ここから本文です
**☆(yutake☆イヴのモノローグ(ヤフ))☆**
登録リンク・TBご自由にどうぞ。ダメな時FC2へ/予約投稿あれば夜8時だョ!(^^)/

書庫全体表示

イメージ 1
 
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
 

♪ダダンーダンーダダン♪のリズムと
シュワルツェネッガーご本人登場!で、楽しみにしていました!!!
 

機械(スカイネット)が支配する近未来に
抵抗する人間のリーダー:ジョン・コナー。
 

邪魔なジョンが誕生しなければいい、との機械の発想で
ジョンの母サラを抹殺すべく(←コレがすごい発想(_)!!
未来からターミネーターが送り込まれたのが、1984年☆
 

↑コレは、衝撃的に怖かった!
機械が、部品になっても、這ってでも、殺しにくるなんて!!
 

この、しつこく殺しに来る!という恐怖を楽しみつつ^^;
それに打ち克つのが、作品の醍醐味だとしたら
本作は、ソコを存分に魅せてくれた面白さでした!
 

このシリーズは、時間を、行きつ戻りつしたり
ターミネーター・シュワちゃんが、敵になったり味方になったりで
わからなくなってしまう傾向もありますが(汗)
今回は、さらに、時間軸がズレた?という……
(新たなクロニクルと思えば^^;
 

なので、細かいツジツマ合わせは、したいときだけすればよく^^;
〜〜ターミネーター・シュワちゃんが、サラ・コナーを守っている☆〜〜
それだけで、十分に楽しみました☆!
 
 

▼〜▼ 内容(ネタ)にふれて雑感です。
 

▼▼▼
 

1、形状記憶合金?のようなT-1000
 

ターミネーター2』で出た、液体金属のターミネーター、再出。
怖いけど、懐かし〜。
イ・ビョンホンさんのクールな感じが、合ってる^^;
アノ金属が、刺さるかも!(>_<)というスリルは、ラストまで引っ張ってくれるのがイイ。
 
 
2、カイル・リースのこと
 

カイルとサラが結ばれて、ジョンが生まれる――
というシンプルなことですが
時間が戻ったり進んだりするので、困ってしまうんですよ(汗)
 

ターミネーター4』では、マーカスという人が
少年のカイルと出会いましたね。
 

今回のカイルは、少年のとき、成人のジョンに助けられるエピソードがあり
成人になってから、少年のカイル(自分?)に逢う。
↑時間軸がズレたらしいので、話は、どうにでもなりそうで
頭の中も、どうにかなりそう……orz
 

3、今回のジョン・コナーは……(↓ネタバレ要反転)
 

そもそも、“ジョンが救世主“ということが大前提だったはずが、大転換!
敵に襲われて、ターミネーター化してしまったので
サラが、ジョンと戦うことになります!(>_<)
 
↑ドンパチだけだと、第一作目のような状況で、懐かしくもあるのですが
あのとき、命がけで守ったジョンと戦うなんて……orz
時間軸のズレって、どうなの??(T_T)
 
 


▼▼▼
 
 
『ターミネーター2』では、切ない終わり方をしたシュワ・ターミネーターでしたが
今回は、その手があったか!という希望に満ちた顛末あり。(オット!)
 

「古くてもオンボロではない」という、シュワ・ターミネーター☆
やはり、シュワちゃんがいてこそのシリーズ。
続編の時間軸にも、ついていきますよ(^_-)-
 

I’ll be back!」は、不滅です。(^_-)-
 






<a href="https://www.blogmura.com/point/01207301.html"><img src="

<div id='inner_space'></div><script type='text/javascript' src='https://blogparts.blogmura.com/pts/js/parts_view.js'; charset='UTF-8'></script><script type='text/javascript'>parts(1207301,"FFFFFF","200","001eff",600000,"23","7034","outrank","http://blogs.yahoo.co.jp/yutake2415", 2, 0, "F7F7F7", "001eff");</script>







開くトラックバック(11)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事