りーりっこのあれこれ雑記帳

ご訪問ありがとうございます。国内外の旅日記や園芸、風物詩、地元や日常のアレコレを綴っています。

全体表示

[ リスト ]

久々の四国入り…
所用を終えた後、しまなみ海道の南端「来島海峡」でゆっくりと一日を過ごしてみた。

イメージ 1

以前に、この『しまなみ海道』をマイカーで走り抜けたことがあります。
その時は、大山秖祗神社(大三島)、平山郁夫美術館(生口島)…等の観光地巡り…でした。
今回は、のぉ〜〜んびりと過ごしてみるコトに…

イメージ 10
しまなみ海道

イメージ 34
大島


来島海峡大橋
来島海峡第一大橋(橋長960m)、第二大橋(1515m)、第三大橋(1570m)の吊り橋3橋(総延長12.5km)からなる自動車道。
 


今治市に入ると、来島海峡大橋の南端にある「サンライス糸山」と「来島海峡展望館」に立ち寄り、その後「大島」へ渡ってみた。


★ 「サンライズ糸山」 & サイクリング
サンライイズ糸山」にはレンタルサイクルセンターがあるので、海上サイクリングを体験してみることにしました。
しまなみ海道』は、ランキング第一位というサイクリストに大人気のサイクルロードです。

大島との中間にある「馬島」までをのぉ〜〜んびりと往復してみました。
初めて乗ってみた電動自転車の乗り心地…
馬島では、自転車ごとエレベーターで乗り降りできるンですねぇ。

イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
橋上からの風景:眼下に観潮クルージング船の白い航跡が…


★「来島海峡展望館
来島海峡展望館」では、今治〜大島間に架かる来島海峡大橋が一望できます。

イメージ 6
イメージ 7


★「亀老山展望公園 (大島)
ここから眺める景色は絶景です。
ここへは2度立ち寄り、昼間と夕景を楽しみました。

イメージ 9
展望台

夕景鑑賞はちょっとハラハラ…
観潮サンセットクルージング(後述)を最終便で楽しんだために、下船後は日没まで20分足らず…
夕景鑑賞するために、港から「亀老山展望公園」まで大急ぎでUターン…です。
何とか間に合って、ゆっくりと沈む真っ赤な太陽を眺めることができました。

イメージ 11
昼景
晴天だけど、微風で濃いモヤに包まれていた……(ザンネン)
イメージ 12
夕景
イメージ 8


道の駅よしうみいきいき館 (大島)
遅めのランチをここで…
屋内で、イケスに入った生きたままの新鮮魚介類がずらり…と並んでいるのを見て、バーベキューを楽しむことに決定です。

イメージ 13

イメージ 14


観潮サンセットクルージング (大島)
道の駅の真ん前は下田水港で、この港からも観光観潮船が運航しています。

イメージ 15
道の駅のすぐ前は下田水港:停泊中の観潮船が発着桟橋(右奥)に見える

訪れた日は大潮で、観潮には最高の条件とのコト。
中でも、この日の最終便は滅多に見られないほど最速の潮流時間帯とのコトで、スタッフからも強く勧められたこともあり、最終便で8ノット(時速16 km)以上という潮流の来島海峡を楽しみました。


波立ち、渦巻く潮流
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

観潮船の長さは約15m。
常識的には平坦な海面のハズなのに、
突然、滝のような段差が現れたり、海坊主のような丸い塊が盛り上がったり…
船のエンジンを停止すると潮流にどんどん流され…
大きな渦に巻き込まれると船がゆっくりと回転し始める…
乗っているお客さんからどよめきのような感嘆の声が一斉に湧き上がった。

イメージ 20


夕景
イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24


ビュー ポイント
イメージ 25
陸軍芸予要塞来島要塞跡の榴弾砲(レプリカ)
NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第11話「二百三高地」の撮影で実際に使用された。
2013(H25)年4月、この榴弾砲とゆかりが深い小島(おしま)に移設された。
イメージ 26
厳島神社
イメージ 27
周囲約850mの来島は、その昔、村上水軍の本拠地で、本丸、二の丸、三の丸を備えていた。
イメージ 28
来島海峡海上交通センター
電光表示は「」とある。
表示内容には、潮流方向を示すSN、流速(ノット)の数字、上下の向きで流速の変更予測する矢印、がある。
イメージ 29
来島中磯灯標
イメージ 30
アンカレイジ
橋のケーブルを固定する巨大なコンクリート製の重りです。
海底高≒90m、 海面高≒60m
使ったコンクリート量≒15万㎥ ≒ ミキサー車5万台分 ≒ 25mプール600杯分


造船所群
建造中の新造船を間近から見上げるとすっごい迫力を感じますよ。
5、6社あるようです。
この辺りは世界的にも知られる造船所集積ゾーン…
近年は、陸上で船のパーツを作るようで、大型船でも着工後一ヶ月で進水させられるそうです。

イメージ 31

船首部分にあるマークの意味を勉強しましたよ。

例えばこの船…

イメージ 32

船名「Southern Shark」の少し下にある2つのマークの意味ですが…

イメージ 33

バルバスバウマーク(「と」の字にも見える記号)は、球状船首構造の船という意味。
スラスターマーク(車輪のような丸型記号)は、装備しているスラスターの位置の真上に表示する。
スラスターとは、船体のバランスを保つために積載する水の吸引・噴出口。
写真では海面付近に見える丸い穴。



しまなみ海道』も、
のんびりと過ごせばいろんな楽しみ方があり、いろんなコトが見えてきました。

いつの日か、
しまなみ海道』を訪れる機会があれば、
途中の島々に立ち寄りながら
もう一度
のんびりと走ってみたくなりました。



この記事に

閉じる コメント(2)

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪
しまなみ海道は未だ通ったことありません^^; どの画像見せて頂いても、ホント素敵な景色を楽しめるんですね!島をめぐりながら〜ですか!
夫は長距離運転を嫌うので、友達を誘って訪れたいなあ〜
ナイス☆彡

2017/11/26(日) 午前 10:38 マー 返信する

顔アイコン

あらまだ一度も…?
ぜひお勧めしたいほどステキなスポットですよ。
JRで訪れて、現地でレンタカーや貸し自転車で…というのも疲れにくいし、お手軽かも…ですね。
私は、瀬戸内海の橋、3本とも何度か…

でも、今回のようにのんびりと遊んだのは初めて…
自転車並みの速度という潮の流れは迫力があってよかったですよ。
潮の干満、潮流予測はネットでも調べられますが、直近になるほど正確さが増すみたいで、観潮船の出港時刻も多少変動するようです。

しまなみ海道一帯は、村上水軍が海上交通を取り仕切っていたので、次回はその辺りも確かめてみたいですね。
小島(要塞跡)や来島(水軍跡)、大三島(大山秖祗神社)、生口島(平山郁夫美術館)等々の島巡りもすれば、相当ゆったりとした日程を考えなくっちゃあなりません。
多彩なこのルート、ぜひお勧めしたい魅力的な場所だと思います。
ナイスをありがとうございました

2017/11/27(月) 午後 4:06 [ りーりっこ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事