のんびり Parenting

中3の息子背が伸びてきました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 
 前記事に書きましたが、小一の子供にベネッセのちゃれんじの通信教育を受講させています。と、いっても幼稚園や小学校の年齢では一人で勝手にしてくれるわけではないので親がみながらはげましたり、時には教えてテキストやドリルをさせていきます。
 
 
 年少の時から始めたのですでに3年以上受講していますが、子供がキャラクターやついてくる知育道具(ゲームやカードなど)が好きなのも続いた理由のひとつです。
 
そして、私がこの講座を結構気に入っている理由、それは親向けの情報誌が結構いいということです。
 
 子育てを始めると第一子の場合、(幼児教育を勉強したり、教育関係の仕事をしていた方以外は)本当に子供とかかわるのが初めてで、いろいろわからないことだらけということが多いですよね。そういう子供の発達段階にそった情報がいろいろでていて、しつけのことやお友達・家族との関わり方など専門家のコメントやアドバイスなどをのせた小冊子が教材といっしょに届きます。100%自分が実践できるかどうかということは置いておいて、そういう情報を知った上で子供と接していると、少しは自分なりの子育てもよくなってくるかな?と思っています。
 
 
 そのベネッセが教育情報のサイトを運営していると、モラタメで知ったので教育レポーターに早速申し込みしてみようかなと・・・私のアルバイトの児童英語講師の生徒さんは、年齢の幅も広いので、その参考にもなったらうれしいです。

開く トラックバック(0)

 
子供には年少の時からベネッセのこどもちゃれんじをさせています。100%活用できてるかなー?と思う時もありますが、子供も結構この通信教育のキャラクターが好きだったので、今まで続けています。小学校からはちゃれんじ1年生になり、キャラクターも新しいものにかわりました。
 
 ちゃれんじ1年生では、小学校からより学習の内容が多くなり(就学だから当然か?)テキストとドリルが毎月届き、最後に赤ペン先生にだすテストをして郵送で提出することになっています。テキストやドリルには、シールやえんぴつでぬると絵がうきでるようになっているページなどもあり、工夫を感じます。そして、テキストなどをした後は、親が丸付けをして声かけをすることになっています。
 
 先日、国語のかたかなのテキストのページを丸つけしていて思わず手がとまり、そして笑ってしまいました。間違っているんですが、なんだか子供なりにきっと頑張って、書いたんだろうなという気がします
 
 メニューをの字を並べかえて正しく書き直すという内容なのですが、以下のような珍回答が・・・。
 
 
   ハンャーチ : チャハーン   (キャシャーンか?とつっこみたくなる母)
   フービュシーチ : ビーフシューウ  (なんだか新しいシュークリームっぽい)
 
 
 写真をUPしたかったのですが、バイト数オーバーでだめでした写真のバイト数を小さくするのってどうすればいいのかなー?
 
 
 
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事