アスド会館に買い手

1月17日、議会全協議会が開催された。町長から「アスド会館」の売却の提案があり、審議された。町営の健康増進施設「アスド会館」の売却が本決まりとなった。
今般となりの河津町で爬虫類を中心にした動物施設「IZOO(イズー)」を経営する(有)レップジャパンが買受を申し出、町当局が売却の方向で話会ってきた。本日の伊豆新聞に1面トップで報じられている。ただ肝心の価格などが載っていないため、町民の疑問が生じる懸念がある。公的施設の売却である。正々堂々と一刻も早く町民に知らせるべきであろう。ちなみに町長から示された売却価格は1000万円である。
この建物は旧全電通の所有だったものをお世話になった町の発展に資してほしい”と無償で町に譲渡されたもの。今般動物飼育員等を養成する学校を開設するのはある意味、譲渡者の趣旨に副うものと言えるだろう。
イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

オリーブのある生活

オリーブの新漬けにチャレンジしました。伊豆半島はみかんの一大産地。でも押し寄せる高齢化で農家が耕作できず、荒れ放題になっているところが少なくありません。私たちはその畑をお借りしてオリーブの木を植えました。約50本を4年の間に植え、やっと今年は少し実がなりました。嬉しいものです。
観光地として有名な伊豆で耕作放棄地は見た目に良くありません。畑にすれば景観も良くなり新しい作物になれば一石二鳥です。そうはいっても素人に農業は無理なのは百も承知です。まあボランティア程度ですが、そのうちオリーブオイルを絞りたいものです。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

10月なのに ケータイ投稿記事

イメージ 1

美瑛町のJA道の駅を見学しました。雪には驚きです。北海道は2.4度、寒いですね。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

台風後 ケータイ投稿記事

イメージ 1

稲取の志津摩海岸に打ち上げられた石や大木。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

先日議会での質問のつづきです。1時間近くのものを全部書き起こすこともできませんから、概要のみです。(正確には議事録や有線TVをどうぞ)
質問 ランニングコストはどの位と考えているか?
町長 指定管理者が決まれば、そちらで計算する。
問  指定管理者はどこになるか?
答  漁業協同組合を想定している。
問  全体の予算規模は?
答  1億5000万円で、町の負担はその3分の1、他は国・県の補助金になる。
問  通年営業で商品は足りるのか?供給力をどう考えるか?
答  すぐ売れて無くなる所もあり、大丈夫だと思う。
問  町中あちこちに売店があり、朝市もあるが民業圧迫になるのでは?
答  朝市とは相乗効果が期待できる。
問  地場産の魚や野菜を使ったレストランの併設はあるか?
答  今のところ考えていない。

イメージ 1

広さ414㎡、町が建てるという直売所。漁協を指定管理者に想定というが.....。

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事