ここから本文です
あせらずに・・・悪性リンパ腫とともに
2度目の再発。脊髄浸潤にてリツキサン+トレアキシンにて治療後、部分寛解。経過観察中。

書庫TOP

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]

部分寛解で治療終了!

2009年11月に 濾胞性リンパ腫Ⅳb期の診断を受けた シンママナースです。
腹部に20cm大の腫瘍。
半分以下には なったけど、 まだしっかり残っています。(部分寛解)
R-CHOPを 9クール。 肝機能障害で1クール残して終了しました。
維持療法も 検討されましたが、 リツキサンは リンパ B細胞分子標的薬なので、 免疫を抑制するので
看護師として 復職するには リスクがあると。
医師たちの カンファレンスの結果 休薬のまま 様子観察となりました。
 
現在 2月28日からの 復職に向けて 体力づくりを がんばっています。
 
腫瘍は残っているので 必ずまた 大きくなるよ と言われていますが。
 
それは いつなのか 誰にもわからないので・・・
 
大きくなったら また 治療すればいいよ という 主治医の言葉を胸に!
 
リンパ腫さん おとなしくしていてね♪
 
あせらず ゆっくり 悪性リンパ腫と つきあっていきたいと思います。
 
 
*2012年2月 復職1年になりました♪(*^^)v
 
2009年11月27日 CHOP①
効果なく
2009年12月18日 リツキサン① 19日CHOP② (3週間隔 2クール目) ここまで入院
 
2010年1月18日 リツキサン②  20日CHOP③ (4週間隔 3クール目) 外来
 
2010年2月22日 リツキサン③  24日CHOP④ (5週間隔 4クール目) 外来
 
2010年3月29日 リツキサン④  31日CHOP⑤ (5週間隔 5クール目) 外来
 
2010年5月10日 リツキサン⑤  12日CHOP⑥ (6週間隔 6クール目) 外来
 
2010年6月21日 リツキサン⑥  23日CHOP⑦ (6週間隔 7クール目) 外来
 
2010年8月3日 リツキサン⑦  4日CHOP⑧ (6週間隔8クール目) 入院
 
2010年10月18日 リツキサン⑧ 20日CHOP⑨(11週間隔9クール目) 外来
 
以後経過観察中です
 
2013年4月 CT画像上再発
watch&wait 治療はしないで 経過観察中
仕事も継続中です

2009年11月に 濾胞性リンパ腫 Ⅳb期の診断を受けた シンママナースです。
1年経ちましたが まだ休職闘病中。
R-CHOP8クール+2クール追加の予定でしたが、 肝機能が悪くなったので、9クールで終了。
年内は 休薬で 様子観察中となりました。
 
腫瘍は まだ残っていますが、 大きくならなければ 共存できるので、 あせらずに・・・
 
10月に 第2腰椎圧迫骨折してしまい 現在 軟性装具で固定中。
 
まあ いろいろ ありますが、 悩んで病気が治るなら、いくらでも 悩むけど
免疫力を 落とすだけなので〜
毎日 楽しければ いいじゃない♪(^^ゞ
 
治療は 「私が 悩むから 悩まないでいいよ!」
って 言ってくれた 主治医に いっぱい 悩んでもらいます ^^;

維持療法が決まったら、 TOPを書き直そうと思っていました。
でも あと2回 R-CHOPをやるので 書き換えます。
 
2009年11月に 濾胞性リンパ腫Ⅳb期と診断され、 R-CHOPを8回しました。
腫瘍が なかなか小さくならなかったので、 リツキサンか ラステットかフルダラの内服で 維持療法の予定でした。
7・8クール目の後のCTで 腫瘍が小さくなってきたので、 急遽 あと2クール R-CHOPをやることになりました。
と いうのも、 外来抗がん剤治療のため、骨髄抑制予防で、アドリアシンを薄めて投与されていたんです。
そのため あと2クール分の アドリアを使えるんです。
腫瘍の大きさが変わらなかったら、そのまま維持療法だったのかもしれませんが、
主治医の予想よりも 小さくなってくれたので、 あと2クールがんばることになりました。
 
肝機能がもつかな〜!? 心機能も大丈夫かな〜!?
そして なによりも 自分の体力がもつかしら〜!?
なんせ 7クール目がきつくて、 8クール目は入院させてもらったんですよ。
のど元過ぎると 熱さを忘れちゃうタイプなんで、「やります♪」って 言ってしまったけど、 大丈夫か!?自分!!!
お腹の張りなどの自覚症状が 少しでも改善してくれるかも! と期待を持って がんばります!o(^-^)o
(今回も 腫瘍はなくならないけど〜! とクギをさされていますが・・・) 
元が20cmだからね〜 出来るところまで なるべく小さく おとなしくなってもらうつもりです。
 
また 今年の冬も 髪の毛が無いんだね〜f^_^;  髪がないと寒いんだよね・・・
未だに ウィッグもっていないんで・・・
復職のときは 作らないとダメかな〜!?(^^ゞ

悪性リンパ腫

2009年11月に 悪性リンパ腫。濾胞性 Ⅳb期と診断されました。高1の息子と高2の娘を持つ、シンママ・ナースです。現在 休職中。
2009年12月から R−CHOP(1回目は CHOPのみ)の抗がん剤治療中。
3週間隔で始まりましたが、 効果があまりなく 4週→5週→6週間隔まで 間隔が延びてきました。
外来での抗がん剤治療でしたが、 7クール目が しんどくて・・・
最後の8クール目は 入院で抗がん剤投与してもらう予定です。
闘病・子育て(主に お弁当)・日々のできごとを 書いています。
R−CHOPの後は 維持療法の予定。
あせらず・・・ リンパ腫と共存していきたいと 思っています。

2009年11月に悪性リンパ腫(濾胞性4b期)と診断されました。
右の頚部のリンパ腺が腫れたのは2007年。近医で濾胞性のリンパ節の腫脹と言われ、生検の必要なしといわれました。病理医だった先生でもあり、他の症状もなく、そのまま様子をみていたら消えてしまいました。
2009年4月頃から胃の調子が悪く、胃カメラを飲んでも問題なし。ただ張り感だけが続き、仕事の時には食事量を減らさないと動けませんでした。今思えば、3月の婦人科検診の時、右の下腹部が痛く、エコーで卵巣は問題ないと言われ、左の胸のつれる痛みも乳がん検診でリンパ腺は大丈夫と言われたのでした。
とにかく体がしんどくて、夜勤明けも休日も起きられないことが増えていったのが夏くらいのことでした。
そして9月にまた、今度は左頚部にリンパ節の腫脹を感じ近医を受診。前回が右で、消えていたこともあり、悪性は否定され、サルコイドーシスを疑われレントゲンを撮りましたが問題なし。体調は悪いまま11月になりました。

全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事