カレンダー

少し政治ネタになるかもです。政治話が嫌いな人は読まないでください。

 昨年末に事務所や住宅スペースの現行カレンダーの下に新年のカレンダーを吊るした。年明け後の三が日は暇を持て余しているので、新しいカレンダーにめくり替えて廻る。で気付いた。元号(和暦)が入っていない。
 仕事上でいただくカレンダーも使いやすさでいつも購入するカレンダーにも「元号」(和暦)のスペース部分が空白である。
 昨年の6月頃までに「新元号は○○です。」と発表されていれば、カレンダー屋さんも入れることができだろうに・・・
せめて4月までは「平成31年」と入れることができたはずだが1月からすでに外されている。カレンダー業界の様々な事情もあるであろうが、ゆりかごは同業界の怨念にも似た政府への嫌がらせであると思っている。
 明日は成人の日であるにも拘らず本日成人式を開催する市町村が多くある。何年か前なら成人の日は1月15日だったのに連休を作るという、ゆりかごには理解できない理由で成人の日が動いた。その他の祝日も動いた。体育の日とかできたばっかりの海の日とか。
 祝日の日の指定には祝日法がかかわってくるが、おバカな国会議員の政争の具にされてしまう。カレンダー業界は過去に何度も早く決めてくほしいと要望してきたが政治屋さんたちは国民のカレンダーに配慮が少なかった。事実今年の5月の10連休はカレンダーへの明示はない。2020年のオリンピック開会式の祝日も定かではない。
 元号(和暦)はゆりかごにとって不便な暦ではない。「明治時代は」とか「大正年間には」とか「昭和っぽいね」とか日常の生活に結構深く時代の区切りとして存在している。昭和から平成の移行の時は大変だったがそれすらも時代の区切りに立ち会えたと思えば良い思い出でもある。今回は予定されている皇位継承であり元号の変更も予定されている。ならば早くに国民に告知すれば良いと思う。
 一皇位一元号と決めたのは至極最近のことである。「大化の改新難しい(645年)」と学んだのは小学生時代だ。一千数百年の後、明治の頃に皇室典範で決めたことだ。そこに国民の意思や生活への考慮は無かったのは明らかだ。だって当時は天皇家は当時は神格化され不可侵の存在だった。
 戦後の昭和天皇や現天皇(平成天皇と呼ばれるようになる。)のように国民と共にあることを望まれるのならなおさらである。一部の学者とか右翼的な人々によって新元号の発表が遅らされている。4月が譲歩案のぎりぎりだったそうな。
 元号(和暦)が大切と思う気持ちは理解できるが大切にし過ぎての「ひいきの引き倒し。」となったと思う。結局「西暦」を使用した方が・・・になってしまった。
 4月はじまりの多くの年度事業に「平成31年度」とは言えないのである。今年の新1年生は小・中・高・大でどのように入学式を迎えるのだろうか?
 先日、運転免許証の更新を受けた人は有りもしないとわかっている平成36年の期限が書かれている免許証を持っている。
 おそらく次の改元までは私は生きていないであろう。元号(和暦)が国民生活に浸透できるような政策決定であってほしかった。空白のカレンダーを見るたびに私はそう思う一年になると思う。 

 10億円って相当な金額だと思う。普通の人なら一生掛かっても稼げないと思う。けれど一部の人たちには可能な金額だ。例えばプロ野球選手とかF1ドライバーとか。その代わりに高額の報酬を受け取ることができる期間があまりに短い。トップアスリートとして活躍できるのはせいぜい30代後半でその後の人生は「元〇〇」となる。
 ゴーンさんは現在64歳との報道だから日産に来たのは40代半ばだ。油にのりきった時期の登板だからこそ、しがらみの排除とか系列の解体だとかができたのだろうと思う。
 低迷している組織の活性化には「よそ者、馬鹿者、若者」が欠かせないと言う。当時のゴーンさんはフランスから来た「よそ者」であり、自称「車バカ」でもあり。文字通り日本企業のトップに立つには若すぎるほど「若い」存在だった。
 その日産をV字回復させたのだから相応の報酬を請求しても罰は当たらない。「赤字続きだった経営を黒字化させたのだから、純利益を全てよこせ!」もありえるが、それではやくざかそれ以下の者になってしまう。
 報酬額開示前までは18億円だとか19億円だとかの報酬を得ていたが、いざ開示となるとその報酬額の公表を10億円程度にした。理由は株主への説明責任だとか社員のやる気だとか言っているが、その話を持ち出したのがゴーンさんなのか日産側なのかは知らないが、それまでの半分近くの報酬額での開示の同意をしたのは事実だ。ということは「多く貰い過ぎたかな?」とか「多く払いすぎたかな?」との双方の意見の一致を得たからに他ならない。
 要するに10億円が妥当な報酬額であろうとなったわけだ。それでも庶民のゆりかごからしたら法外な額だとは思うがそれが国際的な企業トップの報酬というのならそうなのだろう。
 で、ゴーンさんは「退任後の役員報酬は未確定なのだから虚偽記載ではなく無罪だ。」と主張しているそうな。
 検察側(特捜部)は「支払いを受けるべき金額を記載しなかった。」との見立てだ。
 当事者の日産はすでにゴーンさんを解任しているし、「ごめんなさい。」と検察側との司法取引が成立している。
だったら簡単じゃん。
日産は退任後の80億円とかの報酬額をとっととゴーンさんに支払えばいい。司法取引で支払うべき金額として確認されている。
ゴーンさんはその受け取りを拒否すればいい。支払いそのものの予定がなかったのだから受け取り拒否によりそれが確認でき無罪となる。
宙に浮いた金は国庫に納めればよい。三方良しじゃん。(o^―^o)ニコ
もしもゴーンさんが受け取ったなら有罪となり、その全額を罰金として徴収しゴーンさんは服役となる。
 実際には虚偽記載の罰金は数百万円とか数千万円とかだから徴収できないのが現実だけど・・・
ゴーンさんと「退任後の報酬額を全額国庫に納めます。」の司法取引もありだと思うのだけどな?

