ここから本文です
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
登録リンク・TBご自由にどうぞ。ダメな時FC2へ。出張疲れは数日たってからくる(>_<)

書庫全体表示

記事検索
検索

全706ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 
イメージ 1

エクレアを捜していたら、スルーしそうでした!(^^)/
 
“チョコがけのシュークリーム”
(↑シュー生地にチョコ掛け  が大事!(^^)/)
 
中のメロンクリームイメージ 2
予想以上に、爽やかで美味しい!!☆
やはり、メロンは美味しいナ〜♪

そこに
チョコ掛けうれしいナ〜♪
 
これが細長いと
エクレアになるのかナ〜?(^^♪
 





 


(http://blogram.jp/users/analyze/?uid=165128)

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

 
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。原作未読です。
 
・小林寛之進:  阿部寛
・近江屋:  豊川悦司 ←“愛の技“のお手本
・長屋の浪人: 斎藤工 ←のみとりもせず、昼顔も咲かせず(^^♪
 
猫の蚤とり屋さんは、蚤とりついでに上がり込んで
談笑?男娼?するらしい。(^^♪
 
主命で、“のみとり生活”する羽目になった寛之進。
「武士から刀を取ったら、ただの世間知らず」(by寛之進)
その“世間知らず“が、一番、”世間どっぷりな世界“に
入ることで起こる、“風俗絵巻“を見せられつつ(^^♪
困った人を助け、助けられる人情噺へと誘われる
痛快娯楽時代劇でありました!\(^o^)/
 

▼〜▼ ネタバレで雑談です。(R15!)
▼▼▼
 

1.  “下手”のあとさき(^^♪
 

寛之進の“のみとり1号”は、亡き妻に似た女。
多分、妻と同化した夢も見たかもしれないが
その彼女から「下手」と言われる……orz
そう言われたら、現実に、目が覚まされますよね…
 
リベンジの気持ちは、プライドよりも
幻の亡き妻への想いのためか?
 
そこで出会ったのが、近江屋なる粋な男☆
手練手管☆百戦錬磨☆の妙技を教わらん♪
百聞は一見にしかずーということで、見学=のぞきます。(^^♪
 
寛之進の“ノゾキ”が絶妙ョ!(^^)/
近江屋と女のからみ(汗)を、つい立て越しに見るので
大胆すぎて、見えちゃいそうでコワいのに
見えそうで見えない、見せないの……
こんな“見せ方“も、妙技ョ!(^_-)-☆
 
ノゾく寛之進も、でれっと見るのではなく
「お〜っと、ココで云々……」と
テルマエ・ロマエよろしく、実況してくれるので
楽しく見学できます♪
 

2.うどんこ  こんどう  ( 一一)

 
寛之進のお手本:近江屋は、浮気防止の“うどんこ“を
妻(前田あっちゃん♪)から塗りたくられていた。
寛之進は、お手本の房事のあと、持参のうどんこを使わせるが
塩味でなかったことで、あっちゃんにバレてしまい
入り婿の近江屋は、家を追い出され、寛之進の長屋に来て
“こんどう“と名乗ると、洒落る。
 
ちなみに、あっちゃん妻には、房事では(汗)
かまれたり、ひっかかれたりしてたらしい、うどんこさん♪(^^♪
 

3.  斎藤工さん♪  のみとりのフェイント感あり(^^♪

 
多分、“のみとり”希望者が多そうな、工さんですが
今回は、女っ気ナシ。
近江屋は、妻にひっかかれたようですが、
工さんをひっかくのは、猫ちゃん。(女ではない)
 
お気の毒に、長屋の子供にタダで読み書きを教えているのに
お食事の差し入れもないようで
猫が食べる魚を取ろうとして、ひっかかれるの…(T_T)
そして、腕が腫れて、生死の境をさまようほどに!(>_<)
 
こんどう(近江屋)が、知る医師を呼びにいくが
途中、馬に蹴られて記憶喪失になって戻らず
寛之進が、工さんの“伝家の宝刀“を薬代として
医者に駆け込む。
その刀に、実は、価値がないことを知っていたが
医者は、寛之進の誠意に感服し、治療してくれる。
 

4.終わりまで怒涛の展開(^^)/
 
 
為政者が変わると、方針がくるっと変わる。
田沼意次時代が終わり
のみとり業は、処罰(ノコギリ挽き)の対象になってしまう。
ノコギリ挽きを阻止しよう、と見張ってくれるのは、
のみとりの元締め夫婦たち。
 
するといきなり、寛之進は、もといた藩の士たちに
ワーッと訳も分からず、連れ去られていく。
藩邸には、記憶喪失のこんどうが居て
寛之進の姿を見て、思い出す――
 
時代が変わり、下手と言った女の運命も変わり
寛之進の処遇も、変わっていく。
最後まで、あんこが詰まったような内容で
気が抜けません。(^^)/
 
▼▼▼
 
前半は、色事(肌の温もり?)に、
ハラハラドキドキしてしまいますが
後半は、運命の中の生きざまに、
人情(心の温もり?)が練られているようで、まずまずかと☆(^^)/
 
 
FC2ブログ→コチラ
(ヤフーブログ以外の方はこちらにTBしてください)




 


(http://blogram.jp/users/analyze/?uid=165128)


この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

 
ブロ友さんの記事で、食べたいと思っていた
アノ“豚まん“!!
 
