ここから本文です

書庫全体表示

 
山形交響楽団 第237回定期演奏会に行ってまいりました。
 
 
イメージ 1
 
ナポレオンに寄せる頌歌」
・シューベルトの交響曲『未完成』
・ベートーベンの交響曲『英雄』
これらは、比較的、ポピュラーで人気の楽曲だと思われますが
 
・ドヴィエンヌの『フルート協奏曲 第7番 ホ短調』
 
フルート協奏曲は、あまり聴いていなかったので、楽しみにしていました♪
 
 
ドヴィエンヌのこと→ココ
  
彼は、モーツァルトより、3歳年下。(同じ世代)
パリ音楽院で、フルート教授を務めたそうです。
フルート協奏曲12作の中の1作。
超絶技巧とも称されている作品で、ソリストの名人芸を、
オーケストラをバックに堪能する、と言うタイプの逸品♪
 
 
イメージ 2
                          超絶技巧フルート協奏曲集(アラン・マリオン)
 
 
ドヴィエンヌは、ほかにも、ファゴット協奏曲も書かれているようですが
自分の得意とする楽器で、協奏曲を書いたのでしょうね。
 
曲調は、説明しにくいのですが、モーツァルトっぽいです。
(「フランスのモーツァルト」とも言われるそうです。)
お食事のときに聴いても、いい感じです♪
 
 
演奏会では、南部やすかさんが、フルート演奏されました。
 
 
「さくらんぼコンサート」として、東京や大阪でも、演奏されるそうです♪
 
 
山響のHPです。http://www.yamakyo.or.jp/
 
 
 
   

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事