ここから本文です
あせらずに・・・悪性リンパ腫とともに
2度目の再発。脊髄浸潤にてリツキサン+トレアキシンにて治療後、部分寛解。経過観察中。

書庫全体表示

記事検索
検索
12月10日
退院して次の日に どうしても樋野先生の声が聴きたくて!
大久保にある淀橋教会で行われている
がん哲学外来メディカルカフェ@よどばし
にお邪魔してきました


イメージ 1
淀橋教会には初めてお邪魔しましたが
みなさんに温かく迎えていただいて
予約の面談の方がいらっしゃらなかったので
久しぶりに樋野先生の個人面談をしていただきました♪

入院の経過を報告して
いつのまにか がん哲学外来やナース部会の話に♪
樋野講話もいつもあったかい気持ちになりますが
先生との面談も 私にはまだたくさんやるべきこと やりたいことがあるのだと
たくさんの元気をいただきました('-^*)/

イメージ 2教会のクリスマスツリー
ライトアップされて きれい♪


























イメージ 3
パスタで作ったリース(?)
淀橋教会のがん哲学外来メディカルカフェのおみやげでいただきました♪
言われないと パスタ ってわからないよね?(o^-')b すご〜い!!


歩くとやっぱり 両足がしびれていますが
歩けるから 歩かないと!

右足痺れているから 車の運転は怖いし・・・
初発の時、本当に引きこもって おまけに圧迫骨折して
復職の時に 本当に体力が落ちてしまい 大変だったので

今回は 3回目からは 通院で3日連続での治療の予定なので
体力を落とさないように、感染症に気を付けながら
生活していかなくちゃ!と 思っています

2009年11月に 濾胞性リンパ腫(Ⅳb)と診断されました
 
腹部に20cm大の腫瘍 他多数+骨髄浸潤
R−CHOP 計9クール(CHOP9回・リツキサン8回)
2010年10月 肝機能悪化にて 治療終了  部分寛解 
 
2011年2月 看護師 外来業務で復職
        感染リスクが高いと リツキサンの維持療法はせずに経過観察
 
2012年7月 CTに新たなモヤモヤ(主治医の言い方)指摘
        同時に 虫垂粘液腫指摘される
 
2012年10月 虫垂粘液腫 腹腔鏡手術
         そのとき一緒にとったリンパには リンパ腫細胞はなかった
                          とのこと
 
2013年4月 CTにて (2012年7月指摘のモヤモヤ)再発とのレポート
        watch&wait そのまま経過観察
 
 
2014年3月 CT上にて 新たな再発のレポート(部分寛解で残っていた部位が
                   大きくなった)
        可溶性IL−2 2011年以来の400代超え
        watch&wait 継続中
 
2014年5月 左頚部のリンパ腫がつかめるようになる
        初発ではなかった部位
        2012年7月のころから 皮膚にそってブチブチとした感触が
                        少しずつ広がってきていた。
        5月になり盛り上がりつかめるようになってきた。
        つかめた芯の部分はブチブチ消しゴムくらいの硬さ
        ブチブチの広がりは 右首にもあるが まだ掴めるほどの
                       盛り上がりではない
 
2014年7月 リツキサンによる再発治療(週1回・4クール・外来治療)
 
2014年10月 CT上縮小傾向も奏功には至らずノーチェンジとの判定
        しかし体調的には 5年間で一番楽になりました
 
2014年11月 リンパ腫患者 丸5年! 6年目に入りました!

2015年6月 再再発? 再発・再燃? watch&wait経過観察 
      初回治療中以来の可溶性IL-2基準値超えの500代
      CTも 2014年治療前の大きさに戻りました
      まだ 体調は そこまで悪くない!

