ここから本文です
あせらずに・・・悪性リンパ腫とともに
2度目の再発。脊髄浸潤にてリツキサン+トレアキシンにて治療後、部分寛解。経過観察中。

書庫TOP

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

2009年11月に 濾胞性リンパ腫(Ⅳb)と診断されました
 
腹部に20cm大の腫瘍 他多数+骨髄浸潤
R−CHOP 計9クール(CHOP9回・リツキサン8回)
2010年10月 肝機能悪化にて 治療終了  部分寛解 
 
2011年2月 看護師 外来業務で復職
        感染リスクが高いと リツキサンの維持療法はせずに経過観察
 
2012年7月 CTに新たなモヤモヤ(主治医の言い方)指摘
        同時に 虫垂粘液腫指摘される
 
2012年10月 虫垂粘液腫 腹腔鏡手術
         そのとき一緒にとったリンパには リンパ腫細胞はなかった
                          とのこと
 
2013年4月 CTにて (2012年7月指摘のモヤモヤ)再発とのレポート
        watch&wait そのまま経過観察
 
 
2014年3月 CT上にて 新たな再発のレポート(部分寛解で残っていた部位が
                   大きくなった)
        可溶性IL−2 2011年以来の400代超え
        watch&wait 継続中
 
2014年5月 左頚部のリンパ腫がつかめるようになる
        初発ではなかった部位
        2012年7月のころから 皮膚にそってブチブチとした感触が
                        少しずつ広がってきていた。
        5月になり盛り上がりつかめるようになってきた。
        つかめた芯の部分はブチブチ消しゴムくらいの硬さ
        ブチブチの広がりは 右首にもあるが まだ掴めるほどの
                       盛り上がりではない
 
2014年7月 リツキサンによる再発治療(週1回・4クール・外来治療)
 
2014年10月 CT上縮小傾向も奏功には至らずノーチェンジとの判定
        しかし体調的には 5年間で一番楽になりました
 
2014年11月 リンパ腫患者 丸5年! 6年目に入りました!

2015年6月 再再発? 再発・再燃? watch&wait経過観察 
      初回治療中以来の可溶性IL-2基準値超えの500代
      CTも 2014年治療前の大きさに戻りました
      まだ 体調は そこまで悪くない!

2015年10月 CT上 右肋骨10,11内側に再発所見。第10、11胸椎・脊髄浸潤疑い
       (4月から感じていた右背部〜側腹部痛はこのためだった)
2015年11月 右下肢シビレ→左下肢にもシビレ出現にて、急遽入院
       プレドニン60mg×5日間内服
       リツキサン+トレアキシン(ベンダムスチン)にて治療開始
       休職にて治療となる
 
今できることを 思いっきりやりたい!
『病気であっても 病人ではない』
ただ今『がん哲学外来』メディカルカフェでスタッフをさせていただいております
がん哲学外来の承認を受けて『がん哲学外来ナース部会』が発足しました



がん哲学外来ナース部会HP:http://gantetsuns.jimdo.com/
一般社団法人がん哲学外来HP:http://www.gantetsugaku.org/
がん哲学外来市民学会HP:http://shimingakkai.org/index.html
一般社団法人がん哲学外来関西支部HP:http://azuma-clinic.wix.com/cancer-philosophy 

2009年11月に 濾胞性リンパ腫(Ⅳb)と診断されました
 
腹部に20cm大の腫瘍 他多数+骨髄浸潤
R−CHOP 計9クール(CHOP9回・リツキサン8回)
2010年10月 肝機能悪化にて 治療終了  部分寛解 
 
2011年2月 看護師 外来業務で復職
        感染リスクが高いと リツキサンの維持療法はせずに経過観察
 
2012年7月 CTに新たなモヤモヤ(主治医の言い方)指摘
        同時に 虫垂粘液腫指摘される
 
2012年10月 虫垂粘液腫 腹腔鏡手術
         そのとき一緒にとったリンパには リンパ腫細胞はなかった
                          とのこと
 
