ここから本文です
イメージ 2
浜が綺麗になりました。

 何だかんだと記事にする気力が起きませんでしたが、先の土日にて行われたゴミ拾いイベントのお陰で浜がとても綺麗になりました。書類上は部外者の人が率いる団体名で主催した事になっており、加えて書類上はうしろはまとは無関係な場所に付き色々と融通が利く事に気が付いたのはおよそ去年辺りからの事。
 まあ第三者から見ると如何見ても無関係には見えないんですけどね。そんな当海水浴場が何故書類上&書類上で罷り通る様になったかと言うと、まず過去に実費でゴミ処理していた事、この砂浜は「鳴き砂」という特色を持つ珍しい砂である事、そして何より国有地であり部外者の名の下にボランティア募る事が出来れば会社名義で無理して頑張る必要が無くなる訳です。でもどうせうちがスポンサー。

 本日は夏至との事で、一日が最も長い日の筈ですが。如何考えても七月の方が長いぞ。緯度も経度も都市部から離れてる事との関係か、ただそんな気がするだけなのか。

イメージ 3
お昼は炒り米弁当!

 メンバーの一人が毎度まかないのお弁当を用意して来て下さるのですが、正直言って不味いお昼ご飯ともなると、昼食時がちっとも楽しみで無くなってしまう。申し訳ないがカピカピ且つぐちゃぐちゃの玄米ご飯に煮干しや味気ない高菜?のようなものを塗しただけのざんp食事はさすがの僕もNG。食べられるだけ有り難い等と思い我慢しておりましたが、さすがにいい加減その旨を指摘したところ「自分で弁当を用意せよ」と横槍が入った。お陰で本日より自ら弁当を用意して行く決心が着きました。
 あ^〜炒り米うまあああ。最早何一つ不足無し。波の音と共に響くポリポリ音が更なる食欲を掻き立てる。ちなみにうしろはまに面する海を「響灘」と呼びます。何が響いているのかは知りません。
 付け合わせのおかずは、祖母が持たせてくれたタケノコとヒジキの煮物。しかも皆で食べられる量を持たせてくれたので皆満足。このタッパは僕専用。ばーちゃんの味付けは美味しいのだ。

イメージ 1
ここ最近開通した道路。

 近くに遺跡があるらしいけどよく分かりません。ストリートビューはバイクのコックピットが映れば映えると聞いた。それを思い出し、わざわざ撮り直した二枚目である。二枚目だけにイケメンですね。真っ直ぐ道往くアマイマスク。その名もPCX。もちろんライダーはアーマードぼく。上手い事言い続けてないと死んでしまう病です。炒り米が美味かったから仕方が無い。
 帰る時間が小学生の下校時間と丁度被った様で、首を動かさない様ポーカーフェイス気取って横目で子供達をチェック。くっそ見て来る。中学生もブチ見てる。それも正に「カッコいいもの」を見ている視線である。完璧なキャラ作り。あでも女子児童からは「変わったものが走ってる」的な視線を貰いました。

 ところで何故か腰の筋が肉離れを起こしました。痛ぇ。昨日の夜辺りから痛み出し、本日の作業も如何なる事かと思ったが何とかなりました。何か体に障る様な事したか?ピークは本日昼間で、帰り際以降は右肩下がりに痛みが引き始めたので時期に回復すると思います。
 こんな調子に陥らない為の柔軟体操や健康を心掛けていると言うのに、何が起こるか分からないもんだなあ。そんな我が身を余所にフィットネス行こうかと思ったけど定休日だった。そんな木曜日でした。

この記事に

夢メモ。

 昨夜寝ている最中に僕が書き残したであろうメモの中に、
耳元もしくは目の前で優しく囁かれてる様子を想像したらとてもリラックス出来る。
 という一文があった。

 何言ってんだこいつ。夢の世界の僕は、現実の世界では思い付きもしないイメージの彼方へトリップする事がある様で、時々面白い話をメモして再び眠りに就くという奇行を働く。あれだよ。僕の潜在意識にある「ネタ集め意識」が、わざわざ己をセーフモードで叩き起こしスマホを操作させて文章を入力させる。プロセスは実に単純なものですが、意識の力ってすげーわ。無意識の内に自らが希求する事を自動的に処理してしまうんだもの。
 これって裏を返せば、デブは「デブのままで居たい」という強烈な願望の下に、碌に動こうとせずカロリーをバンバン摂取したがっているという事だ。人は己が求めている事しか出来ない。端から痩せる気が無く、デブのままで在り続けたいという潜在意識の力がデブをデブ足り得る存在にしている。「それは無い」とは言わせないぞ、悔しかったら痩せてみろーデーブー。でも悔しがらないんだよなあ。

