全体表示

[ リスト ]

雑記:お燗酒?

お燗酒
気温も下がり、日本酒を暖めて飲むお燗酒ど真ん中の季節。
このお燗について、ちょいと語ってみようかと思います。
お燗といえば・・・温度毎に名前が付く日本酒の極み。
5℃雪冷え 10℃花冷え 15℃涼冷え
20℃常温
ここからがお燗の温度。
30℃日向燗 40℃人肌燗 45℃上燗 50℃熱燗 55℃飛切り燗
このひとつのお酒の温度で、これだけの呼び名がある。
日本酒というものが、温度変化で楽しむことが出来る稀有の存在だからだ。
ひとつのお酒の中に温度だけでもこれだけの楽しみ方がある・・・究極の嗜好品。
他に、あまりない。日本ってすごい。繊細なつくりゆえのもの。
いやぁ、日本酒ってすごいですね。
さてさて、ここで問題がある。これだけの温度幅のあるお燗酒。
それぞれの銘柄、お酒で、一番美味しい温度ってどこなんですか?
この時期なので、熱燗にする場合どんな酒を何度くらいで飲むのが美味しいんでしょうか?
日本酒好きが皆にばれちゃってる方、まぁ、飲食店の方、特に日本酒を扱っている方々なら聞かれたことがあるでしょう。
なんて答えますか?
僕は大変難しい・・・。火入れのお酒で、純米酒なら人肌から上燗くらいですかねぇ。と、無難に答えるでしょう。
そこらへんの温度で飲む日本酒は、口当たりもよく、舌に当たる温度もちょうど良い。
後は味ですよね。香りですよね。
ここがまた嗜好品たる日本酒。
だいたい上記の人肌から上燗でいいんです。
でも、皆さんそれぞれ感じ方、趣味、趣向が違うわけですよ。
あの人はこの温度が良い。この人は、熱々で。ちょっと燗酒は苦手。いろいろな方がいますよね。
まぁ、良くお客様から聞くのは、熱めで。っていうのが多いですかね。
熱め・・・。多分です・・・酒燗器。さかさに日本酒の瓶さすやつ。あれの熱燗。50℃ちょいなんでしょう。
ちょいと前は、何処行ってもコレがおいてありましたから。この温度基準で熱めなんだろうな。と、想像しておりますが。
どこら辺の温度がいいんでしょうね。
個人差がとてもあっていいと思うので、これに関しては、触らず流して書き殴る。
いいんです。時と場所、飲む人、いろんなことによってお酒の味は変ってしまうんです。
ならば・・・どうしたら一番なんだろう。
各々がそれぞれ、これ美味しいな。って温度を探し出せればいいんだ。
そうするにはどうしたらいいのだろう?
温度が徐々にあがっていく際の味・香りを知れれば良い。
そんな時に便利なものが、湯燗徳利。
陶器の大きな入れ物の中に熱湯をはり、中に専用の徳利が入ります。
徳利の中には常温、もしくは冷蔵庫の中より冷酒が入ります。
そして、大きな陶器の中に熱湯98℃、中の徳利に10〜20℃のお酒が入ることに
3分ほどで、徳利の中が、上燗45℃ほどになります。そのまま置いておけば、常温のお酒なら飛切り燗55℃ちょいになります。
そして、大きな陶器に入っている熱湯により冷めにくく徳利のその温かい温度が持続される優れもの。
この湯燗徳利を使うと、冷や酒、常温のお酒から、熱燗などなどまで、体感することができちゃうんです。
そして、当店のように、お客様がゆっくり時間をかけて楽しんでいただく場合には、この冷めないっていうのがまた心地よくお酒が飲める。
話に夢中になっていると・・・いつの間に熱燗が・・・ぬるく・・・冷たくなってたり・・・。こういうのがないんです。
おうちで、コタツに入りながらまったりする時にもとってもいい酒燗器なんですよ。
意外と、日本酒を扱っている酒屋さんに行くと置いてあったりしますので、ご参考に。
しかしだ・・・いろんなお酒を試そうとすると、けっこう大変。
そんな時は、もうプロに任せてみましょう。お燗番、燗付師などなど、聞いたことがあるでしょうか?
おでん屋さんの片隅、料亭にも、日本酒専門の居酒屋さんにもいます、熱燗をつくってくれたりするあの方々です。
さてさて、この方々は、かなりのエキスパートです。嗜好品が究極の嗜好品たりえる日本酒。
この実力を余すことなく教えてくれる繊細さ。そして、お客様の好み体調なども、良く見てます。さすがです。
今日は、寒いのでいつもより1℃ほど高めに。今日は体調悪そうだな・・・食道や胃に負担にならないよういつもより少しだけぬるく。
熟成酒をゆっくり普段よりも時間かけて温めてポテンシャルを最大限に。
生酒を、いっきに急速に温度を上げ、さらにいっきに温度をさげて・・・簡易的ではありますが、火入れ酒のように。
そして、お酒は温度が変れば、香りが変る。味わいも、冷たい時に飲むものとは、また別次元の飲み物に。それが、温度数度違うだけでガラリと変化する。
などなど、いろんなことを気にかけ繊細に。ひとつのお酒を研究し尽くさねば出来ない業。
こういう人がいるお店を見つけたら、通ってみることです。
そして、自分好みのお酒と、その温度を見つけてみる。
もしくは、信頼と尊敬の念を持って、その方を心酔しちゃいましょう。繊細なお燗番さんは、間違いなく美味しお酒を知ってます。
まぁ、ざっと書きましたが
日本酒は、究極の嗜好品なんですよ。
会話の弾む楽しい方と一緒に、
ひとり今日の疲れを癒す1杯だったり、
飲む理由も様々。
お好きな1杯が見つかりますよう。そして、お気に入りのお燗酒が見つかりますように。
今宵も、ゆるりとお酒と戯れましょう。

2月の20日(土)にちょうど良いイベントが有りますよ?
日本橋本町 「あじるく」 にてお燗を楽しむイベントが・・・
そこに、先生も二人来るようです。
ふたりとも、お燗酒のエキスパート。
ぜひぜひ、遊びに学びに、呑んだくれに行ってみてくださいね。

17時〜少しだけ覗きにいこうかとたくらんでおりますb

//////////////////////
YOU CAN お燗2016
2月20日土曜日
17時〜22時
5時間日本酒飲み放題
お食事付き
会費5000円‼︎
...

お燗上手な講師が優しく教えてくれますよ

ご予約は
あじるく 0335173576

//////////////////////
のようです。

そして、当店13日(土)に鶴齢の会がありますので、こちらもまだまだ参加者募集中〜
2月13日(土) 18:00〜22:00 場所:和酒彩菜 遊月亭 Tel:03-5809-2659

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事