ここから本文です
 ブロガーとは、ブログに記事を投稿する人の事である。そんなブロガーは様々な理由から記事を投稿し、日記メインな人、ニュースを引用しコメントする人、写真ばっかり挙げる人、そして他所様からの転載可能記事を転載しまくる転載ヤー等、種類が多い。
 日記やニュース引用などのブログは、日当たり1〜4記事といった感じの控え目に更新が続けられており、例えば僕は一日一記事を厳守しブログライフを楽しむ。

 一方で転載ヤーによる転載専門ブログは、日当たりの更新がとにかく多い。何十記事も投稿する。一体何時寝てるんだという程更新する。一時間の間に何記事も投稿する。それでも、まあ死ぬほどブログが好きなんだろうなっていうかブログの転載が死ぬほど楽しいのだろう。誰も迷惑しないのだから、否定はしない。
 ところが友達にはしたくない事を改めて感じました。いや人間的には友達にしてもええんよ。人に依りますけど。でもウェブサービス上で繋がると何かとウザいので、友達ではないところから時々遊びに行くくらいが丁度良い。全く同じ理由で、SNS等であまりに更新頻度が激しく、しかもクソ如何でもいい事ばっかり呟く人はすべからくミュート。「聞こえないフリ」ではなく聞こえなくする事が出来る昨今は本当に便利ですね。義理フォローが捗ります。

 そんな好事例を、当Yahoo!ブログを以ってお送りいたします。

イメージ 2
先方からの御挨拶。

 律儀な人は、友達リクエストを送る際に兼ねて挨拶のメッセージを送ったり、申請の理由をわざわざご説明なさってくれたりと受け入れられ準備万全な態勢で臨みますが、僕からするとそんな回りくどい手筈はお構いなしに「あ、友達になっとこ」なノリで申請すれば良いのではないかと考えております。僕はそうするが、それを理由に受け入れて貰えないというのならばしゃーない、切り替えて行こ。Twitterのフォローのノリで良いんですよ。「あ、いいな」と思ったらフォローし「飽きた」と思ったら外す。またはミュートする。あれこれ面倒な言い訳を考える必要など何処にも無い。
 ちなみに僕にとってのYahoo!ブログの友達申請は、こちらから送る事はあまりございません。現購読者様なら僕の人となりは多少お分かりかと思いますが、「お友達なのだから読みに行かねばならぬ!」といった暗黙の了解みたいな風潮が僕は嫌いです。好きな時に、好きな速度で、好きに読みたい。それは誰しも同じ事の筈ですが、いつしか義務的になってしまい、楽しめなくなる。本末転倒である。

イメージ 3
僕が送った返事。

 とは言え、何方からか申請が飛んで来たならば快く応じるのが我が性であり、色んな意味で一人一人との繋がりやコミュニケーションを大事にしたいと考えるのが僕のやり方だ。記事はすらすら書けたとしても、口はそんなに上手くは無い。たった一文だけのメール作文にえらく時間が掛かる事もある。
 そんな時は、上手い事は言おうとせず、単純なテンプレで済ませる事も出来るのだ。ほら、件名に「美味しそうなお弁当ですね」って当該記事の感想も添えてるじゃない。僕が既に「美味しい」旨を記していながら「美味しそうですね」と返すのは小学生並みの感想という奴であり、感想文としては特に意味は無い。そんな細かい事を一々気にせず使えるのが、テンプレ丁寧文である。「有難う御座います宜しくお願いします」の便利さ。上手い事言ってお礼したいものの、良い案や時間が無い時に使える魔法の言葉です。是非ご活用ください。

 さて、返事を送ったからには有言実行。リクエストを承認し、どんな投稿をなすっておられる方なのか知るべくマイページを更新したところ。


イメージ 1
ぎゃああああああ

 アホか!更新し過ぎやろ。少数とは言え、その他の「友だち」と「お気に入りの人」が完全に追いやられたぞ。しかも投稿内容が全く興味ない。無理。今世のブログライフにおいては縁が無かったものと思い、申し訳ないが即取り消した。

