仮想旅へ

毎日の通勤路を憧れの街道歩きに転換してみたら? あなたを「LOHAS」な世界に誘ってくれます。

全体表示

[ リスト ]

日吉の翌檜(あすなろ)

12月8日、今年最後の日文研セミナーでした。私は日吉キャンバスの銀杏の黄葉を観がてら慶応大日吉キャンパスに出かけました。私の住む戸塚から日吉に出るには、乗り継ぎが大変です。とりわけ、横浜駅の人波を通り越すのは難儀です。杖を突いて、左腕を肩から吊ってぴょこたんぴょこたん歩きます。東横線は地下5階で、乗り継ぎ階は地下3階です。人にぶつかって倒れたら、リハビリの苦労も水の泡でになってしまいます。こんな身障者か混雑の中を歩くのも健常者には迷惑な事でしょう。
そんな苦労も日吉の駅舎を下りて日吉の銀杏並木を見た瞬間に吹き飛びました。
イメージ 1
日吉駅東口から見た慶応大学の銀杏並木この銀杏も傘寿80歳になって当初デ意図通りの風格が出て来ました。左脇校舎との空間は翌檜の林です。
イメージ 2
この日はグランドでソウルの延世大学とのサッカー定期戦が挙行されていました。 
真っ青な空に向かって金色の円錐が突き立っているのです。ゴチック建築の尖塔のようにも見えます。日吉キャンバスは東急電鉄の五島慶太が1929年(昭和4年慶応大学に用地を寄贈した事に始まります。五島は阪急の小林の手法にならい沿線に東京工業大学を誘致し東横沿線の付加価値を高めていました。東横沿線は学園都市として付加価値が高まっていくことになり今も良いイメージを保ち多くの通学生や住人を抱えて順調な経営を続けています。
駅から校舎に繋がる正面口に銀杏を100本4列に並べました。大学のシンボルツリーに銀杏を選んだのは銀杏が病気に懸らない、防火壁になる夏には緑陰を提供し秋には見事に黄葉するそんな特長を根拠に選択したのでしょう。。序に唯一の欠点銀杏の実の臭さ対策として雄の木を優先したようで。銀杏のなる木は少ないのです。銀杏は西美のあたる坂道に並べました。そして銀杏が「陽」なら「陰」の木として常緑の翌檜(あすなろ)を銀杏の脇に並べました。翌檜は漢字の通り明日には檜になろうと言う木です。井上靖は「翌檜物語」を発表します。伊豆の湯ヶ島で育った井上靖の少年時代を写した小説で。翌檜は一見すれば檜のようにも見えるものの檜のような大樹には育ちません、一生細い木のままです。でもいつかは檜になりたい・・・心がけこそ尊いものです。デザイナーな大きな銀杏の木の脇に丈こそ低くとも必死に天に向けて梢を拡げる翌檜の志を学生達に見せたいと思って日陰に翌檜を植えたのでしょう。
イメージ 3
校舎と銀杏並木との狭い空間には翌檜の林になっています。
日吉キャンバスにはもう一つ歴史の皮肉が隠れています。台地の地下に海軍司令部があったのでした。
地下にはトンネルが阿弥陀くじのように掘られていてトンネルの先の小部屋を繋いでいます。全体で海軍の総司令部でした。海軍の将校達は地下壕の中に潜んで戦艦大和の出撃を命じ人雷(人間魚雷)の出撃を命じたのでした。今見れば核シェルターを見る思いがします。将校は自分が痛い思いをしないで死ねる分のモルヒネを携帯していたそうです。大学の地下に総司令部を置く、そんな計画に学内で反対は無かったのでしょうか?当時の塾長は小泉信三先生でした、総じて大勢に協力的な姿勢が目立ったようです。そんな大学に血の涙を流した人も多かったことでしょう。 
イメージ 7
  日吉キャンバスの地下にあった海軍司令部の塹壕(出典大学のホームページ)http://teishoin.net/blog/005075.html
この日は、キャンバスのグランドでは延世大学(ソウル)との定期船戦が実施されていました。韓国の大学生はこのグランドの地下に海軍司令部が在ったのだ、知ったら定期戦を止めよう言い出すような気がします。
イメージ 4
セミナーの終わる頃には陽も沈んでいました。大学は西斜面にあるので月(この日は満月)は見えませんでした。
午後5時過ぎ日文研セミナーも無事終了しました。面白かったのはUさんの私と同期で信頼するTさんい係るお話でしたのお話でした。
同女のお父上は有名な作家で、ルーツは豊後秋月藩の御典医であったそうです。、殿様の側女との間で子が出来たのが始まりだそうで・・・・今もT女は秋月では「お姫様」で通っているとの事だそうです。何のことは無い先日ワイフと見た映画「蜩の記」そのもののような話でした。「蜩の記」はTさんが書いてこそ良かった想いました。バスの停留所から家まではピョコタン・ピョコタンと歩きます。ワイフに遅れないように必死です。満月がそんな夫婦を見送ってくれます。今年最後の満月です。家に戻ったらお団子を戴く積りです。日吉の駅舎で求めた栗団子です。私のとっても今年最後のお団子です。
イメージ 5
お月見団子は栗餡です。
 
私はもうじき脳梗塞発症一年です。ワイフにも家族にも友人にも心配をかけた1年でした。でも災いのお蔭で、「日向」ばかりでなく「日陰」にも目をやる事を覚えましたし。自然にも友人にも優しさを教えられました。日吉の覆朝の根元には龍の髭が植えてあり髭は真っ青な球を抱いていました。玉は日陰にこそ潜んでいるものです。倒れたら龍の髭の珠を掴んでいたそんな心境です。
イメージ 6
銀杏の根元を覆っている龍の髭の青い球(種子)
 
ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事