ここから本文です
あせらずに・・・悪性リンパ腫とともに
2度目の再発。脊髄浸潤にてリツキサン+トレアキシンにて治療後、部分寛解。経過観察中。

書庫全体表示

ろほう性リンパ腫
2度目の再発治療の、R-B
リツキサン➕トレアキシンの治療も、6クール目、最後の治療になりました。

イメージ 1


今回の6クール目の前に
右と同じ位置の左側の側背部から下のしびれが強くなり
急きょゴールデンウイーク前に、
MRを撮ってもらいました。

急だったので、初発のときに、病院が工事中で紹介された、病院近くの放射線クリニックで。MRを撮ってもらいました。

結果は、16mmのリンパ腫が、まだ椎体付近にありますが、脊髄はきれいだということで、
しびれが強くなった原因は、トレアキシンの抗がん剤によるしびれが強くなったのでは?
とのことでした。

ただ、ひとつショックだったのが、
その放射線クリニックに、2009年11月の初発のCTが残っていたので、
それと比較して説明してくださったのですが、
初発の時点で、同じ胸椎の部分に、
すでにリンパ腫があった
ということがわかったのです。

初発のときは、
肝臓のように大きくなった、20-cm大のリンパ腫の他は、あちこちたくさん有りすぎて、多数あり…的な所見だったので、
まさか、胸椎にあるとは、思ってもみませんでした。

治療としては、たぶん、R-CHOPで一度消えて、
今回また、同じばしょで、前よりも大きくなった、
脊椎の椎体の中にも入って、脊髄浸潤もした、ということなのでしょう。


そのことを、K病院の主治医に話すと、
主治医もビックリしていました。

5クール目が終わっての、
先日のMRで、まだリンパ腫が残っていたので、
6クール目の終了後の評価は、PETを撮って、リンパ腫が残って光っていたら、
放射線をかけることになりそうです。

ただ、場所が脊髄の近くなので、
主治医の経験では、30年やっていて、1例がだけ、放射線をかけたことにより、そこから下が全部麻痺してしまった事例があったとのことで、
リスクのある治療だと言われました。

まずは、今日こらからの採血のほうが、
最近、血管が入りにくいので
心配ですがー

  • 顔アイコン

    ~~~ヾ(^∇^)おはよー♪
    「脊髄」は、損傷したら大変だから、慎重に「治療」して、貰いたいですね
    御大事にして下さい
    ナイス

    [ メイ ]

    2016/5/13(金) 午前 9:35

    返信する
  • 顔アイコン

    > メイさん
    ありがとうございます
    そうなんですよね
    同じ胸椎でも、脊髄から離れた場所だったら、
    そのまま様子観察でいいのでしょうけれど
    脊髄に近くにリンパ腫が残っているから
    いろいろ難しいし、心配です

    PETが光らなければ、経過を見てもらう予定です

    りんご

    2016/5/16(月) 午後 3:25

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事