ここから本文です

書庫全体表示

 
イメージ 1
 
 
 
母を誘って、エル・グレコ展に行ってまいりました。
(詳細は公式HPを参照くださいませ)
 
各地から、お借りして、一堂に展示するのですから
とても貴重な機会です。
 
 
べネチア領だったクレタ島(ギリシア)に生まれ、イタリア、スペインと移り
スペインの古都トレドで生涯を終えました。
エル・グレコとは“ギリシャ人”という、呼び名のようなもの。
(本名:ドメニコス・テオトコプーロスさん、では長いからでしょうか^^;
 
ちなみに、古都トレドの記事です。
 
 
トレドに旅したときに、直に観た作品を
展覧会で観られるのも、感慨深いものですが
オルガス伯爵の埋葬は、残念ながら展示されていませんでした…orz
 
 
 
 
 
やはり目玉は
 
                               ☆『無原罪の御宿り』☆
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
3mほどの大きな縦画面に、縦長の人物像。
神々しさに、圧倒されます!!!!!
コピーにありますが“1度みたら、忘れられない”(>_<)というのは、ピッタリです☆
 
マリア像の周りを飾る絵もいいですね。
バラや白百合、蛇などの象徴的な意匠だけでなく
さりげなく、トレドの街を描いているのが、“地元感”があります。
(蛇は、右下で、クネクネしています)
 
 
せっかくなので
そのデザインの箱に入ったチョコレートを購入しました。
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
                            ちょっと縦のラインを強調して添付してみました.........^^;
 
 
.

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事