ところで日産の親会社を標榜するルノーはゴーンさんにいくら支払ってたのかが気になる。日産が表向き10億円実際には20億円支払ってたのだから親会社はそれ以上だよね?そうでないと納得がいかない。フランスでは日本の司法拘束について云々言っているが、半国営のルノーはゴーンさんにどれほど支払っていてそれをフランス国民が納得しているのかを知りたい。
 まさか昔の植民地時代のように「報酬は統治国から収奪せよ!」じゃないよね?



ワクチン接種

 最近、首都圏では風疹が猛威を振るっているそうな。患者数がどんどん増えているらしいが、人口比率ではどうなのだろう?とか別次元で勘繰るyurikagoです。

 ゆりかごは20代前半の学生時代に風疹に罹患した。下宿で後輩がまず発症、看病しながら「お前の日ごろの不摂生が原因じゃ。」と言った数日後にゆりかごも発病した。「お前もじゃん。」と言われながらもバイト先に病欠届を出した。なぜか学校にはそのまま出席した。

 さてはてこの行為はどうだったのだろうか?バイト先には「来客者に感染させては申し訳ないので、休みます。」と告げてしばらく休んだ。学内での蔓延に関しては一考だにしなかった。意識の中にどうせほかの下宿や学生アパートでも流行ってるんだろう。うつしたってどうってことはない。と思っていたと思う。
 妊娠中に罹患すると胎児に影響を与えるそうだ。だから女子のみにワクチン接種を行っていたがゆえに男性への感染が拡がっているという。で、現在は男児にもワクチン接種が行われているらしく若い世代よりもゆりかごの達の世代がやばいという。

 発病中の精子にも影響が及ぶならまだしも妊婦にしか影響がないのなら妊娠可能年齢の婦女子へのワクチン接種を徹底すればよいではないかと思う。それで胎児への影響はなくなるのに・・・なぜ男児への摂取が必要なのだろうか?

 かつて三種混合ワクチンによる変調をきたしたとかで、「はしか」(麻疹)のワクチン接種すら拒んだ親がいた。ゆりかごに言わせれば「バカ親」だ。そのために日本は「はしか」の蔓延国とWHOで指定されている。子供に「はしか」のワクチン接種をさせなかったのは親の自由であるが、子にそのことを告げるのは親の義務である。「あんたは私の意志でワクチンを接種させなかった。成人後は自費で受けるか受けないかの判断をしなさい。」と。親に感謝するか恨むかは成人した子の判断である。

 近年の子宮頸がんワクチンも同様だと思っている。「公費で接種させた場合は国に責任がある。」などというトンデモ判決のせいで各自治体は接種もその広報もやめてしまった。
 ワクチン接種により救える命や保たれる健康をなぜ否定してしまうのだろう?数十万、数百万人の中にはワクチンに対して異常反応を示す人がいるかもしれない。だからと言ってそれをやめてしまうのはおかしいとゆりかごは思う。

 自宅上空に高圧電線があると健康被害をもたらすという訴訟があった。いまだに因果関係が判明しない。多くの家庭に低圧ではあるが電線が縦横無尽に張り巡らされている昨今であるが、低圧なら大丈夫であるという立証は示されていない。携帯電話やスマホの出す電磁波にも「絶対的な安全宣言。」はない。そのうち携帯電話等の販売会社か電波を割り振った国に対する訴訟があるかもしれない。
 同様にワクチンにも「絶対に安全」はあり得ない。接種者数が増えれば異常反応を示す人も出ると思う。だからと言ってワクチン接種を否定する気にはなれない。

