全体表示

[ リスト ]

 
Vol.1の続きです。
しばらく車庫の様子を伺っていると・・・
イメージ 1
先ほど洗車していた3326Fが洗車を終えて入換作業を始めました。
阪急の抵抗制御車はマスコンを回してから実際に加速するまでタイムラグが結構あって、
古い感じがするので好きです。
 
イメージ 2
阪急は車両が良く磨かれていますね〜!
古い車両でも顔が映る位ピカピカですもんね!!
阪急のそういうトコ、好きです。
しばらくすると車庫の奥に帰っていきました。
 
 
さて、そうこうしている間にお目当ての来る時間になりました。
そろそろ紹介しましょう・・・それは、「高槻市行の正雀での車両取替」です。
時刻表を見ていて以前から気になっていたんですよ〜。
イメージ 3
左が梅田から来た5313F、右がバトンタッチ相手の5308Fです。
 
イメージ 4
接続時間わずか1分ほどで5308Fは発車していきました。
 
まあなんてことはない、一般的に見れば「梅田発正雀行が正雀発高槻市行に接続する」だけのことです。
幕が「回送」ではなく「普通 高槻市」だったら良かったんですが。
なんでこういう運用を作ったんでしょうかね??
ここで皆さん、ちょっと考えてみてください。
取り残された5313F、どうやって正雀車庫に入るんでしょうか?それとも茨木市位まで回送運転?
これが私、ずーーっと気になってたんですが、答えは簡単でした。
イメージ 5
幕を回しながら河原町方へ発車。
 
イメージ 6
2号線との合流部分を少し過ぎたところで停車、方向転換してなんと本線を逆走し2号線へ進入。
ちなみにこの時、180m程後ろには準急が接近していました。
 
 
そして2号線から入庫。
イメージ 7
無事入換完了!!
う〜ん、本線を逆走ですかw
これもやっぱり阪急ならではじゃないですか?
 
気分転換として行った他路線遠征、来る列車全てが珍しく見えるあの感じを久しぶりに味わいました。
特に阪急はイロイロ特殊ですしね。(梅田の頭端式ホームとか菱パン車両が特急運用に就くとか)
今度また訪れてみようと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました
 
 
 
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事