ここから本文です

書庫全体表示

雑記。平成31年4月25日

イメージ 2
すんごい霧。

 霧というより雲?だとすれば随分と低い位置まで降りて来ております。まあ霧も雲も実質同じだし、好きな方を選んでも大丈夫です。気象学的には、如何なる天気にも確たる定義はありません。例え晴天であろうとも、気象学者が「雹だよ」と言えば、その気象学者の基準では雹になります。いや晴天は如何見ても晴天やろ。
 雪と霰、霰と雹、雨と霙、雨と曇、晴れと曇、そして霧と曇。この辺りの解釈は、気象学者で異なれば一般人でも異なりやすい線引きでしょうね。ちなみに僕はこの天気を「霧」と称しました。周りの皆さんからもすんなり受け入れられたので霧という解釈でも問題無さそうです。

 午前中は小雨が降っておりましたが、午後は何とかなりました。バイクが濡れるだろ!母曰く「雨が降る度出られない様じゃ乗り物の意味が無い」とかいう意味不明な事を言われましたが、定職就いてる訳じゃないし雨降ったら大抵やる事無い外仕事ばかりだし、急用でも無けりゃ基本困らんですよ。自営業を定職と見做すか否か難しいところですが。バイトはバイトである。屁理屈言えば馬だって乗り物やぞ。
 それに、僕がバイクを選ぶ理由はいくつかある。先ず以て分相応というやつだ。車体だけなら、中古の大型二輪でも軽四でも買えたのが結果論だが、それらを維持し続ける為の予算を車には回していない。車検要らずの税金格安な小型普通二輪は僕にとって非常に賢い選択なのですよ。あと四輪は訳あって嫌いになりました。必要とあらば運転はしますが。電気自動車の運転クッソ楽しかったぞ。回生ブレーキの利き心地はスクーターのエンジンブレーキの感触によく似ておりました。
 電気PCX欲しくなって来た。非売品なんだよなあ。ハイブリッドPCXは毛が生えた程度に燃費が良い様です。ハイブリッドって燃費よりも加速力の強さが売りだからな。今後、もし近い内にPCXを買い替える機会に見舞われたと想像したら、僕が選ぶのは迷わずハイブリッドタイプであろう。新しいものが好きなのだ。

イメージ 1
ホタr…じゃなくてテントウムシ。

 今も思うわ。何故テントウムシの幼虫をホタルの幼虫だと決め付けたのか。如何見てもナナホシテントウの幼虫なのに、そんな事微塵にも思わず「何故畑にホタルの幼虫が?」と思い込んでしまう痛恨のミス。このアホなミスは墓まで持って行く事にします。なんか周りに言いふらしたりブログに書いたりしたけど、墓まで持って行きます。
 やっぱ虫は好きだなあ。虫となると何故か嫌う人が多いけど、そんな殺される心配がある訳じゃないのに嫌わなくてもいいじゃない。きっと虫=汚いものという認識がいたずらに恐怖心を煽っているのでしょうね。

 僕なんか先日、部屋の中をうろうろしていたアシダカさんの幼生を手で掬って外へ逃がしたばかりだぞ。なんも怖くないわ。むしろクモが怯えるから、如何に無害をアピールをしつつ手中に収めるか考えたわ。ゴキちゃんが湧いたら仕事してくれ。
 まあ大多数が虫を嫌い、少数派たる僕が虫を好く構図も一つの個性なんでしょうね。そりゃ彼氏にしたくない男に見做されても仕方ないわ。

イメージ 3
(´・ω・)わいのにりん

 午前中は小雨が降っていたので、ヘルメットはいつも通りにぶら下げず濡れない様に工夫しました。やっぱカッコいいわ僕の二輪。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事