ここから本文です
**☆(yutake☆イヴのモノローグ(ヤフ))☆**
登録リンク・TBご自由にどうぞ。ダメな時FC2へ/予約投稿あれば夜8時だョ!(^^)/

書庫全体表示


イメージ 1
 
あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
 
 
シルベスタ・スタローンアーノルド・シュワルツェネッガー
この2人が、脱獄モノをやると聞いたら、
もう、観たくて観たくて、ウズウズ…^^;
 
 
▼〜▼結末はぼかして雑感です。
▼▼▼
 
凶悪犯の脱獄は、応援できませんが
今回は、スタローンが、罠にはまってしまったと言う設定。
そして、シュワルツェネッガーは、囚人なのですが
どこか、ワケアリな感じ……
 
ともかく、予告編で、かなり見せているので
この2人の監獄は、巨大な船ということは、わかっちゃっています(>_<)
穴を掘って出ると言うのは、ムリ…
 
もう、脱獄、無理ダロー!(―_―)!!
と思わせるのは、船上に出たスタローンの虚無感で、思い知らされます。
が、そこからなんですね!
 
海はダメだから、何事もなかったように、監房に戻りますが^^;
コレがダメと思っても、いつでも、プランBを用意する――
すぐに次の手を考えて、攻めていく。
それが好き!
すぐに投げないで、切り替えしうまく、貪欲に生きる!
 
スタローンとシュワルツェネッガーが
ほかの“お友達”も巻き込んで、地道に、
かつ果敢に!“アリの一穴“を、捜していきます。
 
 さて、手始めに、二人のアクション(殴り合い?^^;)を見るのは
二人が、ひと芝居打つための殴り合いですので、
“お通し“みたいなもんです^^;
ワイルドな肉体派は健在☆というのを、堪能☆
 
プリズンブレイクは、いざというときは体力勝負ですが
そこに、至るまでは、頭脳戦。
スタローンは、前座の“ひとりプリズン・ブレイク”も、
鮮やかに、気持ちよく見せてくれます♪
(あんなにうまく行くのか〜^^;?行くのよ〜(^_-)-☆)
 
一方、今回の適役〜所長:ジム・カヴィーゼルも、
クールに冷酷に、包囲してきます。
ジム所長は、ワケあって、スタローンを執拗にいびります。
(ジムは、心の清らかな役柄が合ってると思っていますが、
クールな嫌味も、ナカナカ…^^;)
 
心を萎えさせる作戦で、痛めつけます(>_<)
スタローンも、60代なんだから、死んでしまうよ〜(>_<)
けれど、それを、ご同輩:シュワちゃんが支えてくれます。
心強いゾ!シュワちゃん!
(……このときのシュワちゃんは、ターミネーターなシュワちゃんではなくて
優しさが、溢れてましたね……。)
 
この2人は、下手したら、“ご老体“と呼ばれそうな二人ですよ。
でもでも、この2人には、もう年だ……なんてことを感じたくない。
そして、それに、応えてくれてるのが嬉しい☆
年齢不詳で、行ってくれ〜!!\(^o^)/
 
そして、船の上から、どう脱出するのか!?
 
……作戦は、そのときに、しようと思ったのでは遅いってことですね^^;
仕込みがすべて☆
 
そして、なるほど〜と思いつつ
危機には、シュワちゃんが、いえ、シュワ様が、カッコよく、
ガンガン撃ちこんでくれます!\(^o^)/
 
 
▼▼▼
 
 
2人の大ベテランが、肉迫の演技を魅せてくれました☆
 
『大脱出』
閉塞感ある方には(自分含む)
不可能からの脱出は、痛快ですよ♪

開くトラックバック(10)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事