2013年4月 CTにて (2012年7月指摘のモヤモヤ)再発とのレポート
        watch&wait そのまま経過観察
 
 
2014年3月 CT上にて 新たな再発のレポート(部分寛解で残っていた部位が
                   大きくなった)
        可溶性IL−2 2011年以来の400代超え
        watch&wait 継続中
 
2014年5月 左頚部のリンパ腫がつかめるようになる
        初発ではなかった部位
        2012年7月のころから 皮膚にそってブチブチとした感触が
                        少しずつ広がってきていた。
        5月になり盛り上がりつかめるようになってきた。
        つかめた芯の部分はブチブチ消しゴムくらいの硬さ
        ブチブチの広がりは 右首にもあるが まだ掴めるほどの
                       盛り上がりではない
 
2014年7月 リツキサンによる再発治療(週1回・4クール・外来治療)
 
2014年10月 CT上縮小傾向も奏功には至らずノーチェンジとの判定
        しかし体調的には 5年間で一番楽になりました
 
2014年11月 リンパ腫患者 丸5年! 6年目に入りました!

2015年6月 再再発? 再発・再燃?
      初回治療中以来の可溶性IL-2基準値超えの500代
      CTも 2014年治療前の大きさに戻りました
      まだ 体調は そこまで悪くない!
 
今できることを 思いっきりやりたい!
『病気であっても 病人ではない』
ただ今『がん哲学外来』メディカルカフェでスタッフをさせていただいております
がん哲学外来の承認を受けて『がん哲学外来ナース部会』が発足しました
 

2009年11月に 濾胞性リンパ腫(Ⅳb)と診断されました
 
腹部に20cm大の腫瘍 他多数+骨髄浸潤
R−CHOP 計9クール(CHOP9回・リツキサン8回)
2010年10月 肝機能悪化にて 治療終了  部分寛解 
 
2011年2月 看護師 外来業務で復職
        感染リスクが高いと リツキサンの維持療法はせずに経過観察
 
2012年7月 CTに新たなモヤモヤ(主治医の言い方)指摘
        同時に 虫垂粘液腫指摘される
 
2012年10月 虫垂粘液腫 腹腔鏡手術
         そのとき一緒にとったリンパには リンパ腫細胞はなかったとのこと
 
2013年4月 CTにて (2012年7月指摘のモヤモヤ)再発とのレポート
        watch&wait そのまま経過観察
 
 
2014年3月 CT上にて 新たな再発のレポート(部分寛解で残っていた部位が大きくなった)
        可溶性IL−2 2011年以来の400代超え
        watch&wait 継続中
 
2014年5月 左頚部のリンパ腫がつかめるようになる
        初発ではなかった部位
        2012年7月のころから 皮膚にそってブチブチとした感触が少しずつ広がってきていた。
        5月になり盛り上がりつかめるようになってきた。
        つかめた芯の部分はブチブチ消しゴムくらいの硬さ
        ブチブチの広がりは 右首にもあるが まだ掴めるほどの盛り上がりではない
 
2014年7月 リツキサンによる再発治療(週1回・4クール・外来治療)
 
2014年10月 CT上縮小傾向も奏功には至らずノーチェンジとの判定
        しかし体調的には 5年間で一番楽になりました
 
2014年11月 リンパ腫患者 丸5年! 6年目に入りました!
 
今できることを 思いっきりやりたい!
『病気であっても 病人ではない』
ただ今『がん哲学外来』メディカルカフェでスタッフをさせていただいております
がん哲学外来の承認を受けて『がん哲学外来ナース部会』が発足しました
 
イメージ 1

2009年11月に 濾胞性リンパ腫(Ⅳb)と診断されました
 
腹部に20cm大の腫瘍 他多数+骨髄浸潤
R−CHOP 計9クール(CHOP9回・リツキサン8回)
2010年10月 肝機能悪化にて 治療終了  部分寛解 
 
2011年2月 看護師 外来業務で復職
        感染リスクが高いと リツキサンの維持療法はせずに経過観察
 
2012年7月 CTに新たなモヤモヤ(主治医の言い方)指摘
        同時に 虫垂粘液腫指摘される
 
2012年10月 虫垂粘液腫 腹腔鏡手術
         そのとき一緒にとったリンパには リンパ腫細胞はなかったとのこと
 
2013年4月 CTにて (2012年7月指摘のモヤモヤ)再発とのレポート
        watch&wait そのまま経過観察
 
 
2014年3月 CT上にて 新たな再発のレポート(部分寛解で残っていた部位が大きくなった)
        可溶性IL−2 2011年以来の400代超え
        watch&wait 継続中
 
