ここから本文です
あせらずに・・・悪性リンパ腫とともに
2度目の再発。脊髄浸潤にてリツキサン+トレアキシンにて治療後、部分寛解。経過観察中。

書庫全体表示

2009年11月に 濾胞性リンパ腫(Ⅳb)と診断されました
 
腹部に20cm大の腫瘍 他多数+骨髄浸潤
R−CHOP 計9クール(CHOP9回・リツキサン8回)
2010年10月 肝機能悪化にて 治療終了  部分寛解 
 
2011年2月 看護師 外来業務で復職
        感染リスクが高いと リツキサンの維持療法はせずに経過観察
 
2012年7月 CTに新たなモヤモヤ(主治医の言い方)指摘
        同時に 虫垂粘液腫指摘される
 
2012年10月 虫垂粘液腫 腹腔鏡手術
         そのとき一緒にとったリンパには リンパ腫細胞はなかったとのこと
 
2013年4月 CTにて (2012年7月指摘のモヤモヤ)再発とのレポート
        watch&wait そのまま経過観察
 
 
2014年3月 CT上にて 新たな再発のレポート(部分寛解で残っていた部位が大きくなった)
        可溶性IL−2 2011年以来の400代超え
        watch&wait 継続中
 
2014年5月 左頚部のリンパ腫がつかめるようになる
        初発ではなかった部位
        2012年7月のころから 皮膚にそってブチブチとした感触が少しずつ広がってきていた。
        5月になり盛り上がりつかめるようになってきた。
        つかめた芯の部分はブチブチ消しゴムくらいの硬さ
        ブチブチの広がりは 右首にもあるが まだ掴めるほどの盛り上がりではない
 
2014年7月 リツキサンによる再発治療(週1回・4クール・外来治療)
 
2014年10月 CT上縮小傾向も奏功には至らずノーチェンジとの判定
        しかし体調的には 5年間で一番楽になりました
 
2014年11月 リンパ腫患者 丸5年! 6年目に入りました!
 
今できることを 思いっきりやりたい!
『病気であっても 病人ではない』
ただ今『がん哲学外来』メディカルカフェでスタッフをさせていただいております
がん哲学外来の承認を受けて『がん哲学外来ナース部会』が発足しました
 
イメージ 1

  • おはようございます。

    私も昨年一番の親友をがんで亡くしました。
    肺がんでした
    健康には人一倍気をつけていた彼でしたが
    ドックでは見つからず、特定健診で見つかったそうです

    私もドックの結果を見て「もしかして・・」と思いながら
    毎日、ビクビクして過ごしています

    でも

    りんごさんの前向きな気持ちには勇気づけられます
    頑張って下さい!

    [ 木綿のハンカチーフ ]

    2014/11/22(土) 午前 8:07

    返信する
  • 顔アイコン

    > tama3104さん

    おはようございます コメントありがとうございます

    私も 毎日いろいろ思うことはありますが
    明日のこと 未来のことばかり考えて 今日をないがしろにしてしまったら 結局今を生きていないことになると思うので
    今を大切に 今日幸せであれば その積み重ねが私の人生であり、未来だと思うので

    『病気であっても病人でない』
    という 樋野先生の言葉に支えられて 今を生きています('-^*)/

    りんご

    2014/11/22(土) 午前 8:27

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。。
    私もりんごさんと全く同じ、濾胞性リンパ腫です。
    発病は平成17年の10月、10年目に入りました。
    発病当時は、臨床病期は鹸、高リスク状態でした。病状説明書を読み返してみたら、予後不良(1日のうち50%以上起きていられる状態より悪い)とも書いてありました。抗がん剤治療を受け寛解したのが翌年の6月、それから毎年再発、リツキサンの投与を受けていたのですが、4年前の9月、アメリカで開発された薬、ゼヴァリンの治療を受けてからは、その後治療を受けずにすんでおります。今年10月のCTの結果も悪くなかったのでホッとしております。 もちろん覚悟だけはしております。ただ、現在元気で普通の生活ができているのに、先のことを心配しすぎてたら、今がもったいないとの思いで、趣味や遊び、それからボランティア活動などで忙しく出歩いております。ゼヴァリンの治療の後、2度もヨーロッパ旅行ができました。
    今、精一杯生きていたら、あの世からお迎えが来た時にあがくことなく受け入れられるような気がします。
    りんごさんも前向きで、あなたのブログに出会えてよかったです。。

