Yuta Tashiro(田代遊太)'s Blog

行事の歌などの音楽教材や音楽ライフ

易しい曲 ≠ 好きな曲

平成28年3月。5年間の特別支援学校教員生活を終えました。


いろいろな授業を担当しましたが、音楽の授業には特別力を入れて取り組んできました。

毎年毎年担当学年が変わったり、子どもたちを取り巻く環境が変わったりとめまぐるしい変化のなか、
いつでも変わらなかったのは「子どもたちはみんな音楽が大好き」ということでした。



しかし、毎度頭を抱えたのは、タイトルにもあるように、
「子どもたちの実態に合った演奏が容易な曲」

「子どもたちが一番好きな曲」「子どもたちに一番伝えたい曲」
がイコールではないこと。



演奏が容易な曲になればなるほど、楽曲が単純化され、
ピアノ伴奏の曲などは、いつも同じような雰囲気の曲になってしまいます。
対して、子どもたちが好きな、巷にあふれているような楽曲のアレンジは、
ずーっと多様性に富んでいるのでした。



そうして悩んでいるうちに、


「易しいメロディに斬新な、多様な伴奏をつけてあげれば、もっともっと活動が楽しくなるんじゃないか」

そう思い立って、ためしに1曲、また1曲


ことあるごとに子どもたちのためにオリジナル教材楽曲を作って授業で使ってみると、



子どもたちの反応は上々。



気づけば、音源化していないものも含めると5年間で40曲以上も作曲していました。



このブログでは、

当面はその教材楽曲を少しずつ紹介していきたいと思っています。

すべての子どもの実態や授業のテーマに合致することは難しいと思いますが、
アップロードする教材楽曲は、授業への導入・歌詞の自由な変更を許可させていただきます。
歌詞を変えて使うためのカラオケバージョンも一緒に掲載します。
機会がありましたらどうぞご活用ください。

もし活用された際は、後ほど感想やご意見・ご指導などいただけると幸いです。

※楽曲ファイルのダウンロード方法がわからない場合は、こちらへ希望を添えてご連絡ください。アップローダーやメール添付など別の方法で直接お送り致しします。


その他の最新記事

すべて表示

「プールで音楽に合わせて楽しく体を動かしているうちに、 自然と水慣れや準備運動が終わっちゃう」 そんな教材があったらいいなと、当時の体育科の同僚と話しているうちに、出来上がった教材です。 「高根」は、学校の所在地からとりました。 歌ではありませんので、制作にあたっては  ① ...すべて表示すべて表示

大阪方面への修学旅行のテーマソングです。 当時の中3から依頼を受けて作りました。 新しい風を吹き入れてみたくて、 私の作った教材楽曲の中で、たぶん いちばん刺激的で斬新な伴奏 がついています。 他の楽曲と同じように、男女ともに無理なく歌えるであろう音域で作ってありますが、該当の子どもたちの実態に合わせ、他の楽曲よりも少 ...すべて表示すべて表示

名古屋方面への修学旅行のテーマソングです。 「みんなでなごヤー!」というタイトルをつけて使用しました。  ①跳躍進行の連続や難しいリズムはなるべく避ける  ②男女ともに無理なく歌える音域(この曲はド〜シ♭までの短7度以内)  ③なるべく日本語のイントネーションを損なわないメロ ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事