夕日の丘から

水は振動しながら、曲がりたがる。だから、水を閉じ込めたりしてストレスを与えると、劣化してものを腐らせる。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

              木村秋則氏の無農薬・無肥料・・・野生の味が戻った「軌跡のリンゴ」





2年程前のNHKでも紹介され、本にもなっているので、ご存知の方も多いと思うが、

「奇跡のリンゴ」を先月読み、心から感動した。

本当の農業とはこれだ!・・と感じたし、

その農法で出来た食糧こそ、我々の「身体が求めている食」である事を痛感した。



先月、現在のリンゴのビタミンAの含有量は、50年前のリンゴの1/30しかなく、

その原因は農薬と化学肥料まみれになった土壌に原因があるとお話した。



「奇跡のリンゴ」は木村秋則氏の手によって栽培されたものだが、

無農薬・無肥料のリンゴが出来るまで、虫と闘い、

7年間一個もリンゴが採れずに壮絶な失敗を繰り返し、

最後は首吊り自殺を決意し、ヒモを抱えてその木を見つける為、

岩木山に登って行った。



そして、“この木で首を吊ろう”と綱を投げたが届かず、

その綱を拾う為しゃがみ込んだ所にリンゴの木があった。

草がボウボウとしているにも拘わらず、

「何故このリンゴの木は元気が良いのだ?」

(実は、その木はリンゴではなく、ドングリの木であったのだが・・)



木村さんは、「オヤッ、待てよ!」

「このリンゴの木は農薬を使っていないのに、虫もついていない・・?

病気にならず元気が良い・・?

土もフカフカしている・・?

何故だ?・・そうだ、これだ☆!」

木村さんはもう自殺を忘れ、転げ落ちるように山を駆け下りた。



その日から、木村さんの土作りが始まった。

無農薬・無肥料は当然であるが、雑草も刈らずに伸び放題にした。

やがて、色々の植物が芽を出し、生茂るようになった。

すると、植物多様性が次第に進み、虫の種類も増え、

一つの害虫に偏って大発生することも無くなった。



その年、木村さんの広いリンゴ畑の一本の木に7つの花が咲き、

二つの小さなリンゴが実った。実に8年目の出来事であった。

そして9年目、驚く事にリンゴ畑一面に真っ白な花が咲いた。



この時の感想を、木村さんは

「友人からお前の畑一面に花が咲いているぞ・・と言われ、

初めは信じられず、小屋の片隅から恐る恐る覗いた・・目の前に広がる光景に、

足がすくんで、身動きできず、涙が止まらなかった」と語っている。



雑草の生茂る中で生まれた「奇跡のリンゴ」は、

自然栽培で生まれた・・まさに野生のリンゴである。



今年、わたしは木村さんのリンゴ2個を、偶然入手する事が出来た。

一つは大切に保管してあるが、

もう一つの半分を農業仲間6人で試食してみた。

慣行栽培のリンゴと比較し、香りが芳醇で、味は濃く、

最近では食べた事の無いフルーティな味であった。

本当に美味しかった!



木村さんのリンゴを入手するのは、それこそ奇跡に近いが、

無農薬・無肥料栽培のリンゴはインターネットで入手できる。

本物の味を知っている孫娘がこれを食べて、

初めて「美味しい!」と言って、皮を剥かずに一個平らげてしまった。

リンゴ嫌いの孫である。



「奇跡のリンゴ」の本にはもう一つ面白い話が書かれている。

7年目の枯れそうになった木に、木村さんは

「良くここ迄頑張ってくれた、ありがとう!頼むから枯れないで欲しい」

と一本一本声を掛けて回ったが、

声を掛けなかった木が枯れてしまったと言う。



「ありがとう!と言う言葉には宇宙の後押がある」

と言う情報は、米国NASAの宇宙開発研究所の発信であったと思うが、

人間の感謝を込めた言葉には、植物を元気付ける波動が出るのではないか!・・

21世紀の農業新時代の重要な課題として、私は捉えている。


この記事に

閉じる コメント(43)

顔アイコン

こうさんさん

ポチ嬉しいです!ありがとうございます!