 やっぱね、友達は多けりゃ良いってもんじゃないと思いますよ。付き合う友は選んだ方が良いです。
 考えてみろよ。クソ興味ない如何でもいい事ばっかり叫んでいて、その他の関心ある事呟いている人の声が全く聞こえない状態にあれば、その口に猿ぐつわくらい嵌めたくなるだろう。Yahoo!ブログのマイページには今のところミュートに相当する機能が無いので、興味無いのに五月蠅すぎるブロ友さんとかは弾く他ありません。

 嫌なら端からフォローしなきゃ良いやんと思っておりますが、エゴの塊な人にとっては何だかんだで穏便に済む方法なんだろうなあ、ミュート。過去にやっぱ居ましたね、フォロー外したらヒステリー起こしてじたばたのた打ち回る人。画面越しの存在だから勝手にしろよという感じですが、そんな相手の心の支えの為にもミュート機能はあった方が良いんじゃないかと僕は思います。
 個人的には、数字ばかりがぶくぶく膨れ上がって行く状態があまり好きでは無いというのもあるんですけどね。訪問者数はウェルカム。僕は書くぜ、数字ばかりで埋め尽くされている以上の面白い記事を。

 面白かったら「ナイス」を押してね。面白く無かったら「ナイス」で応援してね。押されなくても特に困りません。そう考えると、「いいね」だの「ナイス」だのの評価ボタンは、実際に読んだかとかは如何でも良い事で、読者サイドが存在アピールする為のボタンと言えるかもしれませんね。そんな感じのブログライフ。

この記事に

日記。平成30年4月22日

戦略とは、つまりこういう事である。

イメージ 1
ぼくのかんがえた最強の戦略。

 一に人有り、二に人有り。三四が無くて、五に人有り。とにかく人。人に始まり、人に終わる。それが戦略である!僕は分かったのだ。引っ込み思案のままでは、永久に戦略家になど成れはしない。「人が迷惑するんじゃオドオド」等と顔色を伺ってばかり居ては何も定義を成す事が出来ず、進んで良い方向が何時まで経っても分からない。だからさくっと定義してしまうのである。人の流れを。
 この表は、取り急ぎ人に説明する為に作った参考資料。こんな感じに具体的な流れを作ります。事業は、たった一つの店舗のみで戦略を立てるのは中々難しいですが、二つ三つとコンテンツが増え、SNSまで活用する事を視野に含めると、爆発的に可能性が広がります。宣伝広告は勿論の事、それらの各メディアを駆使して如何にして顧客を転がして行くか。嫌われやすい言葉を使うならば「囲い込み」という事ですが、正に囲い込まれているからこそ笑いが止まらないお店である旨をお客様に感じて頂ければワイの勝ちである。無論、提携先などがあれば惜しみない連携体制でコロコロと人をぶち込み合うのである。ビジネスに必要な考え方なのではないかと僕は考えております。

 設備投資やら価格設定やらはこの後で決める作業。顧客の意見に転がされるのではなく、顧客を転がす全体マップを定義する。そんな中で転がす内に出て来たご意見を参考に検討を重ね、新たなるニーズに応じて行くのだ。それが戦略ってやつです。たぶん。
 僕の同期の中にも、勢いでお店を始めて瞬く間に畳んだ人が居たりしますが、戦略が無かったから瞬く間に畳まなければならなくなる。地元の各所テナントも入れ替わりが激しいですね。戦略なんて何一つ考えていないのだと思います。

 ボードゲームと同じですよ。将棋で言うところの、飛車角落ちまで追い込まれても、盤上に残っているコマと手元にあるコマの組み合わせ次第で、劣勢の状態からエンドレス王手で相手を追い込み続ける事だって出来ます。しかし将棋のルールを知らず、コマを如何動かせば良いかが読めなければ、どんどん弱り、最後は負けます。負けたら試合終了。商売も同じ。
 まあ若い頃って勢いだけで色々と経験するのもアリなんじゃないでしょうか。かくいう僕もまだ二十代ですが、ここに来て遂にエンジンが掛かり始めた。冒頭の画像でお察し下さい。でっかい何かが動き出すぞ。
関連記事


