郵ゆう書簡 Yuuyuu Syokan

郵便について、日本郵便視点ではなく利用者視点の実用情報としてお伝えしようと考えています。(2013年2月開始)

全体表示

[ リスト ]

秋田犬の2円切手 ケータイ投稿記事

イメージ 1

  
2円切手といえば、秋田犬(あきたいぬ)でした。1953年8月25日に発行され、同じ原画のままで色と表示を変えたものが1989年4月1日に発行されました。[写真の左が1953年、右が1989年]

1953年に郵便料金は手紙10円・はがき5円です。2円切手の用途といえば、書留の損害要償額の増額分の料金や、第三種・第四種郵便物の料金など利用の少ないものに限られていました。

その2円切手が人々の目にふれるようになったのは、1966年7月1日の料金値上げのときでした。はがきが5円から7円に上がり、差額分に使われたのです。

このあと2円切手が注目されたのが、消費税実施による1989年4月1日の料金値上げのときでした。手紙の料金が60円から62円に上がったときの差額分です。このとき、値上げ当日発行の2円切手だけでなく、以前の2円切手も一部で使われています。

1966年のはがき料金は5円から40%の値上げでしたが、今回ははがき料金が50円から4%の値上げです。50円から70円に上がるような事態でないことだけは助かります。
  
  
  
  

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事