2015年10月 CT上 右肋骨10,11内側に再発所見。第10、11胸椎・脊髄浸潤疑い
       (4月から感じていた右背部〜側腹部痛はこのためだった)
2015年11月 右下肢シビレ→左下肢にもシビレ出現にて、急遽入院
       プレドニン60mg×5日間内服
       リツキサン+トレアキシン(ベンダムスチン)にて治療開始
       休職にて治療となる
 
今できることを 思いっきりやりたい!
『病気であっても 病人ではない』
ただ今『がん哲学外来』メディカルカフェでスタッフをさせていただいております
がん哲学外来の承認を受けて『がん哲学外来ナース部会』が発足しました



がん哲学外来ナース部会HP:http://gantetsuns.jimdo.com/
一般社団法人がん哲学外来HP:http://www.gantetsugaku.org/
がん哲学外来市民学会HP:http://shimingakkai.org/index.html
一般社団法人がん哲学外来関西支部HP:http://azuma-clinic.wix.com/cancer-philosophy 

こんにちはりんごです
ご報告が遅くなりましたが、12月9日に無事退院しました

12月8日の白血球は4100
入院時と同じ値に戻っていましたが
一度上がっても
下がってくる人もいるとのことで
もう一度来週、外来で採血をして
横ばいか上がっていたら、年内にもう一度入院で治療
(本来、外来治療ですが、1回目のリツキサンのインフュージョンリアクションがひどく、速度を上げられなかったので、外来の時間で終わらなかったので、念のため入院)
白血球が下がっていてダメなら年明けに治療になります

1回目くらいは順調に白血球あがって、治療したいですね
というのも、下肢のしびれが思いのほかしっかりあって、歩きにくいです
足の裏もボワボワして、しびれて感覚がおかしいですし
脛から下はかなりしっかりしびれています
腰から下全体的にゾワゾワビリビリしていますが
これは、入院したときより広がっているので
抗がん剤があまり間隔があいてしまうと、症状が進んでしまうのも怖いので

クリスマスが入院中かな〜?
間隔が短いと 髪のダメージも大きいのですが…
歩けなくなってしまうと困るので
背に腹は代えられません!

まあ、年明けに治療だったら
その分、クリスマスを楽しみますが!('-^*)/

イメージ 1
退院してくるとき、どのくらい歩けるか?
心配で・・・
バスと電車を使って帰ってきました
そこで 道路の歩きにくさにビックリしました
病院内では、しびれていてもそこまで歩きにくさや、
しびれ自体も短距離なので感じなかったのですが・・・
これは 毎日歩かないとだめですね


帰りに東京純豆腐でお昼を食べて♪
酸辣湯 みそ味 3辛 ご飯少な目
美味しかったです('-^*)/

ご馳走様でした(*^^)v


おはようございます
りんごです

まだ入院しております
予定通りと言えば、予定通りなのかな?

当初、再発がわかったときは、2週間くらいって、言われていたので
急きょ入院して、プレドニンの内服5日間や、連休が入って治療がとびとびになった分があるので、
治療後からだと、2週間です

12月4日の白血球は、3500
Hb13.3
PLT21.3

まだ、下がりきってはいない?

今日の結果で、明日退院かな?
もう一度、外来で採血して
白血球が立ち上がってきたのを確認してから、
次の治療を、決めるようです

結果がどうでるかな?
楽しみでもあり、怖くもありー(*^^*)

骨髄ちゃんがんばれー👊😆🎵

こんばんは、りんごです
12月に入り
入院も、いつのまにか15日目

トレアキシンの副作用の吐き気は、
おかげさまで落ち着きました

12月1日の白血球は、3800
治療後1週間なので、まずまずの値です
まだ、下がるまできてないかな?
今回、入院したときから、プレドニンを使っていたので、
入院時の白血球4100だったので、振り出しに戻った感じです

ただ、トレアキシンは、こらからダラダラ
下がるかも?と言われていて
経過をみていくことになります
上がって来ないと、次の予定が入れられないそうです

このダラダラ〜が、
どうも、痛みにも現れていて?
夜中、あちこちリンパ腫のあるところが
痛くて眠れない(>_<)

もともと、夜型、夜中に痛くなるリンパ腫ちゃんですが、
どうも、夜中に、暴れる?
一昨日は、左のキロクブがヒリヒリ&ズキン
右の背中の痛みにプラスされて、痛くて眠れませんでした( ̄▽ ̄;)

そのせい?
結局、左の下肢全体も、肋骨辺りから下までシビレできてしまって

あわや、放射線治療?
結局、歩けているから、もう少し抗がん剤の効果をみましょう
と、言うことで、様子を見てもらっています

今回、抗がん剤で頑張って
放射線は、次の機会にとっておきたいのでー
早く効いてくれ!
リツキサン&トレアキシン
という感じです


明日の採血で
どこまで白血球が落ちるかな?
骨髄くん!がんばれー👊😆🎵

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事