海外

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ ]

久しぶりの

7月から仕事が忙しく、久々の更新となりました。
ブログを更新していない間に、海外向けのドイツ語と英語のHPを作成してもらっていたのですが、遂にそのHPが完成しました。(下記のURLです)

http://omichi-therapy.com/index.html


これからヨーロッパでも活動したいと思っていて、今年に続き来年のメッセフランクフルトでのビューティーワールドにも出展を予定しています。
10月にも2週間ほど訪独してセミナーと交流を行う予定ですので、面白い話があれば、またご報告させていただきます。

気功エネルギー療法

イメージ 1

気功についてご質問を頂いたので、少し書かせてもらいます。
気功を始めたのが20年位前で、東京の難病治療研究会に参加してからです。

当時の私にとっては、かなりの高額の参加費で、2泊3日の宿泊は自己負担で10万円だったと思います。しかしこの時は直感で、躊躇なく参加を決意し、その決断のおかげで今の自分があると言い切れます。

私はその当時、鍼灸、カイロ、オステオパシーで治療を行っていたのですが、
もうひとつ満足行く結果がでず、色々な治療法を模索していました。
その時にこのセミナーに出会い、今もお付き合いをさせて頂いている恩師に出会いました。

そこでは、今までの私の概念を変えるセミナーが当然の様に行われていました。
講師の先生は特殊能力の持ち主で、潜在能力を活性化させて下さる先生でした。

私はそれまではどちらかと言うと、病院勤務で放射線の仕事にも従事しており、
目に見えない世界は正直信じていませんでした。

そこでの詳しいセミナー内容は割愛させて頂きますが、
2、3あげると、初級のセミナーの内容は、気の出る呼吸法、脈診、一瞬で意識をかける手法、身体の悪い場所をハンドセンサーでの探し方等です。

セミナー後、私は毎日意識して常に呼吸法を実践しておりました、そうしている内に、自分の身体の中にエネルギーが流れるのを感じるようになり、そのエネルギーを目、両手から自然に流す事が出来るようになり、それを使って治療が出来るようになっていました。

その後、上海中医医院の王教授、そして中国広州に居られる、中国洪伝陳式太極拳第二世会長の呉老師に師事し、医療気功の幅を広げて来ました。

呉老師は大変パワフルな方で、現在も師事しています。
(左の写真と3人で写っている写真の右側に居られるのが呉老師です)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事