ここから本文です
breeding room
外国産オオクワ、ヒラタ全般、国産ネブトが主な飼育種です。 息抜き程度に色虫、カブトを飼育してます。

血統管理について

こんばんは〜

今まで適当に入手順にABC順にLINE名を付けてましたが、(例:台湾オオ B-LINE 等)その場合、○○血統の○○LINE等の表記と見分けがつきませんし、従来の方法で表記すると○○LINEの○○LINEなどと訳の分からない表記になってしまいますので、これから表記方法を変えようと思います。

本格的に系統管理していくには必要な事かと思いますので、紛らわしいですがご理解の程宜しくお願い致しますm(_ _)m

そこまでの閲覧者も居ないblogですので心配はないかと思いますが、万全の注意を払っておきたいので^^;

では

この記事に

WE台湾オオ 桃園縣

イメージ 2

台湾オオ WE CBF1
桃園縣 70ミリ

イメージ 1

小さいですがGタイプで好みの顎をしています。
観賞用にお遊びでブリードしてみようかと思います。

イメージ 3

WEのクワガタにはあまり興味がありませんでしたが、たまには...と思い飼育開始しました。
かなり新鮮な気分になれたので良かったです。
因みに購入時はCB表記でしたが、別系統の掛け合わせの子との説明があったのでCBF1としています。

イメージ 4

横から見ると良く解りますが、神秘的な目をしていますね。
来年からのブリードですが既にワクワクです(笑)

イメージ 5

こちらは中歯気味の個体です。
2ペアいるので沢山殖えたらな〜と思ってます。

では

この記事に

オオクワ系の羽化

こんにちは〜
大分落ち着いて来ましたが、まだ少し羽化してきていますので紹介します。

イメージ 4


ミャンマーアンテ CB
チンヒル ティディム 68ミリ
17.7.16 カンタケ800
↓未計測
17.12.9 バンブーヒラタケ850

イメージ 1


ミャンマーアンテ CB
チンヒル ティディム 72ミリ
17.7.16 カンタケ800
↓未計測
17.12.9 バンブーヒラタケ850

イメージ 3


ミャンマーアンテ CB
チンヒル ティディム 78ミリ
17.7.16 カンタケ800
↓42g
18.3.7 バンブーヒラタケ1500

チンヒルのアンテは今年は78ミリが最大でした。
ナガ系でありながら、インドシナ系の様なガッシリとした大顎が魅力ですね。
♀は1頭を除き羽化不全ばかりなので、どこかで♀を補強したい所です。

イメージ 2


台湾オオ CB
台湾 桃園縣 巴陵 77ミリ(縮んで76ミリ?)
17.7.24 バンブーヒラタケ850
↓20g
18.1.31 ブナオオヒラ800
↓未計測
18.5.1 バンブーヒラタケ800

こちらは台湾オオ、2017年ブリードの最終羽化個体です。
30gを超えた個体達が74〜76ミリで羽化した中、ノーマークの20gから77ミリ…驚きを隠せません(笑)
きっと冬場にじわじわと伸びたのと、暴れずに蛹化したのが良かったのでしょう。

更に驚いたのが、この親って47×42とかなり小さいんですよね。
意外なポテンシャルを発揮してくれました。
この巴陵のブリード、今から楽しみです(笑)

次はクルビと中国アンテをupできたらなと思ってます。

では

この記事に

フジコン 台湾王 購入

少し前に念願の台湾オオを入手しました。
フジコンで販売されていた、大型血統の台湾王です。

イメージ 1


2頭のみですので、とりあえず無事に羽化してくれればOKです。
偏っても別の南投縣とかければ良いので(笑)
あと1ヶ月くらいしたら入れ替えようと思います。

では

この記事に

開くトラックバック(0)

かっつさんプレ始まりましたよ〜
皆さんで盛り上げましょう( ・ㅂ・)و ̑̑


↑会場はこちら

かっつさんプレは毎年この時期の楽しみですので、全力で応援させて頂きます♪

こんにちは〜

今日は台湾オオの割り出しをしました。
今回割ったのはゆーさんさんからの松崗♂77ミリ×B-LINE♀45ミリの組み合わせでセットした分です。
因みに松崗♂は76ミリで管理してましたが、改めて測ってみたら77ミリありました。

百均のプラケでセットしたのでカワラ材がパッサパサになってましたが、結果は卵含め16頭採れました。
16頭だと丁度菌糸1カゴ分なので最高でした(笑)

松崗インラインはダメでしたが、何とかゆーさんさんの最高傑作の血を残せて安心しました^^;
松崗とB-LINEは同じ南投縣産なので、南投縣産CBF1となります。
僕は台湾オオは系統毎にABC順で管理してますので、今回の幼虫はG-LINEで管理します。

今まで全く記事にしてなかったので、今回までに菌糸投入済みの種を整理すると、
・トカラコクワ(中之島)
・ミシマコクワ(竹島)
・パプアヒラタ(イリアンジャヤ アルフアック)
・サキシマヒラタ(西表島)
・ブータンクルビ(チュカ)
・パキスタンクルビ(コヒスタン)
・台湾オオ(南投縣 G-LINE)
・国産オオ(森田GG)
・国産オオ(森田DG)
となります。
この後に投入予定は、
・トカラノコギリ(口之島)
・ヤクシマコクワ(種子島)
・コクワ(韓国)
・タウルスヒラタ(マレーシア キャメロンハイランド)
・サイガヒラタ(セラム島)
・インテルメディウスヒラタ(イリアンジャヤ アルフアック)
・ユーリケファルスヒラタ(西ジャワ ハリムン)
・ツシマヒラタ(対馬)
・スマトラヒラタ(アチェ)
・ネパールアンテ(ツムリンタール)
・シェンク(南投縣 埔里)
・ホペイ(北峰 YBXA)
・ホペイ(北峰 GXEK)
です。
多すぎるので小型種はなるべくマット飼育する予定です^^;
まだどれも割ってないので採れるかどうかは分かりませんけどね(笑)

話が大幅に逸れましたが、台湾オオ頑張ります!(笑)
では

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事