ここから本文です
迷うことを楽しめるようになった時、迷いから解放される。楽しむがいい。

書庫全体表示

イメージ 1イメージ 2
イメージ 3イメージ 4
イメージ 6イメージ 5
イメージ 7

はじめに
 8月26日〜29日に開催されたトリプル大会『イッシュファイナル』に参加しました。結果は28勝17敗のレート1600っていう微妙なものでしたが、いつもは5戦位でやめてしまうところをしっかり完走できたのは、トリプルの楽しさとこの環境の良さにあるんだろうなと思います。今後もこういった大会があることを願うばかりですね。
 さて、今回は大会名の通りイッシュに焦点を当てて、イッシュ出身のポケモンを主軸とした『ホロウビアル』を組んでみることにしました。ホロウビアルとは、特性怒りのツボのワルビアルに特性強運、持ち物鋭い爪(ピントレンズ)のケンホロウによる辻斬りで確定の急所を当てることで、ワルビアルの攻撃を最大まで上げて場を制圧するといったパーティとなります。詳しいことは偉大な先駆者がおりますので、そちらを参照ください。


構築名について
 ホロウビアルにはパーティメンバーの名前から構築名をつける風習があるらしいので私もこれに倣いました。
Krookodile
Unfezant
Dragonite
Tornadus
Metagross
Gardevoir

 ⇒ENTMATE(エンタメイト)。エンタメとメイト(仲間)を組み合わせた造語になります。遊戯王アークファイブより。ホロウビアル自体がエンタメみたいなところあるしこれで。鬼の魂云々についてはよくわかりません。


個別紹介
イメージ 8
ワルビアル@命の珠
陽気・怒りのツボ
実数値(努力値):171(4)-169(252)-100-×-90-158(252)
技:地震・叩き落とす・いわなだれ・守る

H:端数余り。
A:極振り。
S:極振り。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 今回の主役その1。怒りのツボを起動してからの地震は相性とかリフレクターとかなんのそのの馬鹿火力で本当に使ってて楽しかったですね。
 技構成はよくある4つをそのままで、配分は陽気ASとしています。今回の環境がキングドラ入りの雨が多そうな印象でしたので、こちらを意識して陽気としました。実際、ツボを起動した後の火力に不満はありませんでしたので、このまま陽気でも良さそうですね。


イメージ 9
ケンホロウ@鋭い爪
陽気・強運
実数値(努力値):155-167(252)-100-×-76(4)-159(252)
技:恩返し・辻斬り・追い風・見切り

A:極振り。
D:端数余り。
S:極振り。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 今回の主役その2。確定急所でワルビアルの怒りのツボを起動するのが仕事となります。ちなみにホロウビアルのケンホロウは♀が主流らしいです。
 技構成は辻斬り・追い風・見切りを確定として残りの枠にはメイン攻撃技として恩返しを採用しています。それに合わせて配分も陽気ASとしています。これは後述するサーナイトと共に、ケンホロウ・ワルビアル・サーナイトの並びを作り、3体で攻めていくことを目標としているためです。
 今回、フリーフォールカイリューを使用していることもあって重力を採用していないため、どうしてもワルビアルで攻めきれない場面があります。そのため、ワルビアルを補助するために両サイドでも攻められるようなパーティを意識して組みました。


イメージ 10
カイリュー@拘りスカーフ
陽気・精神力
実数値(努力値):167(4)-186(252)-115-×-120-145(252)
技:フリーフォール・神速・ドラゴンクロー・馬鹿力

H:端数余り。
A:極振り。
S:極振り。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 フリーフォールによる妨害要員として採用。主にドーブルとかカポエラーとかトリックルーム要員とかを上空に連れていき、降りてくる瞬間に後述するメタグロスで爆破していきます。
 技構成はフリーフォールを確定として他3つは無難な構成としています。配分は陽気ASとしていますが、個体値を低くすることと合わせてせっかちASとしてもいいかもしれません。そうすることでメタグロスの大爆発で確定で落ちてくれるようになります。その際は追い風を採用しても良さそうですね。


イメージ 11
化身トルネロス@王者の印
臆病・悪戯心
実数値(努力値):153-110-90-177(252)-100-179(252) ※非理想個体
技:エアスラッシュ・追い風・挑発・投げつける

C:極振り。
S:極振り。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 追い風起動要員として採用。追い風を撃った後は、メタグロスの大爆発に巻き込まれて退場します(無慈悲)。
 技構成は追い風を確定として、トリックルームを邪魔するために挑発と王者の印投げつけるを両採用、残り1枠を削りとしてエアスラッシュを採用しています。


イメージ 12
メタグロス@ラムの実
意地っ張り・クリアボディ
実数値(努力値):156(4)-205(252)-150-×-110-122(252)
技:アイアンヘッド・いわなだれ・大爆発・守る

H:端数余り
A:極振り。
S:極振り。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 今回の爆弾要員。大爆発により自陣を2枠空けることが役割となります。
 技構成は大爆発・守るは確定として残り2枠は無難な攻撃技としていますが、こちらはもう少し考察の余地があったように感じます。持ち物はノーマルジュエルと迷いましたが、火力アップしなくてもトルネロスを落とせることと、カイリューが乱数で落ちたり落ちなかったりすることを避けるためにラムの実としています。


イメージ 13
サーナイト@気合の襷
控えめ・テレパシー
実数値(努力値):143-×-86(4)-194(252)-135-132(252)
技:マジカルシャイン・サイコキネシス・横取り・守る

B:端数振り。
C:極振り。
S:極振り。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 終盤の攻め要員として採用。ケンホロウ・ワルビアルとともに追い風下でガンガン攻めていきます。
 攻め要員としてこのポケモンを選んだ理由ですが、
①ワルビアルの地震に巻き込まれないテレパシー持ちであること、
②ワルビアルの地震・いわなだれを阻害するワイドガードを阻止できる手段があること(ここでは横取りのこと)、
③範囲技を持つ特殊アタッカーであること、
の3つを考慮して採用しました。
 横取りは他の補助技を奪ってしまう可能性もあり不安も残りますが、他に妥当なポケモンが思いつかないのでこれでなんとかするしかなさそうです。
 技構成は上述の通り、横取りを確定として範囲技のマジカルシャイン、メイン技のサイコキネシス、残りを守るとしています。配分は控えめCSとして、合わせて持ち物を気合の襷としています。


おわりに
 ホロウビアルは自分にとってトリプルをやろうと思ったきっかけの一つにであり、いつか自分でも組んでみたいと思っていたので、今回イッシュファイナルという素敵な大会で組むことができて、大変嬉しく思います。使ってみてめっちゃ楽しくてめっちゃ爽快でしたので、今後も使っていきたいですね。
 パーティ紹介は以上となります。ここまで読んでくださり有難うございました。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事