ここから本文です

書庫全体表示

    

イメージ 1

      

↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
 
ナンシー・マイヤーズ監督
・ベン      :ロバート・デ・ニーロ
・ジュールズ  : アン・ハサウェイ
 

バリバリの、美ミセス社長のもとに
やもめシニアのインターンが、配属された――



↑この”老若男女”の設定は、一見
シニア男性の、第2の仕事人生捜しがメインかと思いましたが

傍目には、シャキシャキしたミセス社長が

彼に、助けられ、救われていく話でした。



ナンシー監督作品は、小気味よく、共感できるので
好きです♪



上司と部下の関係で、ドタバタしますが
会社/仕事の向こうにある、ミセス社長:ジュールズの生活の“悩ましさ“は

ママ友も含め、思い当たるフシもあり

生々しく、共感いたしました……汗。



そして、ベンことロバート・デ・ニーロの底の厚い包容力が
ハンパなくすばらしい!(安心して乗っかって見ていられる感じ)

あんな方が、

友人として、側にいてくれたらいいなぁ……



▼〜▼ 以下、内容にふれて雑感です。




▼▼▼



1.シニア世代の方☆



退職してから、することが見つからないと嘆くわが父を

思い出してしまうのが

退職後のベンが、充実した時間を捜している、序盤のシーン。



機械を含む、新しいことへのチャレンジは
父にはムリそうなので、ベンの意気込みには

応援したくなります。



ジュールズの会社のインターン応募は
シニアでも、you tubeへのアップとは!

しかし、頼もしく、さくっとこなすベン☆



若くても、どこか上から目線な面接も、クリアしたベンは
若い人と机を並べます♪



若い人は、今の自分が、旬でサイコーと思っているかもしれないけれど
シニア世代は、もっと最古―ッ!いや、サイコーなものを知っていたりする。

気さくだけど、スーツと“ハンカチ“にはこだわるベンのダンディズムに

今の若いモンが、魅了されていくのも、素敵☆



ついでに言うと、
シニア世代には、オバサマもいる。

大人の女性ムンムンのマッサージ師の女性☆

ベンだけでなく、私も憧れますヮ(*^_^*)
 
 
2.Mrs.キャリアウーマン
 

仕事と家庭の両立――などと言いますが
私は、ムリでした……orz
うまくやっているつもりでも、所詮は、“つもり”でした……(T_T)
 

“主夫“になってくれたジュールズの夫は、
家事や、幼い娘の面倒を看てくれて、
ジュールズには、“理想的”に思えます。
 

………………
娘は、“友達のママ“のようであってほしいと、
実は、思っているかもしれないし……
あるいは
夫には仕事を続けて欲しかったと
実は、自分が思っていたかもしれないし……
 

そうこうして、“主夫“のムリが祟ったのか
夫には、重大な秘密のあることが発覚!!
(要反転→   浮気!    )
 
 
3.大切な友人☆
 

そんな夫のコト(汗)や、実母との事件!(滝汗)が
ジュールズを襲います。(>_<)
 

実母への不満・悪口を、誤って、本人に誤送信してしまった!
どうする……(>_<)
そんなとき
実母宅に侵入し、パソコンメールを削除するという危険を
率先して、果敢にアタックしてくれたのが、ベン♪
これは、ヒヤヒヤものでしたが、楽しかった!
 

改めて思ったのは、
家族は確かに、一番近い存在ではあるけれど
他人とは、別の距離のあるものでもある……
その家族と、イイ関係でいるためには
もしかしたら、家族以上に信頼できる“大切な友人”が
人には必要なんだ!ということです。
 

何でも手に入れたかもしれない人でも
いや、そういう人ほど
そんな“大切な友人”は、なかなか得難いかもしれないナ……
 

仕事や家庭を含めて、今一度、岐路に立ったジュールズが
助言を求めたのは、ベン。
インターンとしてでなく、"大切な友人"として。
それは、人生を預けるほどの信頼を
寄せているということですよね!
 
 
▼▼▼
 
 
“老若男女“(性・年齢)の違いはあっても、
ジュールズは、ベンの温かく深い友情に、助けられました☆
この関係は、羨ましい〜(*^_^*)
 

それと、女性(の涙)のために、
いつでもハンカチを持ち合わせるという、ベンのダンディズム☆好き!(^_-)-









<a href="https://www.blogmura.com/point/01207301.html"><img src="

<div id='inner_space'></div><script type='text/javascript' src='https://blogparts.blogmura.com/pts/js/parts_view.js'; charset='UTF-8'></script><script type='text/javascript'>parts(1207301,"FFFFFF","200","001eff",600000,"23","7034","outrank","http://blogs.yahoo.co.jp/yutake2415", 2, 0, "F7F7F7", "001eff");</script>















 

開くトラックバック(10)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事