ここから本文です
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
登録リンク・TBご自由にどうぞ。ダメな時FC2へ。予約投稿あれば20時だョ!(^^)/コメ感謝です。またね(^^)/

書庫全体表示

イメージ 1

 
 
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
・原作:東野圭吾
・監督:三池崇史
・教授: 櫻井翔
 
二つの温泉場(屋外)で、遺体が見つかる。
死因は、硫化水素中毒。
意図的な中毒状態は「ありえない」と、教授は判断するが
“広瀬すず”さん(ラプラスの魔女)の出現で、起こりうる“可能性“を知る――
 
ナニがどうなっているのか知りたくて、うずうず。
鑑賞を、楽しみにしていました☆
 
ラプラスさんの確率や関数は、わからなくても大丈夫。(^^)/
足し算としては、ぞろぞろ、人物は出てきます。(^^♪
ですが、結末は“割り切れない”感じに……(~_~メ)
 
▼〜▼ ネタバレして雑談です。
▼▼▼
 
二人の死者は、“怨恨”の線でつながります。
どうも、トヨエツさん(映画監督)の家族がらみで
トヨエツさんが、復讐したのでは――となってくる。
しかし、ソレでは普通すぎる。
この作品の“割り切れなさ”は、そのあと。
福士蒼汰さんが、“代入“されていきます。(^^)/
 
▽要反転▽↓
 
映画『サバ―ビコン』のような、家族への“不愉快な行為”を
ここでも味わうとは!(>_<)
 
1つは、広瀬すずさんの件。
父から手術を受け、ラプラスの言う“事象の予測”が可能となった。
(ラプラスの魔女)
けれど、研究対象の彼女は、父からの監禁状態にあって
教授と逢えたのも、脱走したから。
 
親子であっても、研究の前には、自然な愛が
ないがしろにされてしまうのが、イヤ……orz
 
父:リリー・フランキーさんの、優しそうな冷たさが絶妙☆
この人のこの雰囲気は、唯一無二かと。
 
それに劣らないのが、トヨエツ:パパ。(映画監督)
彼は、こだわりの情熱的芸術家タイプが絶品!
 
彼は、映画へのこだわりで、自分の家族を不幸に叩き落す…( 一一)
(母と妹はソレで死に、生き残った息子が、福士さん♪)
 
一命をとりとめた福士さんは、リリー・フランキー医師から
“ラプラスの悪魔化“手術を受ける。
父が、家族の殺人を依頼した二人を、
“予測“を駆使し、硫化水素で殺した。(復讐)
 
その後、そんなこんなで、“本当の悪魔“が憑依したようなトヨエツが
息子を殺そうとする。(>_<)
映画芸術の高みのためとか、ナントカ……( 一一)
 
↑ナニ言ってんだか…と思いますが
トヨエツのイカレッぷりは、三池監督の真骨頂かも。(汗)
 
見ようによっては、この手のタイプは
『地獄変』の絵師:良秀ですね。
子供さえ、自分の芸術の餌食にする……orz
価値観が、わが子より仕事(芸術)。
↑コレは大なり小なり、ほかの人にも……?(汗)
いやいや、命を奪うのは、ダメでしょ!
親の愛に裏切られることほど、
悲しいことはないでしょ、子供には…orz
 
▽▽▽
▼▼▼
 
そーゆーことだったのか〜と、スッキリした半面
割り切れない虚しさで、心寒い……
温泉に入って、温まりたい感じで〜す。(^^)/
 
FC2ブログ→コチラ
(ヤフーブログ以外の方はこちらにTBしてください)
 

この記事に

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事