風俗ライター・松田遊人でおまっ!

風俗ライター&風俗開業コンサルタントの毒吐き場

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

お久しぶりです。

本日の夕方に放送される
毎日放送「MBSヴォイス」(関西ローカルPM6時15分〜)に
声の出演致します。
 
近畿二府四県にお住まいの方は
4チャンネルで私の美声をお楽しみ下さい。(笑)

この記事に

開く コメント(2)

目から鱗

東京トップレスという風俗サイトを主宰している
工藤隆男さんのツイッターの呟き。
 
 
風俗店メルマガで妙に凝ったコラムとかやっちゃう店が結構あるけど、それって違うと思うんだよなぁ。必要な情報を最小限・画像貼り付け・そして必要なリンク、でいいのに。凝ったことやるとしたらblogじゃないかなぁ。メルマガに登録するような人は1日に何十店何百店のを受信してるはずなのに
 
あと、言うのに恥ずかしいフレーズで合言葉割引をする店は嫌だなぁ。遊び心かもしれないけど、そこに遊びは必要ないはず。特に大阪の店でそれをやられると東京人はまず間違いなく口にできない
 
 
以後気をつけます。(笑)
 

この記事に

開く コメント(0)

 26日午前10時30分頃、大阪市天王寺区悲田院町の同市交通局あべの北操車場の事務所で、同局運輸課運輸助役、江本聡志さん(48)(大阪府吹田市円山町)が、男に包丁(刃渡り約16センチ)で腹を刺された。

 一緒にいた同僚が、江本さんを荷物運搬用の台車に乗せて外に逃がしたところ、男は包丁を持ったまま路上を約150メートル追跡後、事務所内に戻った。大阪府警天王寺署員が通報で駆け付け、男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。江本さんは大阪市内の病院に救急搬送されたが、心肺停止状態という。

 同署によると、男は同市生野区林寺2の自称アルバイト店員、森岡泰臣(ひろしげ)容疑者(20)。22日夜に森岡容疑者の自転車が市バスと接触する事故があり、話し合いのため、26日に事務所を訪問。江本さんら数人が応対したが、森岡容疑者は約5分後に暴れ出し、ズボンの中に隠し持っていた包丁を取り出したという。

 森岡容疑者は「事故の件で話し合いに来たのにいい加減な対応をされたと思い腹が立って刺した。半殺しにしようと思った」と供述しているという。

 市交通局によると、森岡容疑者とのトラブルは22日午後8時頃、発生。天王寺区を走行中の市バス運転手が、別の通行人にクラクションを鳴らしたところ、そばで自転車に乗っていた森岡容疑者が、自分に鳴らされたものと勘違いしてバスを追い掛け、バスを蹴ろうとして、タクシーやバスに接触した。森岡容疑者はトラブル発生時、「転倒して自転車が壊れた」として、弁償を求めていたという。

YOMIURI ONLINEより転載
 
 
 
 
まぁ、何とも物騒な事件が起こりましたねぇ〜!
刺された人は不幸としか言いようがおまへん!

でも、今回の事件は大阪市交通局の職員の対応にも不備が有ったんちゃうかな?

てかね、今から記すのは俺の個人的な感想やねんけど、
大阪市交通局の職員(特にバス)は、
他のバス事業者の社員に比べアンポンタンが多いように思えるんやけど…。

勿論、大阪市交通局の職員の中にも
素晴らしい方も居られますし、
決して全否定してる訳ではありまへん!!


ただね、俺が以前「なんばの市バスのターミナル」に逃げ込んだ強姦犯を取り押さえた時の事やねんけど、
「なに暴れてるんか知らんけどバスの運行に邪魔やからどいて!」
とだけ言って見て見ぬ振りを決め込んだ最低な職員も居って
それ以来、俺的には「大阪市交通局の職員=アホの集団」と認識するようになりました。

何も捕まえるのを手伝えとまでは言わん!
せめて警察に通報くらいしろよ!

それどころか、この職員は俺に向けて「ウジ虫」とまで発して下さいましてね、
その時は本気でシバき回したろか〜!とも思ったんやけど、
流石に強姦犯を取り押さえながらは不可能やしね…。


まぁ、こんな事を経験してるから、
どうしても俺は大阪市交通局(特にバス部門)に対しては
悪い印象しか持ってませんねん!


てか、市内をチョロチョロ走ってる『赤バス』に至っては癒着丸出しやしね!!
「おいっ!なんで外車(オムニノーバー&ベンツ)やねん!
国産車を導入する方が明らかに安いやろぉ〜!」


まぁ、他にも「モンロー政策」とかホンマ色々有る訳ですよ。


せやから、今回の事件で大阪市交通局の幹部は
「誠意を持って対応していても、いきなり刺されるとどうしようもない」
と言っているらしいが、
ホンマに誠意を持って対応していたんやろうか?と疑ってしまうねん。

そもそも、今回の事件は今月22日に起きたクラクションを発端とする市バスとこの事件の容疑者の自転車との接触事故が発端で
ホンマに誠意を持って対応していたなら、こんな事件に発展せえへんかったん違うかな?ってね。

この記事に

開く コメント(1)

