ここから本文です
イメージ 1
フロントブレーキロック。

 タイヤ交換完了した日にヤフオクで落札したデイトナフロントブレーキロックです。強制的にブレーキを掛ける事で、駐車時のタイヤが勝手に転がるトラブルを防ぎます。かれこれ二年前ですが一度やらかしたのですよ、ちょっと目を離した隙に見事に転倒してしまい、車体左側に傷を残す事となる。あれからバイクを離れる際は細心の注意を払い、きちんと足元を確認したり車が前後に動かないか確認して離れる癖が出来ました。一度のミスで懲りた僕は掛け替えのない注意力を手に入れたのである。
 その後は全く問題ないけども、今後転んでも転ばない様にする為の便利ツールとしてブレーキロックの導入を決意。タオルで縛り上げるといった方法も一応ありますが、後で解く際に結構大変なので便利に済ませられる道具を使います。安いし。

 グリップに引っ掛ける方のリングは強度確保の工夫が凝らされてあります。理に適った作りで、十分実用的です。アレだよ、洗濯物を干す時に使うS字フックだよ。とにかく安上がりに済ませたい人はこんなもの買わず、百均でS字フック三本入りとかを買いましょう。
 よって用途とコスパを考えれば子供騙しな商品であります。まあタダで手に入ったし僕は別に良いんですけどね。

イメージ 2
使用方法。

 実売価格は864円、僕はヤフオクにてクーポンとかTポイント等を利用し0円で手に入れました。タダより安いものは無いぞHAHAHA。落札とは名ばかりの即決オンリーな独擅場。

イメージ 3
掌とロック。

 レバーを握った状態で引っ掛ける訳だから、想像より小さい。

イメージ 4
寸法。

 寸法だけ眺めると意外と大きく見えるのが図形の不思議。

イメージ 5
引っ掛けてみた。

 車重があるバイクだったらがっちりブレーキ効いてなきゃならんかも知れませんが、PCXくらいの軽いバイクなら少し効かせておくだけでもう転がる心配は無い。レバーの窪んだ部分に引っ掛けるだけで十分に効いてくれます。必要とあらば外側にスライドさせれば良いだけである。
 使い方の説明書きにもありましたが、先にレバーに引っ掛けてからグリップに嵌め込みます。壊れるとか如何かより、グリップ→レバーの順だと引っ掛けにくい。

イメージ 6
ズームアウト。

 黄色の車体に黄色いブレーキロック。思った以上に調和の取れた色合いでした。

イメージ 7
右後ろから。

イメージ 8
そしてトランクへ。

 おそらく滅多に使わないと思うんだよ。その稀な事態の為に揃えておく道具である。ほら、車って簡単なリペアキットも一緒に積載するじゃない。その車の一生に一度使うか使わないか、そんな非常時に備えて用意しておくのだ。トランク内は普段からこんな感じです。
 いくらブレーキロック出来るからと言って、くれぐれも下り坂でサイドスタンド立てて離れてはならない。どうしても坂道に停めなければならぬ場合は、必ず上り向きでブレーキロックしよう。駐車中のバイクは、前から押される(後ろへ引っ張られる)力への抵抗力はあるが、後ろから押される(前へ引っ張られる)力への抵抗力は殆ど無い。タイヤが勝手に転がってスタンドが解除されて倒れてしまう。当然横の力にも弱い。トラブルを未然に防ぐ為の手段の一つが必ず上り向きで停車する事。長年の経験で培った小技です。

 尤もブレーキロックといえど、補助アイテムの域を出ない物ゆえに過信しない事ですね。全ては基本に立ち返ることが大事であり、そんな基本技を補助する為の道具が便利ツールである事を忘れてはならない。
 たぶん当面は使いません。初めて使う日が訪れた際にまた報告いたします。つい先程お試し装備したじゃないかって?ノーカウントに決まってるだろ!
関連記事

この記事に

雑記。平成31年2月20日

 国体と宗教は切り離して考えてはならぬ大事な分野であるが、そもそも日本人のこの宗教観って何じゃろなと思い続けておりました。一個人を拾って聞けば「無宗教だよ」等と抜かしやがるケースが大半ですが、はっきり言って真に無宗教の人なんて日本国内には居ません。皆必ず何らかの宗教の影響を受けてます。
 まあもし本当に無宗教の人が居るとしたら、挨拶はせず感謝もせず遠慮もせずお金は払わず言葉も喋らず笑いもせず人など如何でも良く、世界は自分の為だけに存在していると思い込んだ徹底的な個人主義者でしょうね。犬かよ。
 「自分は無宗教だが、かと言って人を蔑ろになんてとても出来ない」と思ってしまう人は安心して下さい。自覚が無いだけでばっちり宗教家です。逆を言えば、日本目線で見て荒んだ国々あるじゃない。あれこそ皆して無宗教、或いは宗教の教えを曲解して自分勝手な屁理屈で偶像崇拝する。だから奴らは戦うし、怠けるのだ。いつまで経っても戦国時代のままなのだ。何処とは言いませんが。ぶっちゃけ某諸国の企てにより仕向けられてるだけですが。