2009/2/27(金) 午後 4:25 [ 夕日の丘 ] 返信する

顔アイコン

DONさん

コメントありがとうございます。
この「奇跡のリンゴ」を読んだ時、真っ先に購入する方法はないかと、私も考えたのですが・・難しいようですよ。私が入手出来たのはそれこそ、奇跡に近いことでした。

2009/2/27(金) 午後 4:28 [ 夕日の丘 ] 返信する

顔アイコン

トンボさん

コメントありがとうございます。
NHKで見た時は、それ程感じませんでしたが「奇跡のリンゴ」を読んだ時は、壮絶な虫との闘いをやっている事が分かり、本当に驚きました。

結局は草も虫も自然のままにする事が、害虫対策になる事を、7年と言う苦労の経験があって見つけたのですね。

2009/2/27(金) 午後 4:34 [ 夕日の丘 ] 返信する

顔アイコン

素晴らしいお話しです。
農業には、直接は関わっていませんが、誰もが農業の恩恵を蒙り、生きています。
人間が守り過ぎて、ひ弱な植物にしてしまったんでしょうか。

2009/2/28(土) 午前 10:30 あおぞら 返信する

顔アイコン

おおぞらさん

ありがとうございます。大量の農薬や化学肥料が土壌を弱めてしまい、弱くて栄養価の少ない農産物にしてしまったのではないでしょうか!

守るということより、安易な欲のせいと言う方が正しいかも知れませんね。

2009/2/28(土) 午後 0:19 [ 夕日の丘 ] 返信する

顔アイコン

良いお話を有り難うございました。
私の知人で植木会社を経営している友人の話しを思い出しました。イベントに使う桜の大木を1年かけて準備したが直前になっても花が咲かない。注文主に信用を失うと進退問題に成りかねなくなり、ある夜巨大な温室で桜の木に話しかけ、お願いしたら数日してイベントの直前に咲き、助かった!!
と言うことです。 その会社はこちら!! http://kyoeiueki.co.jp
(サーバーは私が管理しています。)

2009/2/28(土) 午後 6:02 [ 油食林間 ] 返信する

顔アイコン

油食林間さん、ありがとうございます。

ポジティブの感情はパワー・・一種の気のような波動を持っていて、その波動が人間だけでなく、我々の周辺にある全てに影響を与えていく、と整体師であって、食の専門家である南清貴氏が「究極の食」で語っています。

桜の花は南氏の言う気が花を咲かせたのではないでしょうか?
怪しげな話でごめんなさい!

2009/2/28(土) 午後 10:33 [ 夕日の丘 ] 返信する

顔アイコン

お久しぶりです、いつも訪問ありがとうございます。
感謝の力、ポジティブシンキングはホントにすごい力だと思っています。怖いのは、自分たちのためだけに間違った方向に使うと、化学肥料のように後になって結果が出てくるのですよね。
医療の現場では、僕たちだけの力ではどうにもならないことが多いです。患者さんの心のケアーも必要だと思っています。
実は、地球にも、僕たち人間が感謝の気持ちを表すという、心のケアーが必要だったりするのかも知れませんね。

2009/2/28(土) 午後 10:59 [ なすのり ] 返信する

顔アイコン

なすのりさん、訪問ありがとうございます。

本当にそうですね!最近、船井総研の船井幸雄会長の本を読んでいますが、他人のために尽くす生き方・・「天の理」の生き方がが大切だと話されています。

皆がそう考えると、地球はもっと救われるのではないでしょうか!

