ここから本文です
breeding room
マイナー種メインでやってます。

モンタネルス

イメージ 1

【Cyclommatus montanellus montanellus】
モンタネルスホソアカ CBF3
ボルネオ島 サバ州

モンタネルスのブリードを開始しました。
♀はF4(WD直系)ですので、次世代はCBF1となります。
16〜17℃で小プラケに同居セットでセット中ですが、ちゃんと掛かってなかったらやり直しですね。

自作キクロマットを仕込まないといけませんが、ネブトマットの完成が遅れているのでどうなる事やら...な感じです^^;
その時は材飼育すればいい話なので、先ずは産卵に注力しますね〜

では

この記事に

パキスタンクルビの別系統が増えました(笑)
今迄はCBを飼育していましたが、新たにF11が加わりました。

イメージ 1


今度は大歯です。
中々独特な顎ですね〜

イメージ 2


斜め前から。
やはりクルビデンスは美しいですね。

イメージ 3


因みにCBの方は♀が羽化してきています。
F11は春頃からブリードしようと思います。
貴重なパキスタンクルビ、しっかり繋ぎたいですね^^

では

この記事に

ネブトマット

遅れましたが、今年初記事です。
皆様、今年も宜しくお願い致します。

今年もドルクス、ネブトに力を入れようと思います。
色虫はぼちぼちにしておこうかな?と、今のとこは思ってます。

では早速、ネブト記事から行きます。

イメージ 1
【Aegus nakanei nakanei】
オキナワネブト F2
粟国島

特に記事には関係ないですが、オキナワネブトです。
因みに、お亡くなりになっていて、展足待ちなのでこんな状態です。

では本題へ。
幼虫が大きくなるネブトマット、作るの難しいですよね^^;
ですがたまたま良いレシピが思いついたので、実行してみたところ中々良さげだったので紹介します。

材量
・菌糸カス(食痕のみではなく、全部)
・埋め込みマット
・市販のネブトマット(ベースになるのはこれです)

これらをネブトマットをベースに混ぜ合わせ、完成です(笑)
ネブトマット3:菌糸カス2:埋め込みマット1くらいでしょうか。
雑な作りのマットではありますが、兵庫産本土ネブトとアッチョスで試していますが今の所いい感じに幼虫が太ってます。
食痕以外の菌糸カスや埋め込みマットが入っているので、産卵には厳しいかも知れません。

更に拘ろうと思い、今はネブトマットの所を自作発酵マットに替えて、混ぜ合わせた後に発酵させてみよう思います。

また作り終えたら記事にしますね〜

では

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます〜

2017年もあと数時間で終わりですね。
今年もつたない記事ばかりでしたが、読んで頂いた皆様、仲良くして頂いた皆様、本当に有難う御座いましたm(__)m

今年はドルクス中心のブリードで、パプキンやメタリは今一つな結果でしたが、今期特に頑張ったコクワ、タウルス、クルビ、台湾オオでは自分なりに納得がいく結果が残せたかと思います。

来年もより一層努力を重ねて参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。
では、よいお年を〜

この記事に

元木さんプレ当選品

こんばんは〜

先日、元木さんからプレの当選品の、沢山の飼育用品が届きました^^
お手紙まで頂き、感謝感謝です。

イメージ 1


小プラケ×12

イメージ 2


餌皿2種各5個ずつ

イメージ 3


ゼリー×250個[4kg]

と、沢山頂きました。
今年の羽化個体は例年より多く、各用品が足りなくなっていたので、とても助かりましたm(_ _)m

何時もはボトルで成虫飼育をしていますが、たまにはゆったりと鑑賞しながら飼育してみようと思い、今年羽化したCBF3台湾オオ(南投縣 A-LINE)とWDミンダナオヒラタ(ブキノン Mt.kitaglad)を入れてみました。

イメージ 4


久しぶりにプラケでの成虫飼育をしますが、やはり見栄えが良いですね〜

イメージ 5


ミンダナオヒラタはかなりリラックスしている様子です♪

最近は鑑賞はまるでしていなかったので、なんだか初心に帰った気分です。

元木さん、沢山の用品をありがとうございましたm(_ _)m
また、忘れかけていたクワガタを『観察する』という楽しみを思い出させて頂き、本当にありがとうございます。

これからもお付き合いの程、宜しくお願い致します。

では

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事