 方や日本の宗教って独特ですよね。仏教と一口に語っても種類が多いし、それに世界各国の仏教とは違い「日本の仏教」とまで言われる程にカテゴリ分けされている。でも神道だの仏道だの親しみがありそうで中々実感しにくいこの教え、しかも日常に溶け込んでいる要素と言えば言葉と慣習的なものくらいに留まり、在り方自体はなんか異なる様子をいつも感じていたのですよ。そこで、たまたま相応しい言葉を見付けた。
 武士道である。えーと一言で言えば「One for all」です。もう一つ付け加えて「All for one」ですね。二つ合わせて「One for all, All for one」、意味は「一人は皆の為に、皆で一つの為に」です。ほら、普段平和ボケしている日本人ですが、度重なる災害の後とか正にそれじゃん。全国がフェアで在る為に、何処かが致命的なダメージを受けた際には一丸となって復興を目指す。日本人の根底に根付いている「武士道」が、正に国の在り方そのものだと思いますね。神の道、仏の道、そして武士の道。
 これからは無宗教を自称したい人は武士道を自称しても良いと思いますよ。何処に属すも自由、何を語るも自由です。浄土真宗ぼく、浄土真宗の具体的な教えなど一切知らない模様。誰も死んでねえのに仏壇飾ったりしているファッション宗教家です。


イメージ 1
メッツラースポルテックストリート。

 タイヤのブランド名。先日交換したタイヤの感想の続きです。

 まずビジュアルですが、性能は良くともさすがにシルエットはどれも変わらんやろと思っておりましたが、微妙に異なります。この写真で伝わるだろうか?タイヤの側面と転がる面との境の角(かど)が、このタイヤだとかなりはっきりしている。IRCはそこ迄でもなく、なんか輪郭がボケて見える。
 だから何なのかと言いますと、つまりカッコいいなって思った訳です。光の照り方と影の落とし方にメリハリが生まれ、美しいシルエットが得られる様になりました。考えてみればファッションは靴から整えるし、だとするとバイクの場合はタイヤ選びが大事だったのかも知れません。勉強になった。

 以下、比較用。
 初期タイヤことIRC SS-560は、タイヤの溝が側面まで掘り込まれているのに対し、スポストは転がり面に留まっている。印象が変わって見える大きな要因はここだろう。ところで履かせる向きこっちで合ってんの?と思い調べてみたら合ってました。

 肝心の乗り心地は、やっぱりええわあ〜。前回も書き綴った通り、低速時の安定性が劇的に向上。カーブや右左折時の安定性も抜群に良くなりました。あまり大きな声では言えないが70km/h超でもまるで問題無し。皆バンバン飛ばしてるバイパスだから許して。
 タイヤの溝の数が増えたからか、砂利を巻き上げる量が増えました。砂利が少ない路面だと何のデメリットでもありませんが、砂利道をよく走る場合は少し気になる様になるかも知れません。スポルテックストリートでこれならシティグリップとか砂利巻き上げ音もっと五月蠅いんじゃね。綺麗な道路を走る分には全く問題ありません。ていうか砂利道メインならオフ車がいいぞ。カブをオフロードカスタムするのだ。

イメージ 2
全貌。

 一言で纏めれば安定したという事です。オーリンズで安定する様になりタイヤ交換で更に安定する様になって、街乗り小型(?)スクーターとしてはこの上なく素晴らしき乗り心地と言えよう。小型は小型だけど小さくないし、ビッグかと言われればビッグではない。巷では「ミドルスクーター」と呼ばれている。
 それにしても高級なタイヤすげえな。何度も書くがタイヤ一つでここまで変わるとは思わなかったんだ。そりゃ皆さんお金掛けて良い物色々取り付けりゃツーリングが楽しくなるでしょうよ。乗り心地が良くなる=走行時の不快感が緩和される=楽しみを素直に受け取れる。知らなきゃ「そんなもん」と割り切れますが、知れば最早後戻りは出来ない。一度足を踏み入れたからには色々知らなくてはならないのがその方面の世界である。バイクも然りという事ですね。
関連記事