「密着エステ」経営者ら逮捕 愛知県警、風営法違反容疑
 
 エステ店を装って性風俗店を営業したとして、愛知県警は8日、名古屋市中区栄3丁目の「名古屋栄フランフラン」など3店を風営法違反(禁止区域営業など)の疑いで家宅捜索。各店の経営者ら計4人を逮捕し、発表した。県警は、男性客に店員が体を密着させる行為が性的サービスにあたると判断、異例の摘発に踏み切った。
 保安課によると、摘発されたのは同店と、同市中区金山4丁目の「名古屋金山エゴ」、同市中村区椿町の「名古屋マーズ」。同課は系列店とみている。経営者らは「性的サービスではない」と容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は、2〜4月に店舗型性風俗店の営業禁止区域内で、女性店員が胸を男性客に押しつけるなどのサービスを提供したというもの。「セラピスト」と称する水着姿の女性が個室でもてなし、男性客は裸になって紙製の「下着」をつけてサービスを受ける仕組み。各店のホームページによると、「密着エステ」をうたい、同市や川崎、横浜、札幌の各市に同様の店舗がある。
 同法では、客の性的好奇心に応じて店員が体に触れるサービスを提供する店を店舗型性風俗店と規定。ただ、摘発対象は原則として男性の陰部に触れる行為に限られ、通常のエステやマッサージ店は対象外だ。
 愛知県内では県条例により、新たに店舗型性風俗店を出すことはできない。捜査関係者は「違法店を放置すれば、法の網のぎりぎりを狙って出店する業者が乱立するおそれがある」と指摘する。
 3店には同日午後3時すぎ、捜査員が入った。中区栄3丁目の雑居ビル5階の店舗からは女性店員や客とみられる男性が捜査員に伴われて次々と出てきた。
 名古屋金山エゴや横浜の系列店では、2009〜10年、18歳未満の少女を働かせたとして、労働基準法や児童福祉法に違反した容疑で店長らが逮捕されている。
 
 
以上 asahi.comより転載
 
 
やっぱり摘発されましたか…。
ヌキは無いが必要以上に身体を密着させるマッサージなどは
性的サービスと判断されたのでしょうね!
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

関西首長「西から東を、日本を元気に」過剰自粛に『待った!』

産経新聞 3月20日(日)22時22分配信
 東日本大震災を受けて自粛ムードが広がる中、被災地の被害が拡大、長期化するにつれ、西日本の首長や識者、阪神大震災の被害者らからは「むしろ今こそ、西日本がこれまで以上に元気を出していくべきだ」という声が出始めた。過度の萎縮を排除し、西から東を、そして日本全体を元気づけることはできないか。そんな模索が始まった。

■経済停滞に危機感

 京都市は25日から二条城で予定していたライトアップを規模は縮小するが実施する。門川大作市長は「過度な節電は、経済を停滞させる」と強調。「多くの人を引きつける行事はしっかりと行い、人々の心を癒すとともに、収益をあげて寄付につなげたい」と語る。

 福島第1原子力発電所が完全にダウンしたことで、東日本では十分電気を使えない状態が長引くことが懸念される。地震発生直後には、東日本へ送電するため節電を求めるチェーンメールが関西でも出回った。 だが実際は西日本と東日本では周波数が異なり、送電容量は100万キロワットに限られる。関西電力は「送電は(管内の)安定供給に支障がない」とする。

 和歌山県の仁坂吉伸知事は「変電の問題がなければ節電に意味はあるが、意味のないことをしても仕方がない。やるべきイベントはやり、どんどん生産、経済活動をすることが西日本には大切だ」と言い切る。

 大阪府の橋下徹知事も「大阪、関西は通常以上にしっかりやる。付加価値を大阪、関西で生み、それで被災地をサポートしていく」と話している。

■「東北を励ましたい」

 一方、奈良県の荒井正吾知事は「向こうが落ち込んでいるのに、関西で頑張ろうというのは火事場泥棒になりかねない」と批判的だ。神戸市の矢田立郎市長も「被災者に寄り添うとすれば、にぎわいだけのイベントは適切なのかどうか」と従来通りのイベント開催に慎重な姿勢をみせる。

 ただ、尼崎市の尼崎中央3丁目商店街振興組合の葭川修一理事長は「関西まで意気消沈していては、日本は沈没する。これまで以上に元気に仕事をして、東北の人を励ましたい」。

 洋菓子店「アンリ・シャルパンティエ」(芦屋市)も「大変な被害だからこそ、お菓子を贈り物に使いたい人もいると思う。できる限り変わらずに商品をお届けしたい」と述べる。

 日本銀行大阪支店の早川英男支店長は「気をつけるべきは、買い占めなどの過剰反応と、過剰自粛だ」と警告している。

■「再点灯」を模索

 12日夜から、大阪・道頓堀のネオンを消灯している「江崎グリコ」や、同様にネオンを消灯した通天閣(大阪市浪速区)でも再点灯時期を模索している。

 江崎グリコの広報担当者は「うちも、被災した仙台の工場にようやく電気が通い始めたばかり」としながらも「関西まで縮んでしまってはどうしようもないという考えは痛いほどわかる。グリコの看板はある意味、関西の象徴。再び点灯させるタイミングを図りたい」。通天閣も「点灯のタイミングは難しいが、被災者の方たちを明るく元気づけたい」と、再点灯を検討する構えだ。

 大手食品メーカーの広報担当者は「地震発生時にガバナンス(統制)がとれなかった会社が多かったようだ。東京に機能が集中し過ぎたせいだろう。事態が落ち着けば、機能分散の話が出てくるのでは」と推測。

 関西学院大学災害復興制度研究所の山中茂樹教授は「計画停電で企業活動もままならない東京では、首都機能に限界がある。とにかく今は、関西が支えるしかない。関西が元気でなくては」と述べた。
 
以上、産経新聞より転載!
 
一昨日、俺も書きましたが
ホンマ過度な自粛モードは経済に悪影響を及ぼすんやし、
平常どおりの西日本から被災地に元気づけることが大切ですよね?

この記事に

開く コメント(0)

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事