ジャがバタぁ(別館)

人間は皆ガンダムなんだよ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
























二人の超兵を擁する超高速のガンダム







「おいおい、アリオスなんかと一緒にすんじゃねーよ」 byハルート
今回は、もう電池とは言わせない!こと「HGガンダムハルート」をご紹介。








イメージ 2





















前からと後ろから。サバーニャやクアンタが一期ガンダム+二期ガンダムだったのに対し、ハルートに関してはGNアーチャー+キュリオスというイメージです。
まあ、アリオスの本体はアーチャーだから間違っちゃいないんですけど・・・。







イメージ 4
























可動範囲はなかなかのもの。
可変機体なので、他の三体に比べて動かしにくいのは当然ですが、それでも良く動くことには変わりません。
肩の可動範囲に関しては変形の都合もあって、異常に動きます。







イメージ 5
























GNソードライフル・ライフルモード。
GNビームライフルにソードの機能を加えたという武器。
ライフルモードのビームは、劇中ではアリオスの腕のサブマシンガンっぽい感じでした。
ってことはあんまり威力は高くない?






イメージ 6
























ソードモード。
本来ならクリアパーツは緑色をしていますが、今回は面倒だったので塗装なし。
かのザンライザーのデータが活かされているそうですね。







イメージ 7
























ハサミにもなります。
キュリオスから受け継がれた伝統のハサミは、とうとう武器になりました。
ただ、この形態を見る限り本当に装甲の硬さだけで挟み切らなければならないような・・・。







イメージ 8
























当然、変形可能。
GNキャノンやこの状態でも射撃可能なGNソードライフル、機体後部のミサイルコンテナ、そしてサイドコンテナ内のGNシザービットと多種多様な武装がこの形態でも使用可能です。
武器がマシンガンしか無かったキュリオスの頃とは雲泥の差があります。






イメージ 9
























初期の特報っぽく。
そういえば、ハルートやラファエルはこのころから全く変わってませんね。
それにしてもサバーニャはデザイン変わりすぎです。







イメージ 10
























アリオスと。
こうして見るとサイドコンテナにはGNHWの名残もあるように感じられます。
そういえば、キュリオス系ガンダムで股間装甲に赤があるのはハルートのみですね。
いやまあ、だからどうだって事はないんですが。






イメージ 11
























劇場版、最終局面で揃った三体のガンダム。
ラファエルが自爆なんてしちゃったもんだから四機揃うことはなかったんですが。
ハルートやサバーニャの最終決戦仕様の発売はいつの日か・・・。







イメージ 3
























「いいか、反射と思考の融合だ!」
というわけでHGハルートでしたー。
ボリューム感だけで言えば、キュリオス、アリオス両ガンダムを遥かに凌駕しています。
最大の利点は速さだと言われているように、劇中でも圧倒的な機動力でELSを撃破する様が印象的でした。
速すぎてカメラが追いつけないと言わしめるほどの高速戦闘は一見の価値ありですよ。
ただ、シザービットの形が判別しづらい上に画像もないのでシザービットも付属して欲しかったです。
最終決戦仕様には付属するかなー・・・?

閉じる コメント(1)

顔アイコン

ハルートは最高でしたよね!!
僕は改めてアレルヤの強さを実感しました!

2011/1/11(火) 午後 10:41 NAOYAのガンプラ工房


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事