ここから本文です
**☆(yutake☆イヴのモノローグ(ヤフ))☆**
登録リンク・TBご自由にどうぞ。ダメな時FC2へ/予約投稿あれば夜8時だョ!(^^)/

書庫全体表示

イメージ 1
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


主演:リーアム・ニーソン(=ジミー)
息子:ジョエル・キナマン(=マイク)
親友?:エド・ハリス(=ショーン)

96時間』シリーズでは、娘を命がけで守るパパでしたが
今回は、堅気の息子を、マフィアから守るオヤジです♪


いずれも、アットホームな父でなく、別居・絶縁状態の淋しい父ですが
リーアムの品格のためか、ダメ親父の設定でも
堕ちるところまで堕ちた、ボロボロ感は無く
追われるスリルをメインに、ドキドキ楽しめます\(^o^)/


マフィアの親分のボンボンが、まいたタネで、
巻き添えを食って、殺されそうになった息子を救うために
ボンボンを射殺した、リーアム親父さん。


親友であっても、息子を殺された、マフィアボスは、リーアム親子を殺そうと
子分と買収した警察と、さらに殺し屋投入して、追いまくります。
今夜一晩、逃げ切れ!
なぜ、今宵一夜なのか……


▼〜▼ 内容にふれて雑感です。

▼▼▼


1、取引現場の緊張感(>_<)


作品のスリルは、親子が逃げまわる、“鬼ごっこ”的な部分だけではありません。


私は、マフィアが怖い(>_<)
彼らは、ビジネスライクなことを言いますが
仁義がないからか、信用できないのです(>_<)


マフィアのボンが、親父さんの意向に添わない“ビジネス“で失敗して、
相手のマフィアと険悪になったときが、怖かった〜(>_<)
相手は、笑っていても、取引成立しないことを恨んで
殺しも辞さない雰囲気、ありあり!


きっと、ボンは消されるゥ〜(>_<)と思ったら
ボンのほうが、先に、テキを消した……….


2.息子マイク〜ジョエル・キナマン


息子マイクは、“取引現場“に、客を乗せてきた運転手というだけなのに
ボンに、消されそうになる。
危機一髪で、リーアム親父さんが、ボンを射殺してくれたおかげで
一命をとりとめる息子。


この息子が、いかにも、硬派でいいんですよォ〜♪


ロボコップ』のときも、ルックス良しボディも良し♪でしたが
今回は、“生身“で、逃げまくってくれます(*^_^*)
今後のアクション作品にも期待です。


3.一線を越える、エド&リーアム!


親戚よりも、優先して尽くしてきたという、ジミー。
一線を越えるときは一緒だ――とは、なんとも硬い友情を感じさせる二人。


が、まさか、親友にボンを殺されるとは!と思う、エド・ハリス。
親友のボンが、息子を殺そうとしたんだから…と思う、リーアム。


息子は、親戚レベルとは違いますから
父としては、理由はなんであれ、息子のために死をもいとわない。
まさに、オス同士の戦い。


この二人が惹きつける、画面の吸引力は、ご覧くださいませ。
結果は、当然ながら、リーアム生き残ります^^;
でも、ホッとしてはいけない。
アノ人の存在が……(汗)
ドキドキは続く......


▼▼▼


一晩逃げ切ればOK――というのには、ワケがありました。
(メキシコ国境まで逃げ切る、というのとは違う)


それは、リーアム親父さんの、父としての覚悟でもありました。
ラストは、なんとなく、オヤジの美学を感じますが
それがイイ☆



 







開くトラックバック(7)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事