ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

 
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください
 
・弁護士 重盛 : 福山雅治
・殺人犯 三隅 : 役所広司
 
裁判モノは、真相を知りたい!と、ワクワクさせられます。
今作も、それに期待しつつ、見どころは
法廷よりも、被告(犯人)と弁護士との“接見”。
 
そして、“真相”を明らかに――という、
“理想”とともにあるのが、“正義”。
そして“罰“――
それらは、とても興味深いもので、
引き込まれていきました。
 
三隅は、元雇用主の社長殺しを自供した――
ソレ以外の、あるいはソレ以上の、何がわかったのか……!?
 

▼〜▼ネタバレして雑談です。 解釈違うときスミマセン
▼▼▼
 
裁判は、勝つか負けるかなので
真相は、どうでもよさげな弁護団。( 一一)
殺人の自供はしたが、接見するたびに、話が変わる三隅に対し
重盛は、落としどころとして
“死刑”回避の路線で、弁護を進めることにする。
 
話が、二転三転するのは
何かを、隠しているムードあり……
三隅の人当たりいいムードは、それが自分のタメでなく
誰かのタメ?という優しさか……
 

▽▽▽(要反転)思い込みスミマセン
 

三隅は、殺した社長の娘:咲江を、自分の娘に重ねていたようで
親身になっていたらしい。
その咲江は、実父から、性的虐待を受けていたことを
三隅に、話したという。
同情が高じて、殺害したーという線もあり。
(同情には、咲江と男女の関係までもあり?と思うのは
下衆の勘ぐりでしょう……)
 
社長は、食品偽装もしていたといい
“正義感“から、殺したーというのもありそう。
 
社長の妻に対しては
三隅が、自分との不倫をでっち上げただけでなく
保険金狙いで、夫殺しを依頼されたーとも言いだす。
三隅の罪逃れ?というより
娘の虐待を、放置していた母親への制裁ーという感もあり。
 
それで、主犯が社長の妻?という疑惑が浮上するも
裁判は、そのまま、辻褄合わせのように続行されることになった。
 
裁判は、真実を語れない場だと悟った咲江が
証言台で“証言“したことは、真実ではない、とわかる。
三隅が、重盛に、「あの子は嘘つきなんですよ」と言ったのも
咲江を、かばえばこそのことだろう……
もしも、“重要なこと”を、咲江が話したとしても、
それは、虚言だと思わせることができる……
 
そして、ついに三隅は、とどめに?
自分は、殺人現場の河川敷には行っていず
殺してもいない、と自供を覆した。
 
それは、誰かに罪を負わせるだめでなく
自白〜死刑回避 の流れだったものを覆すことで
自分を、死刑にさせるためだったのか??
(三度目の殺人?)
 
虐待という憎悪があれば、咲江が、殺してもおかしくはない。
“怨恨”であれば、情状酌量もある。
 
けれど、三隅は、虐待の事実も伏せ
“真相“が、暴かれることを拒み
あの世まで、秘密を、もっていこうとしたように思う。
 

▽▽▽
▼▼▼
 
 
“真相”を暴いて、罰せられるべき者が罰せられるのが、理想ですが
“真相”の刃の前に、傷つかなくてもいい人が
傷ついてしまう――というのも、やるせないもの。
 
本当はどうなの!!と
もどかしく、思いながら(そこは忖度!)
そんな余韻も、ニクイ……
罰せられるべき者が、罰せられたなら、それでいっか――(オット!)
 
 
FC2ブログ→コチラ
(ヤフーブログ以外の方はこちらにTBしてください)
 




 


(http://blogram.jp/users/analyze/?uid=165128)

この記事に

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事