ここから本文です
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
登録リンク・TBご自由にどうぞ。ダメな時FC2へ。コメント感謝です。そろそろ閉じますね。予約投稿も。私も映画他楽しむだけ(^^)

書庫全体表示

イメージ 1


 
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
 
・息子:堺雅人
・父:鮎川誠   〜一見、親子に見えない(^^♪
 
わけありの父と子が、山奥の別荘で
ジャージを着て、夏を過ごす――

殺人事件が起こるわけでなく、なんてことない作風ですが
逆に、落としどころが気になりつつ
堺さんの吸引力で、見入った作品です。
 
なんてことない、と言いつつ、別荘は、現実逃避的でもあります。
なんてことなさそうでも、親子とも問題を抱えていて
特に、息子は、妻との関係で、一石を投じます。
 
鮎川さんの「せば」以上に、口癖の「なんか、こう……」が
作品をよく表しています。
言えそうでうまく言えない、空気感そのもの…
 
▼〜▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼
 
ジャージは、祖母が、小学校のジャージを集めたもの。
別荘で過ごすには、ラフでよさそう。
非日常感も、高まる。
 
わけありの嫁も、泊りに来て、
一時、“ジャージの3人“にもなる。
父は、嫁が、持参したジャージを着るのを残念がるが
案外、これが、意味深に、功を奏する。
 
あとで、妹が来たとき、嫁のジャージが置いてあるのがわかる。
また、来年来る可能性か?
それまで、夫とうまく続きそうか?との期待あり。
(もう着ないから置いてったーというのも無くはないが…)
 
妻が不倫相手と別れたと思ったら、まだ続いていた――
息子が抱える問題だ。
不倫するほうが悪いけれど
その原因は、夫にあるかもしれない…(詳細不明)
(仕事を辞めたのも、不倫と関係あるかも不明)
 
夫婦の不和は、ココが悪い!と割り切れない部分もある。(汗)
なんかこう……という不満が、
徐々に、ズレを大きくすることもある。(滝汗)
 
愛と憎しみが、激しく入り乱れ、矛盾した感情は
矛盾した行動に走らせることも……
 
妻が不倫相手と撮ったプリクラを、妻から取り上げ
ずっと財布にしまっていた夫。
奪われたくなかった妻は、恨んだだろう。
そのプリクラを心の支えに、
夫との生活に、平常を保とうとしていたかもしれないし( 一一)
 
夫も、腹立たしいプリクラを、いつまでも持ってたりして
妻への愛と憎しみを、増幅させてた??
そうすればするほど、自分も苦しいのに………orz
 
だから、妹とのひょんな戯れに、
プリクラを見られまいと、水辺に落としたのはむしろよかった。
日常を平常心で暮らすには、“和”の心が必要☆
 
ジャージに縫い込まれた小学校名がキモ。
“和小”
私は、かつて埼玉県民だったときの知事が
“畑和”さんですから(^^♪
当然のように、“やわら小“と読みましたよ。
 
なごみ小でもいいな……と思っていたら
かのう小でした。
“かのう“は、”叶う”にも“可能”にも通じるので
イイ感じに終わります。
 
▼▼▼
 
山の別荘は、携帯電話もつながりにくく(>_<)
日常から離れるには良さそうです。
 
なのに、つながる場所を探してしまうのは
緊急用だけでなく
(誰かと)つながっている安心感が欲しいのか.・・・
 
とはいえ、ラストは、堺さんが
“ジャージの一人“でキメル、というのは、なんかこう………(^^♪
 
(記憶曖昧ご容赦)
 

FC2ブログ→コチラ
(ヤフーブログ以外の方はこちらにTBしてください)
 




この記事に

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事