ここから本文です

書庫全体表示

 リンク開くと音が流れます。

 僕の個人的な目標のひとつに、毎年何でもいいから一曲形にするというのがありますが、ここ最近はマジで一曲作れば多いくらいの頻度に成り下がる音楽家あるまじき興味喪失に見舞われており、どうやって自分を奮い立たせるかも忘れてしまう程にモチベーションが掛かりません。所詮その程度と言えばその程度なんですけどね。

 そんな中で今回手掛けた音楽は、今日明日がクリスマスだし何かクリスマスっぽい曲でも作ってみようと重い腰を上げて再び作曲ソフトを起動する毎日が始まる。しかし、いずれも音を並べてみるものの、なんだろう。まるでしっくり来ないし、そもそも全然楽しくない。なんや、ヘタクソながらに面白がって音符並べてた頃の僕は何処行ったんや。そんな感じで数日前から作り掛けては放置、作り掛けては放置を繰り返して未完成データがどんどん溜まる。
 そして本日。もうクリスマスソング無理かもなあ。冬のテーマってあんまり作った事も無いからなあ。そんな事を思いながら、テキトーに笛の音をポチポチ打ち込み、三連符を並べてみたりする。

 そして火が点いた。

 あれこれ考えるのを止めてやりたい事だけをやる。クリスマス?くそくらえ。なんか過去に使った事ありそうなフレーズ?どうせ作者は同じや。もう理論理屈とかあるべき形とか無視。クソ真面目に作ろうとして思い悩んで未完に終わるよりは、フィーリングに頼った馬鹿になれ。そんな調子で作った曲です。曲名は、出来上がったデータを聴いてから決めました。うーん、これは和風w
 当然ながら本当に何も考えなかった訳ではなく、雪祭りな感じとかユーロビートっぽさなどの漠然とした構想はあり、後は良い意味で適当。自分の感性に丸投げ。

 ともあれ、作っててやたらと楽しかったのでこれは佳作。元々がMIDI作りメインで、ゲーム音楽ばっかり意識して作ってた僕にはその方向性が性に合ってそうな気がしました。やっぱDTM臭あふれる曲クッソ楽しい。絵で言うところの落書き的な曲です。
 深い事は考えず、落書きみたいに作った方が実は楽しめるのかな?まあ確かにこのブログも僕の落書き集みたいなもんですし、日常の一部でもあるから肩の力抜いて手掛けてますもんね。
 そうか、創作はあらゆる意味において日常であるべきなのか。深いなあ。

 こんな感じで楽しみながら作った久しぶりの音楽です。是非お楽しみください。

【関連ウェブ】

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事