ジャがバタぁ(別館)

人間は皆ガンダムなんだよ!

玩具レビュー

[ リスト | 詳細 ]

プラモレビューが主体です。
最初期のレビュー記事は少し未熟な面があるので、のちのち再レビューをするかもしれません。
記事検索
検索

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 8























大空を振り切る第三のアクセル






ふーみんも納得の強さ。
今日は、全フォームコンプリートにリーチがかかった仮面ライダーWシリーズから、アクセルの新たな姿「仮面ライダーアクセルブースター」をご紹介。









イメージ 1





















前からと後ろから。通常のアクセルと比べ、ブースターユニットのお陰でゴツめのラインができています。
イエローシグナルを示す全身の黄色い塗装も発色が綺麗であり、限定品の名に恥じません。
かつ、頭部は新規造形となっており劇中に近い形状になっています。最初からこうしとけ。










イメージ 2
























可動範囲はそこそこ。
通常のアクセルと比べて、首の可動を阻害する部品がないことと、肩の可動を阻害する部品が無いので上半身はだいぶ大きく動かすことができます。
反面、腰のメモリ増強アダプタが邪魔で前屈ができないという弊害もありますが、それはそれ。









イメージ 3
























通常のアクセル用の差し替え頭部も付属。
かなり劇中に近く、最初からこれにしとけよと言わんばかりの出来です。
ここまでくると、エクストリームの頭部にも何かしらの救済が欲しいところ。








イメージ 4
























エンジンブレードも付属。
ブースターにとっては、劇中使用した唯一の武器なので必要不可欠なファクターであると思います。
また、首の可動域が広いので飛行ポーズがかなり決まります。これはいい。










イメージ 5
























赤、青、黄色。3つのアクセルを並べるともうまるで信号ですね。
ところで、トライアルの頭部への救済は無いんでしょうか。エフェクトパーツとかに同梱してくれませんか?










イメージ 6
























vsエターナル。Vシネつながりで。
ところで、エターナルRFは注文済みですが、正直レビューするかどうか微妙なのでよろしくお願いします。













イメージ 7
























「振り切るぜ!!」
というわけでアクセルブースターでした。
造形レベルは非常に高く、塗装にもアラが無かったので¥4500の価値は充分あると思います。
前回のアクセルフォームもさることながら、これほどの商品なら限定にする必要はないと思うのですが。
それにしてもMOVIE大戦MEGAMAXではダブルが出るそうですが、それならアクセルにも登場の目が・・・
無いですね。すいません。

イメージ 1
























The people with no name





どうも。ファイズ3フォームの中でほぼ限定販売される奴こと、アクセルフォームです。
今日は、仮面ライダーファイズシリーズから、主人公ファイズの中間形態・高速のアクセルフォームをレビュー。










イメージ 2





















アクセルフォームです。もはや金型流用されまくりで語ることがない。
胸のブラッディコアを始めとする内部メカ部分ですが、緻密な造形で忠実に再現されています。
更に黒部分はつや消しブラックで塗装されており、ナイスな質感になっています。
限定販売で黒を使うとツヤ消しにしないといけない、っていう決まりがあるんでしょうか?







イメージ 3
























ノーマルファイズから比べて、増えた付属品の数。
わずか二個(厳密に言えばアクセル起動時のファイズアクセルを含めた三個)。
まあ特別な武装を使用する形態ではないから構わないけど、フォンブラスターはもういらん。






イメージ 4
























フルメタルラングは開閉可能。開閉と言うか、BJ接続なのでただ回せるだけっぽいですね。
単純に劇中再現と考えても良い判断です。たまたまと言えなくもないですが、素直に喜んどきましょう。







イメージ 5
























初使用時。
初めての使用でキックを使わなかったライダーも珍しいと思いますが、ライダーパンチなのでまだ許せる。かも。
アクセルフォームの固有性というのは高速移動にあるので、一発の派手さではないんです。
え?カブト?知らんそんなの。









イメージ 6
























多少塗装が綺麗になった感じのファイズエッジ。
エッジ自体は大好きですし、ニ三本あっていいのですが、それよりもなによりも左の持ち手がいい加減に欲しい。
いつまで気を使ってファイズを弄らないといけないんだ・・・。