 僕なら、自ら「やるぞ」と決めた事が成就できないままで居るのは実に悔しいです。悔しいのに、思ったように食指が動かなかったり、言い訳が出て来たり臆病になったりしてもう己を怒鳴り付けたくなるわ。かと言って自分を虐めても意味無いんだよ。「最善」「ベスト」である事への直感力が狂っているから覚悟が決まらない訳で、そこを矯正しない事には一日限りの付け焼刃に終わります。
 要は自他の利得への理解に関わって来る訳です。人は自分も相手もその周りもの全てが得すると理解したら何の枷も無く動きます。動けないとしたら、三方好しのバランスが乱れていたり、理解が及んでなかったり、プロセスが狂っていたりするのです。

 多少なりプログラムを組んだり企画立案したりを手掛けた事のある人なら分かりますが、途中が狂っていると結果も狂ってしまうんですよね。結果に大きな支障を与えないものなら無視できますが、目的としたい結果とは掛け離れた状態に至るとなると無視できないエラーとなる訳です。自己管理やコミュニケーションも全く同じだと思います。
 そんな今の僕に求められている自己管理は、時間の管理である。早寝だ。今の僕には早寝が必要なのだ。早起きするか如何かは寝た後で考えれば良いのだ。新たなるネタの海を効率よく泳ぐ為、可能な限り速やかに、夢の世界へと誘われよう。

 ちなみに冒頭のメモを実践してみた所、なんか気持ちいい感じにぞくぞくしました。なんか気持ちいい感じにぞくぞくするので、是非試してみてください。おやすみ。

この記事に

雑記。平成30年6月19日

 P波が来ない地震の事を「新型地震」と聞いたのはかれこれ七年前。方や「P波が無いという事実は無い」との主張があったり、「P波が無いのは観測の都合上当たり前」という意見があったり「P波とS波の間隔が物凄く小さい」等々、たった一つの出来事に対する解釈の入り乱れにより、人工地震説論者も自然地震説論者も混乱を極めておりますね。今では「直下型地震」という名前が付いているそうです。
 僕がよく聞く話に「仮に人工地震だとして誰が何の為に?」というのがありますが、そんなの一々説明せんでも分かるやろ。経済を揺さぶったり武力を行使したりといったお国同士の都合ですよ。地震に限った事ではなく、不自然に感じる話の全てが人為的なものだと捉えて良いと思います。何も知らない民間人はその為の犠牲です。一方で全く不自然性は無く、どう見ても自然たる脈動の途上に置かれた出来事であると自分なりの結論が出たならば、それがベストです。全ては根拠有りきで考えなくてはなりません。

 今回の地震?知らん。僕は素人です。自分で判断して下さい。
 ちなみに山口県下関市は震度1を観測したとの事ですが、個人的には揺れを感じませんでした。後からニュース見てびっくり。被災された方々へお見舞い申し上げます。



 睡眠不足は知らぬ間にどんどん蓄積されて行くものでありますが、その身が真っ只中に置かれると中々自覚できなくなるものですね。なーんか調子出ないなーと思った時は大抵の場合睡眠不足が原因。似たような事を何度か過去に書いたけど、何度だって書くぞ。大事な事だからな。
 睡眠時間って一概に「これだけ」と定める事は出来ないんですよね。場合によっては三時間も寝ればすっきり爽快だし、場合によっては九時間寝ても寝足りない。毎日八時間寝れば大丈夫という事も無く、体の調子や疲労度、体温やダメージなんかで大きく変わります。数年前、一ヶ月間朝四時起き夜八時寝で丸一日の肉体労働を続けた結果、一ヶ月後に体が悲鳴を上げた。心臓バクバクそして過呼吸。一歩歩く毎に息が上がる。これはヤバいと思い翌日は休む事を決意。13時間寝たら完全に回復しました。
 時に長時間爆睡が必要である事は身を以て理解。睡眠の力ってすげーって事です。

 だけどここ最近ずっとブログの更新が0時寸前なの如何にかしたいね。意図して矯正してもすぐ戻ってしまう辺り、習慣の力ってすげえなと思う次第であります。僕は早寝を好きになる必要がある。「早起き」迄含めようと思う必要は無い。とにかく「早寝」が大事なのだ。
 うーんやっぱ過去に挙げた「YouTube観ない」とか「23時に就寝」とか兼ねた方が良いかもね。睡眠時間に関しては、なんか自分を制御できてないこの頃です。今日は23時半頃には更新できるやろと思ったら既に52分でした。おやすみ。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事