ここから本文です
そろそろ次のゲーム公開

書庫全体表示

展開が凄まじく速いのとキャラデザの適当感以外はまぁ順当に進行中。(要するに肝心なところが駄目な訳だが1クールの時点でいろいろと諦めた)

千里朱音から観察としてオカルト研究会に入りなさいと命令を受ける瑚太郎。そしてAパートでは謎の美少女が現れたと思ったら式神のともこかよ。今までで一番ヒロインなんやないか?まぁかがりちゃんにぺっされて終了な訳だが。オカルト現象を小鳥に話したら痛い子扱いされた。朱音から式神を貰って1枚1回怪奇現象を防げているわけだが朱音の対応は適当であまり本人はオカルトを信じていないようだ。だが瑚太郎は怪奇現象を解明できたら朱音の胸を触らせてくれるという約束を取り付ける。

そして特に説明もなく他の面子もオカルト研究会に引き込む。ていうかこの2話のうちに全員引き込みたかったんだろうなぁという意図をひしひしと感じる。まぁそのおかげで展開は凄まじく早いが。篝がちょいちょい現れるものの、未だ謎の存在のままである。瑚太郎はあまりものを集めてオカルト研究会という居場所を作ればいいという発想だが、そう思っているのは瑚太郎だけだったりする。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事