イメージ 7
























アクセルフォームといえばこのアクロバティックな動きでしょう。
高速で移動しながら、物理法則も何もかも完全に無視して移動するその様は圧巻の一言。
重力すら無視するのですから、アクセルフォームは本当に凄いです。
最近相対性理論が崩れたそうですので、アクセルフォームの動きもあながち嘘ではなくなったのかな〜。








イメージ 8
























三形態揃い踏み(内一体は限定)。
どうしてアクセルフォームだけいつも限定になるんでしょうね。
一瞬だけしか出てこないからでしょうか?それにしても結構出ているとは思うんですが・・・。
画にインパクトが足りないのかな。まるで色が変わって胸が少し変わっただけだし。












イメージ 9
























「俺はもう迷わない。迷っている間に人が死ぬなら、戦うことが罪なら、俺が背負ってやる!」
アクセルフォームでしたー。
やはり黒地に銀のスタイルはものすごくかっこいいですね。ライダーの中で一二を争うくらい好きなフォームです。
可動範囲も申し分なく、頭部の大きさもブラスターに準拠していますが悪くない。
どうしてこれが限定かと言われると・・・、やはり昔の玩具のトラウマからかな〜。放送中でも売れ残っていたし。
それでもマニア人気は高いので、出せば買う人が必ずいるんですが(私とか)。
うーん、限定は非常にもったいない!何かしらの形で再販を求めたいレベルですね。
イメージ 1
























EGO〜Eyes Grazing Over〜





「どけ。俺の歩く道だ」
今回は、多少どころかかなり時間が経ったものの、「SHフィギュアーツ ファイズ」シリーズから主人公ファイズの最終形態にして最強の姿「ブラスターフォーム」をご紹介。







イメージ 2
前からと後ろから。可動範囲はもういいですね。リンク貼るのも面倒なのでもう自分でたどってください。
各部造形もしっかりしており、関節の色も赤一色で統一されています。
更にノーマルのファイズに比べて頭部のサイズが一回りほど小さくなり、首の可動範囲が増加しています。
キックポーズなどでは重宝しますが、素立ちや他のポーズだと微かに違和感があります。











イメージ 5
























最強武器・ファイズブラスターも当然付属。
アタッシュケースモード、ブラスターモード、ブレードモードいずれも完全に再現しており好印象。
ただし持ち手の具合が少し悪いですね。もともと持つ予定はなかったっぽいのでまあ仕方ないか。
本編でも三回とも全部無理矢理出したようなもんだし。








イメージ 6
























ブレードモード。ブレイドモードと言うと、次の年の仮面ライダーになるのでやめときましょう。
これはブラスターモードの銃身と刃の差し替えで再現しています。
まああれを完全再現しろってのは無理とかそんなレベルじゃないので、差し替えにして非常に英断。
ちなみに、ファイズブラスターの仕様はTV版準拠です。








イメージ 7
























エクシードチャージ時の再現用にエフェクトパーツが付属。
カッコイイといえばカッコイイんですが、正直これはいらないからスタンドとかをつけて欲しかったなあ。
画像は片手で保持していますが、実際やろうとするとかなり厳しいです。







イメージ 8
























ブラッディキャノン展開時のパーツも付属。
放送中の玩具では、コレのために非展開時の再現を放棄するというトンデモ仕様でしたが、今回はちゃんと再現。ていうかこれで出来てなかったらダメでしたね。
当時はアレでもだいぶ出来いいと思ってたんだけどなあ・・・。時代か・・・。








イメージ 9
























「Faiz Blaster Take Off!!」
飛行ポーズもお手の物。
SIC・SAGAにおいてはフライトユニットを展開して飛行している描写がありましたが、個人的にあれはないなと思うので、劇中準拠の飛ばし方で。
だってあれは完全にガンダムじゃんか。仮面ライダーなんだよファイズは。








イメージ 10
























当然ノーマルファイズも、ブラスターを保持することが可能です。
しかしながら、ファイズの持ち手でブラスターを長時間持っていると広がってしまい、他の武器の保持が困難になるため推奨しません。二個買いした上でなら構わないと思いますが・・・。







