀夫
■創作
 田舎の夏----------------------------------------------宅和 俊平
 上総生まれの豆千代(寄稿) ------------------------------村上 節子
 出会い ------------------------------------------------田中 忠敬
■詩
 詩撰集 詩四篇-----------------------------------------水野 昭義
■エッセイ
 追悼 夢貫いた”農婦作家”-------------------------------一ノ瀬  綾
 『農民文学』の点と線―四十年を追想する--------------------磯目 健二
 東を向いた六地蔵
---------------------------------------小田切芳郎
 山本聯合艦隊司令長官の手紙-----------------------------大宮 貫一
 野良の昆虫記 その(十六)--------------------------------飯塚 静治
 随想一滴『人間復活の灯火を信じて』------------------------木村 芳夫
■話題の泉 (会員の本の紹介)
 藤根研一「農業技師『宮澤賢治』」
 大塚史朗『金婚』
 大宮 寛一 『八十路を生きた人生行路』
 宇梶 紀夫 『未明の蹶起』
 杉山 武子 『土着と反逆』
 遠山 あき 『紫陽花寺遺聞』
■報告
 第58回日本農民文学会総会及び第55回農民文学賞贈呈式のご案内
 新入会員迎え支部総会ひらく-------------------------------飯島 勝彦
 資金カンパ協力者芳名の追加
●日本農民文学会会員募集
●新入会員の紹介
●歴代農民文学賞受賞作品紹介
●編集長のページ-----------------------------------------野中  進
 
◎季刊『農民文学』第296号で第五十五回農民文学賞候補作品が発表されました。
  今回もたくさんのご応募ありがとうございました。 
  候補作品名と作者名は下記の通りです。
 
◎選考委員   伊藤桂一  秋山 駿  木村芳夫
 
  ――第一次候補作品――
小説の部
  『二の糸 三番』    吉井恵璃子(熊本)
  『青山のすそ』     入手  美緒(宮城)
  『稲の花』        室町   眞(東京)
  『TOMODACHI』     青井 はるか(北海道)
  『雑司ヶ谷』        岡野  英高(東京)
  『燎原の彼方に』     野村  篤史(埼玉)
  『明日に光を』      やましろゆう(埼玉)
  『赤いトマト』       宇梶  紀夫(神奈川)
  『豊島屋物語』     藤田   卓(広島)
 
詩集の部
  『青空』           本田 初美(北海道)
  『希望の狼煙』      磐城 葦彦(神奈川) 
 
評論の部
  『心に釘を打った奴』  西村 寿郎(三重)
 
  ――最終候補作品――
小説の部
  『二の糸 三番』     吉井恵璃子(熊本)
  『青山のすそ』      入手 美緒(宮城)
  『稲の花』         室町   眞(東京)
  『赤いトマト』        宇梶 紀夫(神奈川)
 
詩集の部
  『雪空』           本田 初美(北海道)
  『希望の狼煙』      磐城 葦彦(神奈川)
 
 ※選考会は3月初旬に行われ、農民文学賞受賞作が決定します。
 ※農民文学賞贈呈式は4月29日(祝) 午後3時より行われます。
   場所:飯田橋レインボービル1階会議室(家の光会館右隣ビル)
       東京都新宿区市ヶ谷船河原町11
       飯田橋下車(JR総武線・地下鉄有楽町線・地下鉄東西線) 徒歩5分
 
 
 
『農民文学』第296号 2012年玄冬号
表紙絵「種蒔き」(クレヨン画) 小島富司(画)
イラスト提供 小島富司
目次
≪巻頭言≫TPP-----------------------------------------飯塚 静治
■第三回全国農業関係高等学校エッセイコンテスト入賞者発表
 農業関係高校生エッセイコンテスト・講評--------------------木村 芳夫
 私の道------------------------------------------------別府 麻祐
 生産者の想いをつなげるショップ作り-----------------------及川 美咲
 農業後継者を目指す私の不安----------------------------佐々木祐大
 棚田の里 〜大蔵村〜 ----------------------------------松田 紗弥
 上を向いて歩こう---------------------------------------森本 和典 
 私たちのために----------------------------------------石山 将也
■創作
 前へ--------------------------------------------------飯島 勝彦
 ピエロ-------------------------------------------------森    厚
■詩・短歌
 詩撰集 「その日から」-----------------------------------鷺野谷弘行
■評論
 満州農業の近代化に貢献した興農合作社-------------------坂本進一郎
 地人の道を歩もうとした宮沢賢治---------------------------中島 紀一
■エッセイ
 追悼 南雲道雄さんのこと---------------------------------北原 文雄
 災害は忘れた頃にやって来る------------------------------西村 寿郎
 安らぎの扉----------------------------------------------藤井八重子
 廣澤康郎さん追想----------------------------------------堀澤 光儀
  野良の昆虫記 その(十五)--------------------------------飯塚 静治
 随想一滴 「友と過ごした最後の旅」--------------------------木村 芳夫
■話題の泉 (会員の本の紹介)
 大宮 寛一 『八十路を生きた人生行路』
 水木   亮 『艶笑唄』 
  遠山 あき 『紫陽花寺遺聞』
 宇梶 紀夫 『未明の蹶起』
 藤根 研一 「農業技師『宮澤賢治』」
 杉山 武子 『土着と反逆』
 大塚 史朗 『金婚』
■報告
 第58回日本農民文学会総会及び第55回農民文学賞贈呈式のご案内
 第五十五回農民文学賞候補作品発表
 新潟県支部総会報告-------------------------------------大宮 貫一
 資金カンパ協力者芳名一覧
●日本農民文学会会員募集
●新入会員の紹介
●編集長のページ-----------------------------------------野中  進

