沙粧のユメ☆物語

PC不調につき投稿お休みしております…Twitterアカウントは@yuririnsashoです…

全体表示

[ リスト ]

米アカデミー賞主演女優賞他多数受賞作品「ブラックスワン」を観て参りました〜ε=ヾ(*^▽^)ノイメージ 1
R15+指定との事で、
かなりダークなサイコスリラーかな〜と思ってましたが、
色んな意味で過激なシーンが多く、
薬物まで登場しますので規制がかかったみたいですね…
 
ニナことオスカー女優ナタリー・ポートマンは、
9kg減とかなり激痩せされてましたが、
元々イスラエル出身のベジタリアンだそうで、
それにダイエットだけでなく10ヶ月ほどバレエの特訓も受け、
更に性的描写も体当たりモノでした…憑依モノです…
ナタリーはご存じ「レオン」マチルダ少女ですが、
成績優秀でハーバード大心理学を専攻されてたそうで、
サイコスリラーは得意分野なのかも知れませんね…☆彡
 
あ、ナタリーさんご婚約おめでとうございます☆*゚+.
 
沙粧はバレエは詳しくないのですが、
「白鳥の湖」は存じ上げております…
ホワイト・スワンブラック・スワンってのは
別々のキャストが演じるのかと思ってましたが、
通常は清楚なホワイトと邪悪なブラックと
一人で両方演じられないといけないんですね〜
正反対は役を演じるのは大変な事だろうし、
完璧主義のニナには技術面も手が抜けないし、
女同士の嫉妬とやらとも戦わなきゃならないのに、
一番大変なのはプレッシャーのようで、
己との葛藤に最も苦しまれたようで…痛々しかったです…o(*≧ω≦*)o
 
演劇の世界ではよく憑依するって言いますが、
意識してなるものではないんでしょうね…
ニナの場合はブラックなダークな表現は元々苦手で、
母親を始めとする人間関係との戦いなんかもあって、
背中の湿疹も心因のようで…
沙粧も背中の肩甲骨上辺りをよく掻いてしまいますが、
アレルギー持ちでして心因的なものじゃございません〜
この辺りは手が届いちゃうんですよね…
孫の手なんてのもあるしね…
ニナがボリボリ掻くのを観てたらいつの間にかボーリボリ掻いてました〜
クセってのもあります…
一回掻くともう止まりません…o(*≧ω≦*)o
痒いだけならまだしも、
ニナのように精神的にヤバい状態になっちゃうのかと思うと…
子供にバレエ習わせようと思っていらっしゃるお母様方は
ご覧になられない方がいいかも…
 
ライバルとなるリリーことミラ・クニスがまた…
グリグリ大きなお目々で情熱的で官能的で魔性的…
ナタリー・ポートマンがより一層かよわく見えます…
あのマコーレー・カルキン君の元カノだそうです…
 
二人を両天秤にかける監督のヴァンサン・カッセルはハマり役ですね☆彡
解説: 『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督と、『スター・ウォーズ』シリーズのナタリー・ポートマンがタッグを組んだ心理スリラー。内気なバレリーナが大役に抜てきされたプレッシャーから少しずつ心のバランスを崩していく様子を描く。芸術監督を演じるのは、フランスを代表する俳優ヴァンサン・カッセル。主人公のライバルを、『マックス・ペイン』のミラ・クニスが熱演する。プロ顔負けのダンスシーン同様、緻密(ちみつ)な心理描写に驚嘆する。シネマトゥデイ
あらすじ: ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウィノナ・ライダー)を降板させ、新しい振り付けで新シーズンの「白鳥の湖」公演を行うことを決定する。そしてニナが次のプリマ・バレリーナに抜てきされるが、気品あふれる白鳥は心配ないものの、狡猾(こうかつ)で官能的な黒鳥を演じることに不安があり……。シネマトゥデイ
=== ☆沙粧の登場人物紹介(敬称略・カッコ内役名)&オススメ見どころ☆ ===
ナタリー・ポートマン(ニナ・セイヤーズ)
 職業:NY一流バレエ団「バレエ・カンパニー」所属バレリーナ、主役候補★性格:清楚、臆病、生真面目、几帳面、神経質、箱入り娘、マザコン★持病:幻覚、幻聴、蕁麻疹、拒食症★着メロ:「白鳥の湖」♪
ヴァンサン・カッセル(トーマス・ルロイ) 職業:「バレエ・カンパニー」フランス人監督★性格:女ったらし★特技:性教育★ニックネーム:トマ★
ミラ・クニス(リリー) 職業:「バレエ・カンパニー」所属バレリーナ★性格:自由奔放、官能的、挑発的、魔性の女★特技:誘惑★愛用品:薬入れ★
バーバラ・ハーシー(エリカ・セイヤーズ) 続柄:ニナの母親★性格:心配症★趣味:絵画★コンプレックス:28歳で妊娠によりバレエ団を引退★
ウィノナ・ライダー(ベス・マッキンタイア) 職業:元「バレエ・カンパニー」所属プリマ★性格:卑屈★ニックネーム:更年期障害★
バンジャマン・ミルピエ(デビット) 職業:「バレエ・カンパニー」所属バレリーナ★性格:嫌味★
クセニア・ソロ(ヴェロニカ) 職業:「バレエ・カンパニー」所属バレリーナ、主役候補★
クリスティーナ・アナパウ(ガリナ)
ジャネット・モンゴメリー
セバスチャン・スタン(アンドリュー)
 性格:ナンパ★興味がない物:バレエ★ニックネーム:トム&ジェリー★
トビー・ヘミングウェイ(トム) 性格:ナンパ★興味がない物:バレエ★ニックネーム:トム&ジェリー★
 
