ここから本文です
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
登録リンク・TBご自由にどうぞ。ダメな時FC2へ。ジュリーの余韻中まだ続く(^^♪

書庫全体表示

記事検索
検索

全665ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


https://youtu.be/tREU5pACjig
共有させていただきました。ありがとうございます。

イメージ 1


那須ハイランドパークで見た
ピンクのキャデラック!(写真下手っぴです。(^^♪)
(うちの近くの路地裏は曲がれない……)イメージ 2
 


『Pink Cadillac』 は、ナタリー・コールさんのが
耳なじみです♪
 



♪私の愛は、Hondaよりスバルより大きい――(歌詞引用)
とありますが……

ちなみに、日産は?
日産ブルーバードは?    ピンクでなくて、ブルーですが…
 

ジュリーつながり:ムリやりですが(汗)
「ブルーバード、お前の時代だ」
というのもあったナ〜と。
 

 









この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1


かほ鳥の声も聞きしに通ふやと 繁みを分けて今日ぞ尋ぬる
お菓子の袋にあったのは、の歌。

(ジュリーのコンサート以降、その世界観に見入り
光源氏や天草四郎とも一体化した世界で、迷っております。
雅な夢うつつで、多幸感なんですが.....(^^♪
今日は、光源氏でなく、薫くん♪)


薫さんが、好きな人に似てそうな女(浮舟)を見つけて
言い寄った歌だったと思います。(違うときスミマセン)

繁みを分けて―――というと
わざわざ、あなた狙いで参りました!という感じですが
そのとき、たまたま見かけたのだったような.....

たまたま?それを運命というのでしょうか....
運命の道が、開かれたということでしょうか...

いずれにせよ
想いの矢が向かうのは、トキメク!

それが、苦悩の恋であったとしても......

(↑色々違うときスミマセン)








この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

 
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
 
新シリーズ3作目。  ・前作→コチラ 
面白いと聞いて、鑑賞しました!☆
 
南北戦争での黒人奴隷さん、出エジプトでのユダヤ人さんに、
猿たちの立場を、なぞらえているようでした。
虐げられる猿のリーダー:シーザーに、味方しながら見ていますが
戦いの中、守るとか助けるとかいうことの“意味“も
かみしめる気がします。
 

▼〜▼内容にふれて雑談です。
▼▼▼
 
大スジは、シーザーが
1:大佐の軍に、妻と長男を殺され、復讐心に燃え、大佐のもとへ向かう
2:大佐のもとに囚われた猿たちを、脱出させる。(←ハラハラ!(>_<))
 

聖戦なる“戦い”は、敵から愛する仲間を守る、という大義を持ちつつも
大義に寄り掛かりすぎると、“やりすぎ“になる傾向がありそう…
一方、戦いを拒否することが、
必ずしも、愛する者を守り切れるとも言えず
ともすると、“見殺し”に……(汗) 
 “戦争と平和”の天秤はムズカシイ…….
 

シーザーは、愛する家族を殺された恨みから、復讐の鬼と化し
仲間から、(前作で敵対した)コバのようだと、揶揄される始末――
ですが、怒りは収まらず、大佐を殺す気マンマンで、旅に出る。
 
大佐のもとで、囚われていた多くの仲間を脱出させる前に
シーザーは捕まってしまう!(>_<)
しかも、餓死させられそう…
 
このとき、助けになったのが、同行していた人間の少女☆
実は、この少女が同行することになったのは、途中
大佐(人間)への憎しみに満ちていたシーザーが、
少女の父らしき男を殺したため――という皮肉。
 
憎しみの件では、シーザーは大佐に言われた。
シーザーの家族が殺されたのは、戦争だからであって、
私怨ではないと。
そうは言っても、家族を殺された怒りの矛は、収められない。
 
いよいよ、大佐を殺せる!というとき、
シーザーの見た大佐は、感染症にかかり、弱っていた……
(大佐は、感染症にかかった息子を、手にかけたことを
シーザーに話していたこともふまえ)
 
殺そうと思ったテキが、病気で弱っていたら、どうします?
そのまま殺します?
けれど、すでに苦悶している人を傷つける勇気(邪気?)があります?
大佐に銃を充てたシーザーの“間合い”(迷い)がイイ!!!
 
