ここから本文です
**☆(yutake☆イヴのモノローグ(ヤフ))☆**
登録リンク・TBご自由にどうぞ。ダメな時FC2へ/予約投稿あれば夜8時だョ!(^^)/

書庫全体表示

 
イメージ 1
 
 
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
 
 
トム・クランシー原作のジャック・ライアンシリーズの最新作、なんだそうです
 
映画化の例
ライアンよりも、潜水艦の館長のほうが、主役だったか^^;
(館長:ショーン・コネリー
ライアンは、ベン・アフレック
 
 
〜ああ、あれか〜と言う感じですが
話がつながっているわけではなく、今作は、オリジナルだそうなので
過去のしがらみなく、楽しめます。          ←私は、とても楽しめました☆
 
 
▼〜▼内容にふれて、さらっと雑感です。(結末ふれず)
 
 
▼▼▼
 
 
今回のライアンは、
Black&White』でも、CIA捜査官を演じていた、クリス・パイン
あのときは、楽しく、ドンパチしてました。^^;
 
 
今回は、ドンパチよりも、“調査”中の“危険回避”、と言う感じなので
ド派手ではありませんが^^;
エージェントに成りたてのライアンの、初々しい第一作☆ということでは、OKです。
学生→海兵隊→博士課程→CIA…という経歴です。(文武両道か(*^_^*)
 
 
CIA分析官の潜入捜査として
ウオール街で、“不審なお金の流れ”を、さぐります。
……でも、ここは、PC作業なので、地味^^;
 
 
やがて
石油がらみで、アメリカに不利にさせられたロシアの企業が、
アメリカ経済ひいては、世界経済を破綻させるべく、画策してそうで
しかも、直前に、テロ行為もありそう……(>_<)どこで??
 
 
と言うことがわかり
ライアンが、誰かをモスクワに送ったほうがいい、と上司に言うと
じゃ、お前が行け!ということになります。
ライアンの活躍の始まりです!
 
 
不意に襲われて、殺されそうになったり
時間に追われて、秘密裏に、作業したり
ハラハラさせられるのが、楽しい☆
それと、スパイならではの、出来すぎの連携プレイが、
サクサク進むのも、気持ちよい☆
 
 
そして、
テロの件が、明らかになっていったあと、体を張って阻止しようとするライアン!
車を使ってのスピーディなクライマックスは、良かったです。
(超ド派手ではないけれど、まずまず(*^_^*)
 
 
上司のケビン・コスナー、恋人のキーラ・ナイトレイらも、脇を固めて、
安定感あり、華ありでした☆
 
 
 
▼▼▼
 
 
ケネス・ブラナー監督は、アクションと言っても、上品なので
規定通りに、お皿に盛りつけた感じ。(外れてはいないと思う)
 
 
巷の評価には、キビしいものもありますが(>_<)
クリス・パイン『エージェント:ライアン』の誕生☆としては、
いいテンポで、面白かったです。
 
 
彼は、イイ意味で、キャラとして濃すぎず
肉体派オンリーでもなく
陰をひきずる暗さもなく
眉にキリリとした意志の強さもあって、
彼らしいライアンが、今後、出来ていきそうな気がします♪
 
 
シリーズ化しての、パワーアップを、かなり、期待☆
個人的には、次作以降、もっと、大きくブレて
(お皿からはみ出して!)いってくれてもOKです(*^_^*)
 
 
 
 
                                                                                    

開くトラックバック(9)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事