イメージ 11
























そんなノーマルファイズと。
彩色パターンが完全に真逆ですね。さしずめシャア専用とガルマ専用の差とでも言おうか。
よく見ると頭部アルティメットファインダーもver2になっていますね。細かいながらいい配慮です。







イメージ 12
























「木場!・・・うああああ!!」




イメージ 3
























「うあああああああ!!」
最終回、オルフェノクの王=アークオルフェノクへの超強化クリムゾンスマッシュ。
どうでもいいですけど、あのクリスマの被害ってどんなだったんでしょうね。
劇場版だとドームがボロボロでしたし、地下でやったら大変なことになったんじゃ・・・。










イメージ 4
























「世界中の洗濯物が真っ白になるみたいに、皆が、幸せになりますように」
ファイズブラスターフォームでしたー。
出来は約束されたようなもんでしたが、顔の大きさがやはり気になりますね。
首の可動範囲が広がるのはどんとこいなんですが・・・、プロポーションを崩すのはどうかと・・・。
しかしそれ以外は全くの良品ですね。特に本編を見ながらグリグリ動かせるのは楽しいです。
と言っても、本編に出てきたのは劇場版含めて僅か4回弱なんですけど・・・。
カイザが発売されたものの、全くアナウンスの無いデルタの方も期待しておきたいです。

イメージ 1


























Nobody's perfect






遙( ■Ξ■)し<まだ完全なスカルではない!?
今回は未だ衰えを見せないフィギュアーツ「仮面ライダーW」シリーズから、「MOVIE大戦CORE」の公開にあわせ魂ウェブ限定で受注販売された「仮面ライダースカルクリスタル」をご紹介。







イメージ 6























前からと後ろから。相も変わらず可動範囲は名探偵の弟子と同様です。
以前発売されたスカルとの違いは、頭部造形の変更、クリスタルヘッドの同梱、ボディカラーのツヤの有無。
いずれも以前のものより大幅にアップグレードされており、正直言って前買った人涙目な内容です。
私は買っていなかったので嬉しかったですが。










イメージ 7


























付属品。
スカル通常ヘッド、帽子、切れ目入り帽子、たなびきマフラー。
帽子には大差ありませんが、マフラーにはグラデ塗装がされておりリアル感が出ています。









イメージ 8

























「さあ、お前の罪を・・・数えろ」
クリスタルだとやることがあまり無いので、早速スカル通常ヘッドに換装して帽子装着。
ボディがツヤ消し仕上げになったことで質感が出ているのがいい。かなりいい。










イメージ 9


























スカルマグマナムも当然付属。
今回もマキシマムモードだけの付属となっていますが、クリスタル時は通常のマグナムモードも使用していたので、出来ればそちらも付属させてくれれば言うことはありませんでした。
でもカッコイイから許す。











イメージ 10

























「半人前に帽子は似合わねえって言ったよな翔太郎」
切れ目入り帽子装着。
この状態は、あえてダミードーパントの変身体と考えるのもありかと思います。
これによってダブルとも絡ませられるようになっているので、付属は英断だったと思います。








イメージ 11


























スカルではありませんが、おやっさんのシーンで一番好きなシーン。
「風を呼ぶB」にて尾藤さんの自首を聞いているシーンです。
何も言わずただ夜の海を見つめているだけのその背中には、凄く言いたいことがあったんだろうな・・・と。
ちなみに座っているコンテナにはダブルの手首が入ってます。







イメージ 2


























「スカル・・・?あ、待ってくれおやっさん!」
弟子と。
ジョーカー、スカルともどもツヤ消し仕上げなので絵になります。
あー、ジョーカー格好良いわー。空白の一年間とかOVAにならないかなー。
ん?A?まあいいやとにかくやってくんねーかなー。







イメージ 3


























そしてお馴染みサイクロンジョーカーと。
スカルボイルダーを買っておくべきだったと今更ながら後悔。
そしてこうみると、ダブルのジョーカーサイドのツヤツヤに違和感を感じざるを得ません。









イメージ 4


























ダブル戦隊。
Vシネ、映画通して自分の名前がタイトルになったことがないのはジョーカーだけですね。
ありうる!ジョーカーVシネありうるでー!







