緩行線

ゆったり・のんびりと時を過ごす

全体表示

[ リスト ]

横浜線の103系最後の時期はウグイス色で編成が統一されていたようですが、当初は低運非冷房のスカイブルー4連から始まり、車両転配や塗替え等の関係からかなりの期間に亘って、スカイブルー色とウグイス色の混色が続いていたように思います。

模型でも終焉近い時期や混色編成が存在した時期を手軽に再現すべく、手持ちのKATO 新103系からウグイス色とスカイブルー色を駆り出して横浜線7連を組むことにしました。
イメージ 1
横浜線と言えば、正面窓下に吊り下げられた「横浜線」の看板が是非とも欲しいところです。
銀河モデルの101・103系用ヘッドマーク(N−503)にズバリあるのですが、既に生産終了しているとのことで模型店を回ってみたのですが入手できませんでした。他社製品にあるのかも知れませんが、TOMIXの103系用シールが入手できましたのでこれを使うことにしました。
イメージ 2


シールを看板の外周に沿って切り出し、裏面の紙を剥して貼りつければ完了ですが、手持ち車両数の関係から
山手線用や京浜東北線用と共用するため、着脱を繰り返すと糊成分が損なわれ貼れなくなってしまいます。

そこで、KATOの電気機関車のヘッドマークのようにマグネット方式で着脱できないかと思案していたところ、
ブログでおなじみの美軌模型店さんから小型マグネットと粘着剤付ステンレステープ(磁性の薄板)が販売されていることに気付き、通販で送ってもらいました。本来はマグネットが装着されていない車両にヘッドマークを装着するために考案されたようで、マグネットは円形(φ4.5mm×厚さ0.5mm)でヘッドマークの裏面に貼り付け、車両内部にステンレス板を貼りつけることで、ヘッドマークの着脱を実現するものだそうです。
イメージ 3

なお、マグネットとステンレステープを逆に使用することも可能との記述もあり、今回は大きめの看板の裏面にステンレステープを、車両内部にマグネットを装着することにしました。
看板ですので多少の厚みが欲しくて、シールを0.2mmの厚紙(プラペーパーの手持ちがないので厚紙で代用)に貼り付けてからステンレステープを貼りました。看板は外周に沿って切らずに余白を残してかなり大きめに切り出して、ステンレステープに貼ってから余白外周に合わせて切り出しました。
これを看板の外周に沿って鋏で切れば、着脱可能看板が出来上がりです。
イメージ 4

実物の看板は運転台の前面窓の下にある手摺りに引っ掛けてあるようで、同位置付近にマグネットを取付けたいと思います。構造上支障しない位置を探したところ、ライトケース下部の空間にピタリと収まることが判明しました。厚さ方向も1mm以上のクリアランスが確保できます。イメージ 6

車体側で寸法を確認すると、正面中央の凹部に合わせて貼れば良いことが判り、車体側の加工は全く不要で、
両面テープで貼り付けました。
イメージ 5

ここまで来ると行先表示もと欲が出て、「東神奈川」や「桜木町」が欲しかったので、こちらも美軌模型店さんから「方向幕ステッカー 横浜線②」を取り寄せ、行先方向幕のベースに直接貼りました。
イメージ 8


無事完成しました。ご機嫌です!
イメージ 7
ウフフ・・・ 「さくらも見頃、お花見は桜木町」なんてこともできますよ。
イメージ 9

お後がよろしいようで!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事