ここから本文です
あせらずに・・・悪性リンパ腫とともに
2度目の再発。脊髄浸潤にてリツキサン+トレアキシンにて治療後、部分寛解。経過観察中。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

3月17日のCT所見と 微妙に動き出した可溶性IL−2の結果を受けて
 
去年から 再発 って言われているから
今回は 主治医は 再発 とは ひとことも言わなかった
「ここが大きくなってきた」って 前回の画像と今回の画像見せられて
確かに まだらだったところが 実質がしっかりしていた
前回まで 大きさを気にしていたところじゃなくて
元々の20cmの腫瘍の残存部分とつながって見えた
 
まだ 消えるかも知れないし・・・
 
ああ まだ治療じゃないんだ
 
可溶性IL−2
1月も460超えてたんだ
私 2か月悶々とするのイヤだから 結果を聞くために 主治医には電話しないから
 
可溶性IL−2 動きましたね
って 言ったら
まだ 基準値内だから
って 
まだ 治療はしないよ
どうなったら 治療になります!?
って 聞いたら
可溶性IL−2が 正常値を超えるか 2〜3cmのリンパの腫れが何個かになったら
って
まだ もう少し 余裕ありますね
というと
うん
と 
最初の可溶性IL−2 3000とか1000とかでしたもんね
って 言ったら
最初は腫瘍量多かったから!
だって〜
 
そこまでは 待たないってことですね。。。
 
 
去年も 同じ時期 仕事が忙しい&息子くん受験
ここだけ頑張れば〜
って
その後 CT上 再発と
超勤免除の診断書 書いてくれて 無理しないようにしてきたけど
 
やっぱり この時期 仕事が忙しくなる
周りの空気も そろそろ普通に超勤!? 土日勤務は!?
ビシバシ感じていて
私としても ここで頑張って 大丈夫だったら 
再発って言われて そろそろ1年だし
1年経過観察できたから もうちょっと無理して仕事しても 大丈夫かな!?
 
なんて
ちょっと 欲を出していたのですが・・・
 
そう簡単には いかない
って いうか
見透かされているっていうか
 
2回 同じパターンだと
やっぱり 仕事の負荷が 一定を超えると ダメなのかなあ・・・
 
 
 
去年 再発って言われて
その前に 同病仲間のポカケンさんが亡くなって
なんか 思った以上に 再発 気持ちで受け入れられない っていうか 悶々として
前後して がん哲学外来 メディカルカフェにも 行くようになって
10月かな!?
がん哲学外来コーディネーター養成講座に 佐久まで行って
やっと すっきり 前向きになれたのに
 
再発
していたんだから
今 すぐ 治療じゃないんだから
って 思えば 済むのに
 
一方で
ああ やっぱり 逃げ切れないんだ・・・
なかったことには ならないんだなあ
じわじわと 来ているのであります
 
ああ また 涙を流し損ねたから
苦しいままです
 
CT結果言われた後
帰りに ふと 泣きそうになったんだけど
人前だったんで こらえたら 
そのあと 泣けなくなってしまった
 
 
記憶って のど元過ぎると 薄れていく
って いうか
嫌な記憶は 忘れているんだよね
 
CT結果聞いてから 治療の嫌な記憶 またリアルによみがえってきた
1年前も 同じこと 繰り返していたんだけど・・・
 
 
初発の治療の時
治療が終わったら 〜したい!
って いっぱい思っていたのに
日々の仕事 生活で いっぱいいっぱいで
まだ できていないこと たくさんだなあ
 
治療までに いくつ できるかな!?
 
そのなかのひとつ
中華街 行って 満足♪
 
だけど・・・
昨日 身体がしんどくて 
お腹が張って詰まって
今日もまだ 格闘してる
3連休なら なんとかなるのか!?
やっぱり 連休でのお出かけは リスク高いなあ・・・
 
 
 
 
 

2009年11月に 濾胞性リンパ腫(Ⅳb)と診断されました
 
腹部に20cm大の腫瘍 他多数+骨髄浸潤
R−CHOP 計9クール(CHOP9回・リツキサン8回)
2010年10月 肝機能悪化にて 治療終了  部分寛解 
 
2011年2月 看護師 外来業務で復職
        感染リスクが高いと リツキサンの維持療法はせずに経過観察
 
2012年7月 CTに新たなモヤモヤ(主治医の言い方)指摘
        同時に 虫垂粘液腫指摘される
 
2012年10月 虫垂粘液腫 腹腔鏡手術
         そのとき一緒にとったリンパには リンパ腫細胞はなかったとのこと
 
2013年4月 CTにて (2012年7月指摘のモヤモヤ)再発とのレポート
        watch&wait そのまま経過観察
 
 
2014年3月 CT上にて 新たな再発のレポート(部分寛解で残っていた部位が大きくなった)
        可溶性IL−2 2011年以来の400代超え
        watch&wait 継続中
 
        

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事