向日葵を忘れられなくて♥

シリーズ第2弾「向日葵を忘れられなくて供彜扱襪靴泙靴植

ご挨拶

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

ご挨拶

皆様、最後までお読み頂きまして、本当に本当にありがとうございました。


*・゚゚・*:.。..。.:*・゚○┓*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ペコ


ここにお越し頂いた皆様に、感謝しています。


もう何だか感激の余りに、上手く言葉に出来ない私を許してください・・・。


そして


「向日葵を忘れられなくて掘廚筺∧未両説を書けない状況になった私を


許してください。



今までここは、あくまで小説ブログとし、



プライベートな事は記事にして来ませんでしたが書かせて頂きます。



普通の体の時なら、もう次の作品を喜んで書いているのでしょうが・・・


・・・実は私・・・


妊娠しました。(照)


今、5ヶ月になります。順調に行けば、10月にはママになっています。


体の異変に気付いたのは、1月の終わり頃だったと思います。


PCの画面を見るのがとても辛くなったのです。


ひどい頭痛と、船酔いのような気分の悪さ。


PCの前にずっと座る事が難しくなり、コメントのお返事や訪問等が


遅れて行くのが気にかかりながらも、眠るしかない状態でした。


妊娠しながらも、働いている方は沢山いらっしゃいます。


私も頑張れば、妊娠しながらも小説を書けると思うのですが・・・


小説を書く。という事は、


楽しくもあるのですが非常に大きなプレッシャーとも戦う事になります。


というのも、私・・・妊娠は、これが最初ではありません。


出産も育児も経験しています。


ところが、その子どもは・・・病気(小児ガン)で亡くなりました。2歳でした。


その時の哀しみは、私が生きている限り


いつでも鮮明に思い出す事が出来るでしょう。


それ以来、心のバランスを失った私でした。


離婚もしました。


何年経っても、心から笑う事が出来ずにいました。


元の自分を取り戻す事が出来たのは、今の夫と知り合ってからです。


時間はかかりましたが、今は元の自分よりも元気かも知れません。


小説を書こう。と言う気になったぐらいですから・・・。


子どもを作る事は全く考えていなかった私達でしたが、


この世で一番尊敬している夫が授けてくれた命です。



大事に大事に育てたいと思います。



この先、このブログはどういう形になるのか分かりません。


新しい小説を書く時が来るのか、自分でも分かりません。


ずっと応援をして下さったのに、こういう形になってしまい


大変申し訳なく思います。


皆様には、本当に・・・言葉では言い表せない程、感謝しています。


ありがとうございました!

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事