イメージ 2
やっと3000km。

 一つのポイントとなる総距離3000km走は、一年と九日をもって遂に達成。昨年4月13日が納車日でした。前回の報告より五日が経過。遅かったけど、意外と早かったな。

 本日からは暖かさに拍車が掛かって来たので、分厚いフナムシを脱ぎ捨ててアーマードモードに返り咲く。無論こちらもフナムシである。
 昨年、寒くなり出してからもしばらくはプロテクター着込んでいたのですが、鎧着て上着着てあれこれ嵌めて被って…って手順が煩わしくなり、しかもダウンジャケットのような防寒防護それなりに優れた上着ならばアーマー無くても良いかなと思って脱ぎ捨てました。まあガードレールとかに勢いよく胸からぶつかったりすれば確実に肋骨折れて心肺潰れてお陀仏ですね。それ考えたらやっぱアーマー要るわな。怖。
 プロテクター仕込んだ上着とかもありますが、金銭的な都合と自分に見合うファッションがよく分からずパスしてます。まずは手元にあるもの使えばええんだよ。膝用プロテクターはずっと装着し続けておりました。寒い季節は冷風の直撃を防げて便利です。

 数ヶ月ぶりにアーマー着ましたが、やっぱカッコええわあ。注目の的だわあ。それから当然と言えば当然ですが、ダウンジャケットとは違い、風の抵抗が少なくて楽です。たまたま僕の後ろに付いたネイキッドの若造がウォンウォンウォウォウォンとか粋がっているが完全に浮いてるぞ君。貴様のオナラ如きがワイのヒロイックに敵う訳無いだろう。
 日曜日だったからか、多くのライダーとすれ違いました。ハーレーおじさんかっこいいな。やはりバイク=カッコいいである事が必要だ。自らの求めるカッコよさと、自らが跨るバイクとを如何にシンクロさせるか。ヒーロー的なカッコよさがあれば、ハードボイルドなカッコよさがあり、うるせーハエ小僧も一応カッコよさなのかね。ヒーローならぬヒールみたいな。

 せっかくのカッコいいオモチャなのだから、公道を往く各々のカッコよさを追求するべきですね。そうするべき。
関連記事


イメージ 3
豪華なお弁当。

 今日は親族の誰だかの一回忌があったらしく、その為の弁当でなんと僕の分まで用意されていた。祖母の計らいである。家に帰ると、お食べと言わんばかりに出されていたお弁当。お値段聞いたらびっくり仰天、2160円するらしい高級お弁当。僕の食費三週間分やんけ。
 今日一日ご飯食べてなかったので、輪を掛けて美味いのなんの。サザエの尻尾が少し千切れてしまった。ご馳走様でした。



イメージ 4
風呂場。

 今夜限りでこの風呂場とはお別れです。明日から改装工事に入るのだ。工事期間はおよそ三週間との事。五月中頃には完成予定です。その間の僕の風呂事情は、母実家かフィットネスクラブの風呂、もしかしたら近所の温泉にでも行くかもしれません。
 この風呂場は、祖母曰く43年前に作り変えたものらしく、同居している手足が不自由な叔父が入りやすい為にこしらえたそうだが、当の本人はあまり風呂に入らない模様。くせえ。それから祖父が杖を突く様になったので手すりなどが増え、今に至る。

 思い入れ?そりゃあるにはあるが、古いものに対する執着はそれほど強くない。だが利用できるものは利用し続ける。新しいものが優れているならばそちらを選ぶ。ゴーイングメリー号は好きですが、サウザンドサニー号の方がもっと好きです。からくり多いし。祖母が元気な理由も、仕事してるし畑してるし新しい物好きだからかもね。
 まともに掃除する人が居ないので、大掃除係は大体僕の役目。そろそろ掃除時かなと思っていたので、掃除する手間が省けてむしろ良かった。新しい風呂場が楽しみです。