  第三回全国農業関係高等学校エッセイコンテスト入賞作品について
     選考委員メンバーの日本農民文学会木村芳夫会長の講評内容が、
  下記ブログに転載されていますので、ご紹介します。
   ≪暮らしのノートPJ・ITO≫  
 
『農民文学』第295号 2011年白秋号
表紙絵「紅葉の渓流」(油絵) 鈴木三郎(画)
イラスト提供 小島富司
目次
≪巻頭言≫パフォーマンスの時代-------------------------西村  寿郎
■創作
 お好み焼き屋----------------------------------------北原 文雄
 夕映え----------------------------------------------徳永 絹代
 青葉米----------------------------------------------園山 富徳
 泥濘の鎖--------------------------------------------田野 想野
■詩・短歌
 詩撰集 東日本震災日詩(ニ)---------------------------鹿島  茂
 詩撰集----------------------------------------------坂本進一郎
 邑の風景--------------------------------------------神林 啓助
■エッセイ
 震災・原発へ「農」を書こう「エッセイコンテスト」へも期待------飯島 勝彦
 ドイツの旅--------------------------------------------藤井八重子
 バートランドラッセル賞----------------------------------西村 寿郎
 野良の昆虫記 その(十四)------------------------------飯塚 静治
 随想一滴 『セキレイの足跡』-----------------------------木村 芳夫
■話題の泉 (会員の本の紹介)
 水木   亮 『艶笑唄』
 大宮 寛一 『八十路を生きた人生行路』
  大塚 史朗 『金婚』
 遠山 あき 『紫陽花寺遺聞
■報告
 第五十五回 農民文学賞募集要項
 第三回 全国農業関係高等学校エッセイコンテスト実施要項
●日本農民文学会会員募集
●新入会員の紹介
●編集長のページ---------------------------------------野中  進

第五十五回農民文学賞募集要項 日本農民文学会
 
 選考委員  秋山   駿
         伊藤 桂一
         南雲 道雄
         木村 芳夫
 

 本賞は、農民にとどまらず、土や自然と関わりながら生きる人間探求の文学作品
に対する文学賞です。
 二十一世紀は農耕民族の魂を原点に、心の潤いと活性化が求められる復活の
世紀と思われます。斬新な発想の基に、農民文学が目指す有意な作品の応募を
期待します。
 伝統ある農民文学賞の受賞者の多くは、都会や農村、或いは里山で、地域発展
のためにオピニオンリーダーとして活躍しています。彼らに続く諸兄姉の出現を
熱望します。

―――――応 募 規 定――――
一、応募品目 小説・評論.詩集。
一、応募作品は未発表原稿のこと。
  または2010年12月より2011年11月30日までに非営業雑誌に
  発表又は単行本掲載作品。
一、作品の分量
  小説は原則として四百字詰原稿用紙換算で百枚以内とする。
   ワープロ原稿の場合
  A4 ・ 縦書き、三十五文字三十行を原則とする。フロッピーを提出のこと。
  評論は原則として四百字詰原稿用紙換算で五十枚以内とする。
  詩集は原則として刊行された体裁のもの。
一、応募原稿又は作品集は選考の都合があるので必ず四部送付のこと。
一、応募作品には、必ず作者の氏名(ペンネームの場合は本名も)、住所、年齢、
  職業及び略歴を添えること。
一、締切日2011年11月30日(当日消印有効)
一、入選作品(受賞作品)は、2012年4月発行の『農民文学』春の号に掲載する。
一、受賞作品は原則として一編を選び賞状と副賞十万円を贈呈(二人受賞の場合  は副賞を分割する)。
一、送り先=〒194-0043 東京都町田市成瀬台 2−25−14 塚本様方
                  日本農民文学会.・農民文学賞係。
一、作品の返却には応じられない。
 

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事