監督 ダーレン・アロノフスキー★代表作:映画「レスラー」「ザ・ファイター」★
脚本 マーク・ヘイマン 、アンドレス・ハインツ 、ジョン・マクラフリン★   
音楽 クリント・マンセル♪

閉じる コメント(12)

過酷なトレーニングと減量でバレエダンサーを演じたナタリーの渾身の演技は必見。
純真なニナと黒鳥を踊るニナ・・・素晴らしい演じ分けで・・・オスカーも納得でした!
トラバお返しさせて下さいね^^

2011/5/15(日) 午後 8:19 くるみ

ナタリーさんの女優根性というのは これは 残酷なほどにすごいと申しますか(^_^.)30歳前で バレリーナを特訓するという〜
個人的には ウィノナさん バーバラさんの 様変わりに また残酷なという思いが〜ある意味 けっこう辛い映画でありました。

2011/5/15(日) 午後 8:37 たんたん

>くるみさん、過酷なダイエットで妊娠後の体力がもつのか心配してましたが、渾身の演技を見たら出産も根性で乗り切れると思います!

2011/5/15(日) 午後 9:30 沙粧

>たんたんさん、ウィノナさん達はご本人だとエンドロールまで気付きませんでした…

2011/5/15(日) 午後 9:33 沙粧

ホラーでもありましたがかなり官能的なシーンもありそっちでR15だったのかもしれませんね。正直ここまでやっていいの?なんて思ってしまいましたから。トラバ返しさせてくださいね。

2011/5/15(日) 午後 11:14 いっちー

>いっちーさん、そうですよね〜ビックリしましたo(☆o☆)o

2011/5/15(日) 午後 11:34 沙粧

顔アイコン

アカデミー賞主演女優賞を獲得したナタリー・ポートマンが、これまでのイメージを覆す体当たりで驚きました。かなりホラー的要素もあって、予想外でしたが、それなりに面白かったです。TBさせてください。

2011/5/22(日) 午後 9:55 fpd

>fpdさん、ホワイトスワンなナタリーもブラックスワンなナタリーも、どっちも魅力的でした☆*゚+.

2011/5/25(水) 午前 0:09 沙粧

ナタリー・ポートマンの演技に圧巻される映画でしたね。
ウィノナ・ライダーは、エンドロール出てくるまで、気が付きませんでした。

2011/6/7(火) 午前 7:07 [ ティルク ]

>ティルクさん、圧巻だし、見応えのある映画でした☆彡
ウィノナ・ライダーも気が付かないほど惨めでさびれた旧プリマドンナでした☆彡

2011/6/9(木) 午前 0:15 沙粧

顔アイコン

凄いの一言でした!
迫力も、演技も全てに圧倒されたという感じです。
これは今年通して記憶に残る作品になるな〜。
TBお願いします!

2011/7/31(日) 午前 10:48 かず

>かずさん、描写のインパクトも強かったですが、心理的なものも記憶に残ってます…

2011/7/31(日) 午後 1:47 沙粧

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事