ここから本文です
**☆(yutake☆イヴのモノローグ(ヤフ))☆**
登録リンク・TBご自由にどうぞ。ダメな時FC2へ/予約投稿あれば夜8時だョ!(^^)/

書庫全体表示

イメージ 1
 
あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
 
 
モネの連作『つみわら』シリーズをネタに、贋作を売りつけようって、魂胆です^^;
 
 
主犯は、コリン・ファース
助演は、キャメロン・ディアス
贋作画家は、トム・コートネイ
ターゲットは、アラン・リックマン
 
泥棒貴族』のリメイクだそうですが、別の設定です。
モネの絵での詐欺モノ♪ ということで
とてもとても、楽しみにしていました☆(世間の評判は横目に(_)!!
 
 
魅力は、キャメロン・ディアスのカウガール姿です。
これは、相当、イケてるでしょう?
カントリーガールもさばさばして、気持ち良いけれど
ドレスアップしても、ゴージャスに映えるのが、キャメロン☆
 
 
うまくダマすわよ〜と、ギャンブルチックな勝負ゴトには、キャメロンはピッタリ☆
ベガスの恋に勝つルールでも、ギャンブルOK!勝負カモ〜ン☆の雰囲気全開が、
とても魅力的でした☆
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
キャメロン
髪型とハットが絶妙に
似合ってると思う♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オープニングのミニ詐欺アニメは、簡潔で、テンポ良く、
本シーンの特徴をかいつまんでいて、面白かった☆
 
 
そして、序盤に、物事をイイほうに考えがちだという、主犯コリン
想像上の予定も、サクサク、面白かった。
ああなるはずだったんです…….
 
 
しかし、予想通りには行ってくれなくて、主犯コリンのダメダメ部分を、見せながら
詐欺は失敗か……と言うと
そういうわけでもなかったという、一応、メデタシな落着です。
 
 
ですが、▼以下は、作品を楽しまれた方には、スルー願います。
ゴメンナサイな雑感となります。(1個人の感想ですので、なにぶん)
 
 
 
▼▼▼
 
 
面白い要素は、次々あるのです。
 
 
“崖っぷちの男“になったコリンが、下着姿になってしまったり
アラン・リックマンに至っては、ダビデ像も真っ青(_)!!というお姿もあり……^^;
 
 
けれど、今ひとつ、突き抜けてくれなかったのです……orz
 
 
コリンの面白みは、面白みであるのですが、多分、品格が邪魔しているのかも….
3枚目コリンを生かすには、主役ででなく、
脇で効かすほうが、効果的な面白みなのではないかな〜と。               (個人の意見ですので)
 
 
こんな感じは、 王子と踊子でも感じたのと似ています。
これは、ローレンス・オリビエが、マリリン・モンローと共演したのですが
脚本は、とてもよく出来ていると思いながらも
ローレンス監督の気品というか、端正すぎるのか、お行儀良すぎるかな……
などと思ったのです。
(生意気スミマセン。個人の感想です^^;
 
 
とすると、やはり、キッチリ仕組んでいるウッディ・アレンは、
知的な匂いをさせながらも
ためらわずに突き抜けてるんだな……^^;なんて……
 
 
個人的には、コリン・ファースには、
ズボンは、履いててほしいというか^^;
ちょっとユーモアがあるくらいの紳士でいてほしい、との願望もあり(*^_^*)
 
 
 
▼▼▼
 
 
光の時間的変化を描こうとして、連作になっているという
モネの『つみわら』。
 
 
劇中の絵は、作品用に、モネっぽく作ったのだそうです。
贋作でなく、創作 ^^;
 
 
この絵は、“わら“よりも、光の移り変わりが、テーマだから
カップケーキのような“積みわら”そのものは、真似しやすそうです………
 
                                
 
                        本物も、こんな感じ↓
 
イメージ 3
 
 
 
原題は『GAMBIT』。
アレは“捨て駒”で、本命はどこだ?という楽しみ方が暗示されてそうですが
この『モネ・ゲーム』という邦題は、素晴らしい!と思います。
これで、観る気、そそられますもん♪
 
 
 
PS:日本人のシーンは、もうちょっと、紳士的な雰囲気あるほうが良かった(_)!!
 
 
.

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事