GO!GO!サンバー君

スバルサンバー君にまつわる事と、猫の事、食べ物の事等を載せていきます。

全体表示

[ リスト ]

“スカヴ”と呼ばれるエイリアンの襲撃で60年 時代は2077年。地球に残り監視任務に就いていたジャック・ハーパー(トム・クルーズ)。全人類が他の惑星へと移住した後の荒廃した地球で、彼に待ち受けるミステリアスな運命を、スタイリッシュな映像でスリリングに描き出す。
イメージ 1
 
期待を込めて鑑賞すると、ちょっと肩透かしかも・・・?
 
なかなかの作品なのだろうと思うが、ちょっと見せ方が物足りないのかな・・・。
 
どんでん返しの手法は「猿の惑星」や「アイランド」的。
 
どんでん返し回数は・・・3〜5回(だったかな・・・)。
 
 
主人公が常に抱いてる“悪”と思ってるエイリアンの行動への疑問。
 
毎回夢に出てくる人や物への執着の疑問。
 
エイリアンが呼び寄せたと思ってた不時着船に人間が冬眠してた事。
 
また、その冬眠船員の中に夢に見ていた女性が居た事。その女性が妻だった事。
 
人間を守るとされていた監視ロボットが、その不時着した冬眠人間を破壊した事。
 
そこから、物語はバタバタとして、実は自分がクローンだったと発覚した衝撃。
 
地球に残り監視任務 = 監視と思ってた対象がエイリアンではなく人間だった。
 
その指示をしてたのが実はエイリアンで、人類が他の惑星へと移住というのは嘘だった。
 
核兵器を使用してエイリアンとの戦いには勝利したと思っていたが、
 
それによって、人間が住めなくなった危険エリア地区が出来たと思わされていた事。
 
危険地区ごとに同じクローンの「ジャック・ハーパー」を置き地球に居残った人間を
 
掃討する為に自分(クローン)達が置かれてた事。
 
最後は、クローン工場とエイリアンの施設を爆薬と共に特攻し破壊!!。
 
残された妻や人間は、他のエリアの自分のクローンに任せて・・・。
 
 
以前、トム・クルーズ主演で「マイノリティ・リポート」という秀作があります。
 
今回、それに似た運びなのですが、巧妙さに於いていささかその精彩を欠くというか・・・
 
驚きと胸に収まる感覚がちょっと腑に落ちないというか・・・。
 
 
・・・と、批判的な事ばかりですが、良かった点を挙げれば、
 
映像的に美しいシーンもありました。
 
題名の「オブリビオン」=「忘却」という意味と伏線が全てに繋がってる事。
 
忘れられない、忘れちゃいけない記憶って大切なんだな〜って思えた事でしょうか・・・。
 
 
(;^ー^)> 「ネタばれ」御免!
 
 
 

閉じる コメント(2)

う〜ん・・・難しい!
お話を聞く限り非常に難解な作品に思えました。

ただトム・クルーズは私的には”トップガン ”以降あまり魅力を
感じていなかったりするワケで・・・(^_^;)

2014/2/22(土) 午後 10:41 [ - ] 返信する

顔アイコン

@管理人さん、いえいえ、そんな難解ではありません♪
逆に難解にして欲しいくらいです(笑)。

トム・クルーズの作品で好きなのは、上記にも書きましたが「マイノリティ・リポート」です。
近未来のお話で、犯罪を未然に防ぐシステムに潜む欠点というか、逆手に取るというか、単にSFドンパチではないサスペンス要素も見事な作品だと思います。(←これは、御覧になっていなければお勧めできます♪)

(^ー^)> 私的には、トム・クルーズ主演で気軽に観れるのは、「ミッション・イン・ポッシブル」作品でしょうか・・・♪

2014/2/24(月) 午前 9:29 [ yushinmikio ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事