この記事に

雑記。平成31年2月19日

 語り合える仲間を欲するのは人間としての基本的な欲求で、僕自身も例に漏れず人間やっておりますが、そもそも僕は誰と語り合いたいのかという疑問が生じました。それ以前に「誰か」と語り合いたいかって?不問。人と語り合いたくないというのなら、それは語り合える「誰か」を見出す為の人脈開拓をサボっているに過ぎない。自分の水準に見合った人間との邂逅を無意識的に望み続けているのが人である。じゃあその法則に従って素直な憧憬を思い描けば良い。
 さて、そんな基本的に「語り合いたい」と思える人脈の開拓ですが、ぶっちゃけよく分からんというのが正直なところ。リアルの方へ求めるよりも、ネット上で求めた方が取り急ぎ脈々と繋がりが得られて行くので、例えばTwitter、またはFacebookなどなどSNSも活用しつつ吟味する。

 僕はバイクに乗るので、バイク仲間なんて如何だろうと思い、バイクが好きそうな人と少数相互フォローの関わりとなった。その結果、実態はまあ、うん。なんつーか、全員では無いとは思いますがただのオタクというのが主な感想でした。手段が目的となっている、または目的がなんか歪。ひっでぇツイートとかあるよ。
自称バイク乗り♀「まだバイクも免許も持ってませんが興味あるのでよろしくお願いしますヽ(〃v〃)ノ」
いいね1000越
 オタサーの姫ですかね。男性陣も一部数百の評価を貰っている人も居ましたが、とりあえずバイク界隈も「女」を理由に持て囃されやすい世界と見て間違い無い様です。キンタマでモノ考える事が悪い訳じゃないんだよ。ただ僕が求めてるものとなんか違うというだけで、これ以上バイク乗りさんと積極的に繋がろうとは思わなくなりました。
 音楽もやるので音楽好きと繋がろうかとも思いましたが、音楽鑑賞って時間使うからそれを言い訳に現在保留中。前者共々、話が合う人もきっと居るとは思うのですけどね。ゲームは最近ご無沙汰です。ポケ森で遊ぶ程度。
 自分で言うのも何ですが、どちらかと言えばはみ出し者ですね。しかし政治宗教で馬が合わねば喧嘩が起きる様に、はみ出し者同士集えば良いというものでもない。それに僕自身はポジティブだが、大抵のはみ出し者はネガティブばかりなので関わりたいとも思いません。世の不正とか間違いを訴えるのはいいけどさあ、いつもカッカと怒ってばかりでアンタ早死にするよ、っていう。真実を知ったが為に落ち込んでばかりとかそれもう「知らぬが仏」やんけっていう。有用な情報を発信してくださるはみ出し者さんは、僕にとってはただの情報収集処です。機会を見計らって何らかのアピールが出来たら良いなとは思いますが、人間的な交流は御免被ります。
 待てよ、僕に対しても同じ事思われてる節ありそうだとたった今思いました。何はともあれ、こんな拙いブログがお役に立てるのでしたら幸いです。うーん人間関係って難しいな。楽と言えば楽だけどな。

 語りに興味がある自分、音楽に興味がある自分、バイクに興味がある自分などなど、客観的な「自分」は何種類あっても困らないのですよ。しかしそれらのアプローチがまだまだ下手くそなので、興味あるジャンル内で意気投合できる人脈の確保に難儀している感じです。ジャンル外の話を持ち掛けたが為に引かれたなんて事は勿論経験済みである。どんどん引かれて行こうじゃない。どうせ基本的に人類の99%が興味を持ってくれないのだから、その中の1%で勝負してもお釣りがくる。
 人類75億人、1%なら7500万人である。結構多い。日本人が1.2億人くらいだから国内に絞っても60%以上。およそ50歳以下の総数に当たるだろうか?(適当)。そう考えると国民の大多数に好かれるアイドルって凄いね。日本人の1%に好かれるだけでも120万人くらいには好かれるという事だ。1〜2人くらいに好かれればそれで良いとかいう奴いっぱい居るけど完璧な負け犬やんけ。嫌やわ僕だって120万人から好かれたいに決まっている。

 冗談はさて置き、目先国民の0.001%には好かれてみたいね。1200人程度である。これなら何とかなるやろ。そんな中で話が合う人はきっと見付かるに違いない。
関連記事

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事