イメージ 5

























「男の仕事は八割が決断。あとはオマケみたいなもんだ」
というわけでおやっさんでしたー。
とりあえず買ってください。そして弄って遊んでください。もうそれしか言えません。
本当にこれは買った人にしか共有できない楽しさがあります。
それが「仮面ライダースカル メッセージforダブル」を見ていた人ならばなおさら。
そしていつか来る「仮面ライダージョーカー」Vシネ化に思いを馳せつつ。
残るはアクセルブースターを残すのみ!レッドフレアは何処〜?
イメージ 1
























究極への飛翔








これをはつばいしようとおもったばんだいはばかだとおもいました(褒め言葉)
今回はフィギュアーツWシリーズより、最高にして究極のW「サイクロンジョーカーゴールドエクストリーム」を紹介。名前長げー









イメージ 2





















前からと後ろから。羽根デカっ。
基本的には以前発売されたエックストリィィィムと同じ。というか、この構造には慣れっこですね。
今回はエクストリームよりも丁寧な塗装がされており、完成度がいくらか上がっているイメージです。
ただし、サイクロンアクセルエクストリームでは緑だった関節が再び黒になっていたりします。








イメージ 5
























手首。平手、ポーズ手、持ち手が両手分付属します。
持ち手がなぜ付属するか分からないのと、おま罪手が無いのが若干の不満点。
まあでも、CJ用の持ち手が出来たと考えればいいのかなー。
当初はビッカーを付ける予定だったとかだったら怒りますが。








イメージ 6
























付属台座。クリアグリーンとクリアブラックがかなりキレイです。
このあたりは流石限定品と言わんばかり。ブースターにも付けてくれないかなあ。









イメージ 7
























羽根。アホか(褒め言葉)ってほどデカイです。
風都タワーを模しているらしく、本編でも相応の大きさがありましたがこれはデカ過ぎではと思います。
まあでも、劇場版のパンフレットを見る限りこれでもまだ足りないくらいなのでよしとします。










イメージ 8
























背中。球体関節+ボールジョイントというあまり見たことない仕様になっています。
個体差によってユルユルだったりするらしいので、一度じっくり見たほうがいいと思います。
ちなみにうちの子は、背中のジョイントパーツとジョイント穴の経があっていませんでした。
少し雑な作りだなあ・・・。もう少ししっかりしてほしいですね。









イメージ 9
























とは言っても、発売されるだけで凄まじいことだと思います。
キバで言えば飛翔態のアクションフィギュアが出る並のレベルですから。
内部の黄金塗装もほぼ完璧ですね。このクオリティを維持して欲しいものですね。










イメージ 10
























とりあえず、ドーパントが井坂先生しかいないので蹴り飛ばしておきました。

















イメージ 11
























エクストリームと。
こう並べて見ると、ゴールドエクストリームの方がしっかり塗装されている感じですね。
今でもエクストリームは出して遊んでいるので、そのせいもあるかもしれませんが・・・。










イメージ 12
























希望の風で復活したダブルが、風都タワー頂上にいるエターナルへ飛び立つシーン。
映画の大スクリーンで見るのがかなり迫力があってよかったので、出来るならもう一度劇場で見たいなあ。













イメージ 3
























「死ぬのは・・・久しぶりだなあ・・・!ハハハハ!」
vsエターナル。
というか、冷静に考えたらゴールドエクストリームって過去二作品ともただ出てきて飛び出してキックかましてるだけなんですよね。
それだけでも超活躍しているように見えるのは、多分エターナルが強すぎたせいだろう。













イメージ 4
























「負けるわけにはいかないね」「ああ、みんなの期待は裏切れないからな」
というわけで、CJGXでしたー。
届いた瞬間からテンション上がりすぎて、二日くらい冷却期間が要りましたがそれはまた別の話。
もともと完成度が高かったエクストリームが、また更にパワーアップして帰ってきたというイメージですね。
クリアの羽根も綺麗だし、ゴールデンサーバーも美しい仕上がりです。
このレベルのものであれば、5000円など軽い軽い・・・嘘ですごめんなさい。
しかし、羽根を広げれば棚の隅にいるだけでとてつもない存在感を醸しだしてくれますし、御神体的な感じでも使えるかもしれませんね。
さてさて、シリーズコンプに向けて走りだした仮面ライダーWシリーズ。出来ればユートピアドーパントがかなり欲しい。

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事