繰り返しになるが、親が未成年の子のワクチン接種に対し信念だろうがエゴだろうが自由に親が判断できる。その結果に対する責任も親にある。ワクチン接種したがゆえの異常もしなかったゆえの発病も。
 なんでもかんでも国や自治体を訴える風潮は周囲の人を巻き込み不幸にさせるのではなかろうか。変なイデオロギーすら感じる。そのような人はどうぞ自己完結してほしいとゆりかごは思うのである。

黄便・茶便・黒便

大便の話です。食事前の方は読み進めないことをお勧めします。

 コロストミーで腹にパウチをぶら下げているゆりかごは排便は当然パウチの中に出る。透明色のパウチや肌色の不透明パウチもあるが、ゆりかごはあえて「透明」パウチを使用している。
理由は便の状態を観察しやすいからだ。色や形状が一目でわかる。もちろん柔らかさとか臭いは「不透明」パウチでもわかるだろう。
 食品を摂取後の腹の中での滞在時間により便の色が変わるようだ。短いと黄色系に、長いと黒色系になるようだ。
黄色系は軟便というよりも泥状・かゆ状に近いし黒色系になるに従って固形度が増す。
 もちろん過去にUPしたようにほうれん草などの緑黄色野菜を大量に摂取したときは緑色系のうんちになる。
 ウサギやシカのようなコロコロした便がパウチ内の便破棄では楽なのだが、なかなかなそのような便にはならない。
1番の理由は食物の種類のせいだろうと思われる。ウサギやシカは基本的に草しか食わない。一方、ゆりかごは肉や魚の動物系たんぱく質を多く摂取する。
2番目の理由として腸管が短くなっている。直腸より前で排泄するのだから、当然として大腸内での滞在時間は短いし、その間分の水分吸収量も減る。(イレオの人は常に水様便と聞く。)
3番目の理由はゆりかごの体が無意識的に軟便、泥状便を望んでいる。が揚げられる。

 「あれ!昨日から便が出てないな。」と感じたら少し多めの水分を補給するが、もう手遅れで翌日には固形便に近い便の排出がある。こいつが曲者である。
 我がストーマ君の排泄孔を押し分けるようにして出てくる。これが結構苦しい。軟便や泥状便ならストーマ君の口径にそった形状に変形して出るが、固形便は自己主張が強くストーマ君の口径を無理無理押し広げて出てくる。もちろんストーマ君には触感や痛点は無いから痛みを感じるはずがないのだが、その周辺には腹部の表皮神経があり彼らには触感も痛点もある。
 人ごみの中を人の足元をすり抜けるようにして通る「トイストーリ」の仲間たちと、群衆を押し倒しながら通る「ハルク」に似ているのかな。当然ながら後者は周囲に苦痛をもたらす。そのような理由で軟便、泥状便を期待しての食生活になる傾向があるのだろう。

 もしもゆりかごが野菜中心の食生活になり毎晩の晩酌もやめて水分量を減らしたなら、毎朝がちがちの固形便と向き合うことになるのだろうか?今夜もチキンステーキとビールが待っている。コロコロ便は施設にでも入らないと無理だな。(o^―^o)ニコ

10月の第一土曜日は

 10月の第1土曜日は「ワールドオストミーデー」だ。1993年から始まり3年に一度世界各地で開催されていたそうな。2015年には日本でも東京で開催されていたらしい。 ??? オストメイトのゆりかごが知らずに行われていた???今年になってその事実を知った。目先の事業に追われるあまり国際的な事業には関心が無かった。
 でもそうはいっていられないことが年初になって判明した。3年に1度ということは2018年がその年になる。協会本部では前回のような一部役員や地域での取り組みではなく、今年は全国的な取り組みとしての事業要請が、それこそ降って沸いた。既に事業計画も事業予算も提出した後になってだ。もう今年の事業計画も予算もぐちゃぐちゃだよ。ヽ(`Д´)ノプンプン

 「オストミー・オストメイトのことを広く一般にも知ってもらいたい。」という趣旨だから無下に反対する必要もない。4月から急遽その取り組みについて検討し、実現に向けて走った。
 10月の第1土曜日=今年は10月6日だった。 2週続けての台風の襲来じゃん。
木曜日の電話会議を経て、やむなく中止となった。金曜日の朝から参加予定者に「中止します。」の連絡。
「ええ〜!中止?延期じゃないの?」の返事が多々あった。
だって10月の第1土曜日は10月6日しかない。それ以外は「ワールドオストミーデー」じゃないんだもの。