結局、大佐は自死。
シーザーは、恨みの呪縛から解放され、“人間らしさ“を取り戻したよう。
そして、燃料に引火しそうな状況を見つけたシーザーは
回避すべく、“そこ”に行った!  ↓その後もまたイイ!☆
 
(人間(大佐軍)の部下:猿のドンキーは、ちょっと前に、シーザーに
人間は、猿を守りはしないーと言われる)
 
引火を防ごうとするシーザーを、撃ち殺そうとする兵士を
ドンキーは撃ち、シーザーを救った直後
ドンキーは、兵士に撃たれてしまう…….
そして、人間の発砲で引火し、大爆発!(>_<)
↑このあっという間の“2人の猿“に、とても心打たれる……
同時に、人間は、なんてバ〇なんだろうと……
 
さらに、攻めてきた北軍が、猿に銃を向ける。
もう、次から次へと……((+_+))
そこに、雪崩が!!!  ←この展開にコーフン!
猿たち、絶賛応援中! しっかり木にしがみついて!(>_<)
 
かくして、生き残った猿たちが
新しい生活を始める中、シーザーは力尽きる……
今までのシーザーのことを思うと、もう……
 
▼▼▼
 
憎しみに燃えたり、慈愛に満ちたり
シーザーの“面構え“には、ホント、感動します。
脱出劇にも、ハラハラ!面白い!(^_-)-☆
 

 

FC2ブログ→コチラ

(ヤフーブログ以外の方はこちらにTBしてください)



 
 

この記事に

開くトラックバック(0)

今年も芋煮会♪

ここ例年は、恒例行事です。

数日、胃痛がありまして、欠席しようかと思いつつ
気持ちだけは、参加しようと........


芋煮の主役:里芋は、少しにしてもらったので
牛肉とネギが目立ちます。

イメージ 1

食べているうちに、胃は大丈夫な気がしてきて (^^♪

牛タン焼きを頂きました。\(^o^)/

牛タン最高!!!! 大好き!!!(^_-)-☆  芋煮会なのに.....

 イメージ 2


馬見ヶ崎の河原で、みなさん、芋煮会を楽しんでおられました☆

イメージ 3





この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1


 
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
 
・柳生十兵衛  : 千葉真一
・天草四郎 : 沢田研二☆ ←目当て(^^♪
・宮本武蔵 : 緒形拳
・柳生但馬守 : 若山富三郎   他豪華メンバー!
 
 
ジュリー50周年コンサートで、私こと40歳若返り
あたかも“転生“したかのように、元気に☆\(^o^)/
(連日、色ボケ中(^^♪)
 
転生といえば、エロイム・エッサイム!
ジュリーの天草四郎☆
 
ジュリーは、千葉さんと主演を張っていますが
彼らだけでなく、配役が豪華!\(^o^)/
荒唐無稽な内容であっても、重厚さと見ごたえで
エンタメ度ぎっしりの作品であります。
 
この世への思い残しのために、転生した“魔物“を
まともな十兵衛:千葉さんが、名刀:村正で退治する。
 
なので、天草ジュリーが出づっぱりでなく
様々な組み合わせの“丁々発止“あり!
 

▼〜▼内容にふれて雑談です。
▼▼▼
 
「島原の乱」の恨みで、徳川の世に復讐すべく
天草四郎は、“仲間”を集めます。(スカウト)
 
ちなみに、“魔界へのお誘い“の天草ジュリー、良い(^_-)-☆
転生した姿も、美しくてイイが
見てくれだけでなく、良い声なので、説得されやすい。  
 (ふだんの喋りはボソボソしてるのに…(^^♪)
 
そんな彼らは、天草四郎の部下でなく
自分の無念や悔恨を、晴らすために行動するので(←間接的に世は乱れる)
武蔵vs十兵衛、十兵衛vs但馬守(父子対決)など
魅せるシーンは満載☆
これだけで、別作品できそう。
 
ちなみに、“武蔵vs十兵衛”のとき
十兵衛のほうが、武蔵っぽいのは因縁か…(^^♪
 
千葉さん=十兵衛は、同一化して見てしまいます!
十兵衛シリーズの魔物退治モノでも、面白いと思いますが
この作品は、
天草ジュリーが、美しい若衆なのが、対照的で良い!
 イメージ 2
しかも、存在感の薄いやさ男でもなく
骨太な印象なので、ラストシーンの対決は
紅蓮の業火の中でもあり、盛り上がります!
 

繰り返しますが、せっかくの天草ジュリー☆
見た目キレイなだけでは、もったいない……
かといって、美女とのカラミは、見たくない…(^^♪
 
そこで、迷える真田広之さん♪
若い彼も、美青年。
説き伏せる天草ジュリーは     ←言いにくいことを( 一一)…
妖術をかけるように、真田さんにキスをする………キャ!((+_+))
 

最後は、正義の十兵衛が手にした妖刀:村正によって
天草四郎は退治……されそうになりますが
「人間がこの世にある限り戻って来る!」と言って、
自分の生首を抱え(汗)、去っていく天草四郎……
人の無念や悔恨も、この世にあり続ける、ということですよね……
 
劇の中だけでも、ジュリーは、美しい再来を果たしてくれるー
という希望は、嬉しい\(^o^)/

 
▼▼▼
 
まがまがしく、オドロオドロしいムードですが(特にガラシャ夫人(^^♪
美しくも芯のある、美青年:天草ジュリーを拝める作品でした☆
 
ジュリーが、美しく再来されんことを
我は求め訴えたり……(できればで)


FC2ブログ→コチラ
(ヤフーブログ以外の方はこちらにTBしてください)





 
 
 

この記事に

開くトラックバック(0)

全665ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事