イメージ 5
利用できるものは利用する。

 そんな事ばっかりしていると、要らんガラクタが溜まってゴミ屋敷になります。だから確保したはいいものの使い処が無いなと結論付けば、後は処分。

 昭和後期の風呂という事でお察し下さい。風呂場は積み上げたブロックやセメントで作られており、冬はとても寒い。だけど木造建築には無い利点もあるので、いざという時にはそこそこ役立っただろう。そんなケースが訪れる事無く役目を終えた今、この風呂場に残されているものは解体のみである。
 解体屋は風呂場に備え付けてある小道具には目もくれずぶっ壊して行きます。だからお先に外せるものは外しちゃいましょうね〜。なんて思ってたら、いくつかネジが固すぎて取り外せないものがある。インパクトでも使わなければ無理な部分は後日業者に任せる様なので、今の内に外せる部分は片っ端から外しました。洗った方が良い汚いものもあるしな。

 僕以外の親兄弟は皆他所へ移住したので、必然的に実家に居残った僕の仕事となる。お婆ちゃんのメシ食わせて頂くからにはこれくらいの仕事は当然ですわ。なんかんだで頼られてる孫です。そんな日曜日でした。
関連記事

この記事に

あったな、blogram。

 そういやあったな、blogramとかいうウェブサービス。気ままにYahoo!ブログをランダムに廻ったところ、ある記事の投票ボタンから辿り存在を再確認。僕も登録していた事はあったけど、そういや退会したっけ?どうだっけ?そんな事を考えつつ、ログインID(メアド)と僕が使っているであろうパスワードを打ち込む。入れた。
 blogramに限らず、登録したまま存在を忘れているウェブサービスはいくつかあると思います。思い出せないから具体例は出せませんが、こんな感じに偶然にも再発見する事がある。そしてblogramの何が凄いって、数年間放置し続けていたのになんか勝手に動いていた点。スクーターランキング14位とか入ってるし。ここバイクブログじゃねえから!
 それでもやはり、ブログというコンテンツ自体が下火なのもありますが、パッと見で2014年度以前と比べるとあまり活発でない印象を受けました。そりゃそうだわな、バイクブログでも何でもない雑食ブログがスクーターランキング14位とかおかしいもんな。

 blogramとは、平たく言えばブロガーの為のコミュニティサイト。サイト内でポイントを貯めてAmazonポイントに交換する事が出来た…サイト(過去形)でありますが、無論僕は交換した事など無い。今は専らブログの傾向測定とコミュニケーション、一つでも多くの出入り口を設ける為のサービスと言えるポジションでしょうか。
 そういやYahoo!ブログにもblogramあったなあと思って設定開いたけど既にそんなもの無くなっていた。諸行無常。盛者必衰。でも如何いった経緯でblogramに登録したかは忘れました。勿論出入り人数はほぼゼロ人です。現在は形だけといったところ。

 他にもブロガー専用のコミュニティみたいなものは有るものか気になり検索してみたところ、意外とある事を知った。ブログランキングといった有名どころのランキングサイトもある意味コミュニティみたいなもんですが、例えばBLOMUというサイトはとても分かりやすい。堂々と「ブロガーのためのコミュニティ」との見出しがある。なるほどこれは登録するっきゃねえ。ただの雑記ブログと言えど、プレビュー数が伸びて訪問者様の絶対数が増えればそれだけ活性化し、より面白い記事が書ける可能性があるし、僕自らの文章表現などの成長に繋がる可能性がある。人の流れを作るのだ。
 ブログの為のブログ記事。こんなお話も時には扱って行きたいですね。何だかんだでブロガーって他のブロガーがどの様に考えたり、なんか閲覧者数や人気度を高める為の秘策があるのではないか?と探りを入れるものだと思うので、だったら良い情報は皆で共有しようぜ。ちなみに僕は「ランダム訪問」を中クリック連打でガガガガガとタブいっぱい出して一気に読んでます。足跡が残るので、時々足跡辿ってお越し頂けるのがこのブログの良いところ。そんな感じの土曜日でした。
関連ウェブ

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事