大阪空港がリニューアルして、
行きつけのお店「そじ坊」さんがなくなってしまい
夕食をどうしようかと思っていたときに、発見!
(前からあったのかは不明)
 
3個入りがなかったので、4個入りを購入。
温かいのを持ち帰って、ホテルで夕食。
(バス車内には豚まんを隠せない“美味臭“が……)
この香り〜早く食べたい!とそそられます〜。\(^o^)/
 
イメージ 2

割って、辛子をつけて、頂きました☆

〜もぐもぐタイム〜(*^-^*)

3個でおなかいっぱいになったので
残りの1個は、冷蔵庫に入れて
翌朝食べましたとさ。(^^)/
 


この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

 
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
 
かわいいウサギちゃんの、
ほのぼのモフモフファンタジー…ではない。(^^♪
冒頭から、本作は教育的な話ではないーと先制される。
そもそも原作も、ピーターのパパはミートパイにされてるし。(>_<)
 
予告編で、ピーターがトマトを投げながらイメージ 2
斜めに飛んでいるのが気になって、鑑賞しましたが
これは文字通り“RAMPAGE”(大暴れ!)炸裂でした!
 
ピーターvsマグレガーさん(トーマス)と言うテーマで
ここまで激しいバトルを楽しく、ワルに、可愛く魅せてくれて
すごく面白かった☆
 
ピーターが、そこまでマグレガーに対抗するわけは……
 
▼〜▼ ネタバレより雑談です。(^^)/
▼▼▼
 
元々、ピーター家がマグレガーさんに目の仇にされるのは
畑を荒らすから。
 
動物愛護関係の方には悪いのですが
作物を荒らされるのは、困ります。
うちのほうの市報にも、野生動物から作物を守る云々の記事があります。
動物さんに、ちょっとくらい食べられてもいいじゃないか、
と思うかもしれませんが
虫さんも動物さんも、ちょっと食べるなんて食べ方はしない…orz
お残しなしで、食いつくして枯らしてしまう…orz
ウサギさんが可愛いくても、畑で食べ放題にはさせられん。(>_<)
 
なので、マグレガーさんが、血眼になって
ピーターたちを追いかけるのもわかる…(汗)
 
しかし、ここはピーター目線♪(^_-)-☆  わりきって鑑賞。
可愛がってくれるビア(原作者)は
マグレガーさんの畑の扉を、開けさせようともしてくれる。(^^♪
(食いつくしてもいいってか?汗)
 
バトル中、老人のマグレガーさんは急死し(!)
親戚の青年トーマスが相続し、やってくる。
 
野生動物を排除するトーマスvsピーター ではありますが
ピーターの応戦は、ソレだけじゃない。
トーマスとビアが、仲良くなっていくのを見たから。(^^♪
仲良しのビアには、母のような愛着を感じていたらしいが
多分、ほのかな恋心もあったと思う。(^^♪
 
恋心は、男を強くする。(と思うゾ)
ピーターもトーマスも、これでもか!ここまでするか!
の大乱闘を繰り広げる!
本物のようなウサギさんが、ぴょんぴょん跳ねるのもカワイイのに
感電まで仕組むとは……(>_<)
 
怒ったトーマスは、ダイナマイトを仕込むが
そんなこんなでスイッチを押したのは、ピーター。すると
大好きなビアの家まで、倒壊!(>_<)
こんなはずでは……orz
 
やりすぎちゃった後始末は、収拾しかありません。(^^♪
ウサギちゃんの、つぶらな瞳の愛くるしさは、
裏切らない結末です!(^_-)-☆
 
▼▼▼
 
生生しく可愛いピーター(とゆかいな仲間たち)が
生き生きと、たくましく、悪賢く、
やっぱり可愛らしく、魅せてくれました!
トマトだけじゃない、あんなことこんなこと。
しでかした“イタズラ“の数々は、はっきり言って楽しい☆(^^)/
 

FC2ブログ→コチラ
(ヤフーブログ以外の方はこちらにTBしてください)
 
 


 


(http://blogram.jp/users/analyze/?uid=165128)

この記事に

開くトラックバック(0)

初めて、熊本に参りました。
同僚の故郷ですが、くまもん熊本城しか知らない私(汗)。
(娘の電話では“馬刺し”をおススメされました)
 

遅いお昼を食べようと入ったお店に
「熊本名物・太平燕」とあったので、注文しました☆
ですが私は、そもそも読めないの…orz
「たいへいつばめーと書いてあるのください」としか言えなかった(汗)。
すると
たいぴーえんって言うんですよ」とお姉さん♪(*^-^*)
 
イメージ 1

見た目、タンメンに似てますが、
麺が違う!卵が違う! ←初体験にときめく(^^)/
 
麺は、はるさめ。
卵は、揚げたゆで卵。
さっぱりとおいしい。
はるさめかあ〜〜(^_-)-☆

 


 


(http://blogram.jp/users/analyze/?uid=165128)


この記事に

開くトラックバック(0)

全706ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事