ここから本文です
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
登録リンク・TBご自由にどうぞ。ダメな時FC2へ。予約投稿あれば20時だョ!(^^)/コメ感謝です。またね(^^)/

書庫全体表示

イメージ 1
 
 
 
あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
あらすじ・(ここまでなら可か)
 
 
 
2人組の詐欺師の話がとても面白い、と聞きました。
 
詐欺師のダマシのテクニックに、騙されたかったので
原作未読 かつ 2人組み詐欺師という情報だけで、鑑賞しました。
 
 
〜〜〜衝撃のラストには、衝撃のウラがある〜〜〜
チラシのコピーも、どんでん返しがあるのかな〜と思うくらいで…………….
 
 
この、タイトルの意味、わかりますか?
“詐欺師のお父さん指” ということなんです。
あああ……ゴメンナサイ……orz
この作品は、それすら知らないほうがいいです。
 
 
情景描写ではなく、作り込んだ筋書き(脚本)で、見せていく作品です。
(長丁場です。)
 
ダマされました、と言うより
真実を知りました、と言う、しみじみした想いです。
 
 
この作品の私の好印象は、特に、村上ショージさんと石原さとみ さんでした。
(主演の阿部さん方、ゴメンネ)
 
 
始め、この、軽い姉ちゃんは誰?と思いましたら^^;
石原さんでした。
わりと、しっかり者の印象が強かった石原さんですが、今回は
姉なのに、キャハキャハして可愛いばかりで、生活力のない、お姉さん………orz
でも、石原さんの素直さで、イヤミがなくて、可愛い☆
 
 
そして、村上ショージさん☆★☆
 
 
村上さんは、たまにしか、お見かけしたことはなかったのですが
素朴で、悪気がなさそうで、ちょっとユルくて、
村上さんのいい雰囲気で、進んでいたのではないかと思われます。
 
 
こんな村上さんの雰囲気だったら、人は、簡単に、騙されちゃいますよ……(>_<)
……いやいや……言わないでおきます。
 
ちょっとだけ、言いますと………
復讐のためのサギの話は、ハラハラしながら楽しむモノの、ある意味、前座。
その後、それを俯瞰するように、大ガラスの人間ドラマがありました☆
 
 
 
▼▼ネタバレ後免↓↓ドラッグ▼▼
 
 
 
 
村上ショージさんが、阿部さん以上に、存在感を示していたのは
やはり、そんなわけがあったんだな〜と、最後、ナットクしました。
 
人は人を信じて生きている。
村上さんが言うセリフは、なんて、優しい感じで心に響くんだろうと思いました。
 
村上さん演じたテツは、人生に後悔しながらも、きちんと
けじめをつけようと、生きてきたんだな〜と言うだけでも私は嬉しいのですが、
本当のことを言いたくても言わないで
遠くからできるだけのことをしてきた、ということに、胸が熱くなってしまうのです。
(↑それは、阿部さん演じるタケもそうですが)
 
その辺のところは、『黄金を抱いて翔べ!』にも、似たような状況がありましたが
深刻な重さでなく、温かな気持ちが残るのが良かったと思います。
 
親指である父親には、あとで、後悔しないように、しっかり
家族とつながっていて欲しいと、思いますよ……
 
そういえば、姉妹の妹のほうが、詐欺行為実行中に
テキにつっこまれそうになったとき、
テツの娘だと出まかせを言って、その場を取り繕うシーンがありましたが
アレは、ほのめかしてたんですね。
気づかなかったぁ……^^;
 
 
 
▼▼ネタバレ後免▼▼
 
 
これは、まっさらな状態で観るほうがいいと思うので、ここまで。
 
このたびは、村上ショージさん絶賛です☆
 
村上ショージさんは、お笑いだけでなく、
ほかの作品でも観たいな〜と思っています(*^_^*)
 

この記事に

開くトラックバック(14)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事