2009/3/5(木) 午後 2:21 [ 夕日の丘 ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。
この前のお話しの奇蹟のリンゴが手に入ったのですね。すばらしいです!!ニッコリと力強く輝いていますね。
見せて下さいましてありがとうございます。ポチ☆


上のお方、なすのりさんのコメントに深く頷いています。
< 地球にも、僕たち人間が感謝の気持ちを表すという、心のケアーが必要だったりするのかも・・・
もっともっと地球を愛しんで青いままで 後世に残していきたいものですね。

2009/3/6(金) 午後 1:53 風花 返信する

顔アイコン

わたし、この木村さんのりんごの話、テレビでみました^▽^*)

それからしばらくは、「木村さんのりんご」 が頭から離れなくて^ー^*
本当に魅力的な方だなぁ〜って思っていました
なんだか、とっても嬉しいです★

2009/3/6(金) 午後 2:59 *ぼぅ* 返信する

顔アイコン

y5812yさん

ポチありがとうございます。
今、普通のリンゴと並べて置いてありますが、香りが部屋一杯に広がって、自然の恵みの素晴らしさを感じさせてくれています。

自然界にある全ての物質、有機物も無機物もお互いに影響し合って生きている・・ですから感謝の気持ちを持つと、それに反応するのではないでしょうか!なすのりさんのコメント私も納得です。

2009/3/6(金) 午後 3:53 [ 夕日の丘 ] 返信する

顔アイコン

ぱんさん

私もNHKのプロジェクトXを見た時、本当に感動しました。地球に優しい農法は、人間の身体が求めている「食」なんでしょうね。

2009/3/6(金) 午後 4:25 [ 夕日の丘 ] 返信する

顔アイコン

なかなか 削除

2009/3/8(日) 午前 10:44 [ 未来 ] 返信する

履歴からやってまいりました 訪問ありがとうございます
奇遇ですね!というのも先日久し振りに本屋さんに寄り木村秋則さんの「すべては宇宙の采配」を買いました

2009/12/28(月) 午後 4:40 ランカスター 返信する

これ、約一年前の記事ですが、とても良い記事です。
感謝の気持ちを伝えるというのは、本当にあると思います。
家の観葉植物も音楽によって、形が変わっていきます。
ちゃんと聴いているんですよね。
木村さんのりんごは、きっと昔のような本物の味なんでしょうね。
濃くて美味しそうです。
食べてみたい・・・。
傑作!

2010/2/22(月) 午後 8:14 サラ 返信する

顔アイコン

リンゴばかりでなく野菜も栄養価が落ちているようですね。
リンゴは少年時代よく口に出来た果物でした、それが…最近は…お値段が…
生産者側にも諸事情が有るでしょうが…

バナナやメロン、パイナップルなんかよほどの重病にならないと口にすることが出来なかったのに…リンゴは安かったのでしょうよく食べました、ズボンの横でゴシゴシしてガブッとw

高級なリンゴも必要かも知れませんが、庶民の味っうか初恋の味っうか、その様な物も残して欲しいです形はひねてても良いですから。

2010/6/2(水) 午後 5:41 [ テラノ助 ] 返信する

顔アイコン

テラノ助さん

一年前の記事にコメント下さり、ありがとうございます。

50年前の野菜と今の野菜では、栄養素が1/10以下になっているデータが驚かされます。これは、化学肥料を使ってきた神の怒りの生でしょうね!

2010/6/2(水) 午後 6:12 [ 夕日の丘 ] 返信する

顔アイコン

初めてお邪魔いたします。寧々房と申します。

先月20日に木村秋則さんにお会いできた者です。
お会いできることは想定していませんでしたが、
なんとお会いできたのです。これも、奇跡のようでした。^^

“奇跡の林檎”に囲まれて、一緒にお写真まで!
お仕事の邪魔になると、野暮な質問など一切せずお暇いたしました。
今や時の人であるにもかかわらず、飾り気のない素朴そのものの方でした。

奇跡の林檎を目の前にして、売ってくださいとも言えなかったことが残念でしたが、幼い頃食べた濃い味の林檎は覚えています。

生物の命のあり方を変えてしまう人間は、そろそろしっぺ返しされ始めていますね。

2010/11/21(日) 午後 6:32 寧々房(neinei-bo) 返信する

『奇跡のりんご』昨日映画館で観てきました。
沢山の白い花が咲くリンゴ畑に涙が止まりませんでした。
木村さんの動機は愛なんですよね。

2013/6/10(月) 午後 11:00 [ You ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事