全体表示

[ リスト ]

小柱とミツバの小鉢

イメージ 1

冷凍の小柱が、庫内の片隅で忘れられそうになっていました。冷凍室に入れてあっても、あまり長くおくとコワイし…。そんなわけで、私は、生ものの冷凍保存の限界を「1か月以内」にしています。

その冷凍小柱を使って、小鉢料理をひとつ。

小柱は、常温で解凍してから、酒でコロコロと煎るようにして火をとおします。これは「酒煎り(さかいり)」という調理法で、魚介などの素材を、水っぽくさせたくないときに行います。
このときにできた「蒸し汁」を、ほんの少しだけ「合わせじょうゆ」に加えれば、味に深みが出ます。
また、残りの蒸し汁は、味噌汁に入れてしまいましょう! これで、「いつもより味のいい味噌汁」が仕上がるはず。
小柱が生鮮品のときは、できれば「生のまま」使うようおすすめしたいのですが、「生は苦手」なようなら、この方法にするといいですね。
ゆでたミツバと合わせ、ワサビじょうゆであえるだけの簡単料理で、時間もかかりませんからぜひ試してみてね。

小柱とミツバのワサビじょうゆあえ


●材料(2人分)
小柱…80g
酒…大さじ1
ミツバ…1束
A(練りワサビ…小さじ1/3 しょうゆ…大さじ1 小柱の蒸し汁…小さじ1)

●作り方
ー鬚鮗冦たせ、小柱を入れて箸でコロコロ転がしながら煎る。表面が白っぽくなったらすぐに火を止め、そのまま余熱で芯まで火を通す。
▲潺張个鯒湯に入れてすぐに火を止める。
 しんなりしたら水にさらし、よく絞って食べやすい長さに切る。
小柱とミツバを合わせ、Aであえる。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事