    [ Y.Yアドバルーン ]

    2014/11/22(土) 午後 1:20

    返信する
  • 顔アイコン

    ☆;:::::;HELLO;:::::;★
    全く同感ですね
    「病魔」に負けないで下さい
    ナイス

    [ メイ ]

    2014/11/22(土) 午後 2:50

    返信する
  • 顔アイコン

    > Y.Yアドバルーンさん

    はじめまして コメントありがとうございます
    濾胞人 10年目の先輩ですね!
    ゼヴァリン治療が功を奏したのですね♪

    私は今は 目指せ!『天寿がん』です
    がんを患ていても がんが残っていても 高齢になってがん以外で亡くなればそれは 天寿を全うした『天寿がん』だと

    リンパ腫は『がんも身のうち、不良息子と思え』
    がんは自分の細胞ががん化したしたものだから、侵入者ではないと
    上手く共存しなさいと

    今日一日が自分にとって幸せに生きれれば、人生はその積み重ねですもんね!
    明日を心配ばかりして 今を楽しく生きられなかったらもったいないですよね(o^-')b

    りんご

    2014/11/22(土) 午後 3:57

    返信する
  • 顔アイコン

    > メイさん
    こんにちは コメントありがとうございます

    「がん哲ナース部会」が発足しました!
    がんになって 外来勤務しかできなくなって
    でも 今このプロジェクトに参加している自分って〜!>゜))))彡

    人生 わからないです
    まだまだやりたいことが たくさんあります
    「病気であっても病人ではない」

    「がん哲学外来」に出会って もう一度自分の人生が戻ってきた気がします

    りんご

    2014/11/22(土) 午後 4:02

    返信する
  • 顔アイコン

    > りんごさん
    ブログを始めたばかりで、『こんにちは りんごです。』を読んでコメントさせていただいてから、これまでのりんごさんの投稿を殆ど読ませていただきました。
    私の娘くらいの年齢の貴女が、お仕事をしながら、娘ちゃんや息子ちゃんのことを考えたり、心配したり、そして薬の副作用だったり、身体の辛さがなかなか思うように消えない中、病気と闘っていらっしゃる。 何と申し上げたらよいのでしょうか? 前向きに頑張っているつもりの私の気持ちなど、まだまだ甘いと感じました。心から応援しております。 娘ちゃんの着物の後姿素敵でしたよ。

    [ Y.Yアドバルーン ]

    2014/11/27(木) 午後 9:49

    返信する
  • 顔アイコン

    > Y.Yアドバルーンさん
    おはようございます コメントありがとうございます(*^_^*)
    過去の記事を読んでくださったのですね
    私もようやく目標の5年目が過ぎて、濾胞人6年目になりました。
    治療中の記事は、治療がなかなか進まず、かなり抑えて書いていたつもりですが、今読むと客観的につらい部分もあります。
    夢中で子供たちと一緒に乗り越えてきたんだなと思います。
    順天堂の樋野興夫教授が、よくがん哲学外来で『天寿がん』とおっしゃいますが、Y.Yアドバルーンさんなら『天寿がん』実行できそうですね♪
    『天寿がん』とは がんと共存しながら、天寿でがん以外のことで亡くなることです
    樋野先生は、『がんも身のうち』がん細胞は自分の細胞ががん化したものだから、不良息子と思えって言います。
    がんが身体に残って、『共存』しなければいけない私にとっては、心救われる言葉でした。

    りんご

    2014/11/29(土) 午前 5:29

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事