ここから本文です
breeding room
外国産オオクワ、ヒラタ全般、国産ネブトが主な飼育種です。 息抜き程度に色虫、カブトを飼育してます。

タウルスヒラタ 羽化

イメージ 1

イメージ 2


タウルスヒラタ F2
フィリピン カタンドゥアネス島 Mt.tabrac
60ミリ前後 長歯

イメージ 3

イメージ 4


タウルスヒラタ CBF1
フィリピン パラワン島 Mt.ガントン
51ミリ

イメージ 5

イメージ 6


タウルスヒラタ F2
フィリピン カタンドゥアネス島 Mt.tabrac
56ミリ 中歯

イメージ 7

イメージ 8


タウルスヒラタ CBF1
フィリピン マリンドッケ島 Mt.カンアット
49ミリ

沢山羽化してます(笑)
サイズも普通ですし特に語ることは無いですが、矢張りタウルスは最高ですね!

では

この記事に

北峰ホペイ

こんにちは〜
今日は北峰ホペイを補強したので、それを紹介します。

イメージ 1


イメージ 2


先ずはYBXAです。
太めの短い丸顎でかっこいいです。
ペアで購入しました。

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


此方は販売者様の秘蔵血統です。
GX系とセブン系のCBF1だそうです。
ペアの所をトリオで送って下さいました。
同血統でかなり大きい幼虫も居るみたいなので、楽しみです♪

あと数♀追加したい所ですが、取り敢えずこの個体で頑張って見ます。
以前飼育していた北峰、やめなければ良かったです^^;

では

この記事に

開くトラックバック(0)

外国産オオクワ

イメージ 1


ホペイ F2
湖南省 雲峰山(Yunfengshan)
73ミリ

イメージ 3


台湾オオ CBF1
南投縣 B-LINE
73ミリ

イメージ 2


台湾オオ CBF1
南投縣 B-LINE
72ミリ

羽化シーズンは楽しいですね^^
細くても小さくても羽化してくれれば満足です。
もう少し続きそうですが、そろそろブリード開始しないといけないですね。

では

この記事に

国産ヒラタ

イメージ 1


サキシマヒラタ WF1
西表島 上原 71ミリ

イメージ 2


アマミヒラタ F3
奄美大島 龍郷町 長雲峠 72ミリ

イメージ 4


ツシマヒラタ CB
対馬 69ミリ

イメージ 5


本土ヒラタ
自宅(笑) 58ミリ

イメージ 3


オキナワヒラタ
伊平屋島 (詳細産地省略) 恐らく70ミリ前後

やっぱり国産クワガタはいいですね。
ネブトとヒラタは力を入れてしまいます。

オキノエラブヒラタは画像がないですが、累代の危機です。幼虫が羽化したら補強します。

ダイトウヒラタは南大東島が2系統居ましたが油断してたら絶えました。
大型狙いでまた飼育してみたいものです^^

他には石垣島のサキシマヒラタやトクノシマヒラタも飼育してみたいですね。

産地や系統で分けたらそこそこいるので、管理が地味に大変です。
しかし、採集者様から直々に頂いたものもあるので、頑張って増やします。

では

この記事に

ss-c血統クルビ 終了?

おはようございます。

いきなり暗い話題で大変申し訳ないのですが、ss-c血統のクルビが♀殺しをしてしまいました…
発見する数分前にやられたようです。
後少し早く♀を出していれば…

かなり期待していただけに、辛いです(^^;
今迄♀殺しは散々経験してきて、一々凹んでいたらキリがないと思い割り切ってましたが、今回は流石に凹みました。

ss-c血統の血を繋ぐために、暫くしたら同じ北東インドのカリンポン産の♀とペアリングしてみようと思います。
本当はグーム産かタロデンタン産の♀と掛けてみたいんですが、飼育していないので仕方ないですね(^^;

ss-c血統とは名乗れなくなりますが、ここからオリジナルの血統を作れたら良いなと思います^^

では

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事