2014年5月 左頚部のリンパ腫がつかめるようになる
        初発ではなかった部位
        2012年7月のころから 皮膚にそってブチブチとした感触が少しずつ広がってきていた。
        5月になり盛り上がりつかめるようになってきた。
        つかめた芯の部分はブチブチ消しゴムくらいの硬さ
        ブチブチの広がりは 右首にもあるが まだ掴めるほどの盛り上がりではない
 
2014年7月 リツキサンによる再発治療(週1回・4クール予定)開始
 
 
イメージ 1
 
今回 医師には もっと悪くなるから そのときに前より強い治療をすると言われたが
その前の受診のときには 最初がなかなか効かなかったから 効きづらいから ガツンとはやらな         いと言われており、自分もそう思っていた。(たぶんいつものようにカンファレンスで方針が変わっ         たのだろう)
        
上記の治療歴の通り 初発でなかなか抗がん剤が効かず 再発で これ以上悪くなってから
ガツンと治療する と言われても 効くイメージが 全くわかず・・・
それよりも だんだん目覚めてくるリンパ腫細胞を もう少し寝かせておいて欲しいと思った
これ以上身体がしんどくなってから R-CHOPより 強い治療をしても  その後復職できるか微妙         だし。
        
もっと悪くなってから治療して 初発の時みたいに 治療に反応しなかったら 今度は死んじゃうじゃ        ない!
首のリンパ腫も触れるのに どこまで大きくなったら 治療するの!?
強い治療が効くというイメージが 全くないんですけど! と 主治医に泣いて訴えた
10年後とか 変に考えないでいいから 今治療してほしいと
 
結果 リツキサンの単剤治療で 様子をみることになりました
 
これが 吉と出るか 凶とでるかは わかりませんが
とりあえず 自分で選びました
 
再発で リツキサン単剤投与の奏効率 38%(完全寛解0 部分寛解5)
PFS(progression-free survival):無増悪生存期間 152日
 
どこまで 自分に効くかわかりませんが 必ず もっと悪くなる と言われて
その日をだまって待っているのは嫌なので
維持療法でやるはずだった リツキサンをやることになりました
これで 腫瘍が小さくならなくても 想定内
次の本格的な治療が 少しでも後にできたら それでOKということで
 
初発のとき 高1と中3だった子供たち 今は 大学3年と2年 
就職するまでは 常勤で働きたいので
働かないと 生活も治療もできないので 
 
 
 
*ちなみに セカンドオピニオンは受けていませんが
初発の治療の後 職場に来ている 血液内科の先生に聞いたら
私の場合 移植もゼヴァリンも その時点では適応外でした
 
2009年11月に 濾胞性リンパ腫(Ⅳb)と診断されました
 
腹部に20cm大の腫瘍 他多数+骨髄浸潤
R−CHOP 計9クール(CHOP9回・リツキサン8回)
2010年10月 肝機能悪化にて 治療終了  部分寛解 
 
2011年2月 看護師 外来業務で復職
        感染リスクが高いと リツキサンの維持療法はせずに経過観察
 
2012年7月 CTに新たなモヤモヤ(主治医の言い方)指摘
        同時に 虫垂粘液腫指摘される
 
2012年10月 虫垂粘液腫 腹腔鏡手術
         そのとき一緒にとったリンパには リンパ腫細胞はなかったとのこと
 
2013年4月 CTにて (2012年7月指摘のモヤモヤ)再発とのレポート
        watch&wait そのまま経過観察
 
 
2014年3月 CT上にて 新たな再発のレポート(部分寛解で残っていた部位が大きくなった)
        可溶性IL−2 2011年以来の400代超え
        watch&wait 継続中
 
        

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事