再び、役員の電話会議により復活開催を模索することになった。
で、結局11月10日に開催となった。
4日夜に開催中止決定
5日朝から中止案内
6〜8日の連休を経て
9日に会場と講師の予定を確認
12日中に再度の案内状発送
早くて13日に届く 各事業所は今日15日に「案内状」見ることになる。
今日は早朝から電話が鳴り、「参加します。」のFAXが届く。
ありがたいことです。
でも、建築屋との2足の草鞋での事務局は結構しんどいです。

なんのことはない 愚痴です。
 まさか2週続けての台風来襲は想定していなかった。
 「10月の第一土曜日」は「ワールドオストミーデー」を一般の人たちに周知する目的で国際オストミー協会が制定した。
 今年は全国的に一斉に開催しようとの呼びかけに自分達も応じて、半年以上を掛けて準備してきたのに・・・
 結局。中止の判断を余儀なくされた。自然相手だから文句は言えない。もしも、防風も豪雨も無く台風25号が過ぎ去ったなら…お叱りを覚悟しての判断です。
 私たちの研修会は直ちに命に係わる研修ではない。後日きっと別の形で研修会を開催する力は持っている。参加を表明してくださった方々に必ず報いるつもりだ。
 本当に残念ですが今年の10月6日の研修は中止となりました。

明日(10/5)中に各事業所様を通してTEL・FAXにて連絡します。ごめんなさい本当にごめんなさい。丁寧語とか敬語とか文脈無茶苦茶ですがごめんなさい。取敢えず名刺交換してこのサイトを訪問した参加予定の皆さん。
6日は中止です。
 年内か年度内(来年3月)までにきっとリベンジしますしご案内します。

親権

離婚するときに子供の親権をどうするのかを裁判所から問われる。
子供との接触時間ではすでに父親と母親では妊娠中と言う10か月のハンディーがある。
「父ちゃんが働き、母ちゃんが子育てをする。」の慣習が長かったせいだろうが、多くの場合は母親に親権が移る。
 父親にすさまじい経済力があるとか、爺婆が面倒を見るとかの援護射撃が無いとなかなか父親に親権が移らない。
 前例主義に基づく裁判所の判事も調停員もその方向で何となく母方への親権を認めるようになる。
 最近では父子手当なるものが母子手当同様に支給されるようになったが、以前は母子手当のみで国の制度として「子育ては母親の役割り。」とされていた。もう男女同権の時代だし育児も母親だけの時代でもない。離婚時の親権はいづれか一方のみの制度を見直し、両親に親権があっても良いではなかろうか?
 昨今の乳幼児虐待の事象を見聞きすると親権者が増えると益々児童相談所の手間が増えることにとなるため制度改正は無理なのかもしれないが・・・逆もあり合える。子供を虐待するような前妻や後夫から、前夫が我が子を取り戻すことができるのは双方に親権があるからだ。前夫がよほどのクソ野郎でない限り子供を守りに行くでしょ。
 昨年の「もう許してください。」のあの子。前夫は我が子を救済する権利すらないのが今の制度だ。メディアは非情な現父母のありさまを伝えるより今の制度の欠陥を突いて欲しいと思う。

 幸いにして我が息子は虐待の被害には有っていないし、母親から大事に育てられたようだ。30歳にならんとする大人である息子のことを「素直ないい子に育った。」と言うのはおかしなものだが、事実そう思う。とりあえず母親には感謝する。長い年月会わせてもらえなかったことを差し引いても感謝する。
 今後ある程度の時間をかけて私は息子と向き合うこととなるだろう。すでに終活の準備を始めているゆりかごにはそうゆっくりとした時間はない。少し急ぎながらけれど慎重に向き合わねば空白の時間はなかなか埋められない。

うれしいことがあった

がんブログなのにそっちのけ 更新もしないままでほったらかしのyurikagoです。
本日はうれしいことがあった。この喜びを世界中の人におすそ分けです。

本日息子に会った。彼が中1か中2の頃以来だから。17か18年ぶりの再会。
いろいろあって会えなかった。
夜になって「今日は会ってくれて ありがとう」と電話までかかってきた。
LINEの友達登録までできたうれしい。
息子とLINE登録できてうれしがる父親は「アホ」の烙印を押されるかもだけど
自分にとってはすっごくうれしい。

世界中のなかなか子供に会えないお父さんたちへ
生きていればきっと会えるよ 辛抱強く待ちましょう。
子供はあなたとの再会を望んでます。

今日 彼に一つだけお願いを言った。
親より先に死ぬないでくれ!それだけは必ず守ってくれ!だよ バカ親だね !(^^)!

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事