過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

購入品アレコレ

天気はあまり良くなかったのだが、久しぶりに秋葉原へ買い物に出かけた。
久しぶりだったこともあり、思っていたい上に色々と面白いものをゲットすることができた。
まずはウイングキットコレクション第3弾、アイテム選択と造形のシャープさには定評のある1/144スケール航空機の食玩の最新作。今回も三式戦飛燕、零式水偵、F8Fベアキャットとマニア好みのラインナップだった。今後も長く続いて欲しいシリーズなので迷わず1box大人買い(大人気ない買い方の略)。
良心的なアソートのため、ノーマル版については首尾よく全機種揃えることができた。一番左のF8Fベアキャットはブルーエンジェルスの所属機とのこと。
イメージ 1

イメージ 2

1box10個入りのため、箱買いすると1個はシークレットが付いてくる仕組みのようだ。でもって引き当てたのは真っ黄色な塗装のF8F、何じゃこりゃと思い解説書を読むとブルーエンジェルスのショーの際、模擬空戦で打ち落とされる役の機体とのことだった。
イメージ 3


他に購入したのはトランペッターのメッサーシュミットMe262A-2a、エデュアルドのキットも既に発売されており、正直なところあまり期待はしていなかったのだが、ケッテンクラートやR4Mロケット弾などのパーツが付属している他、機首の機銃の点検口が開閉選択式になっているなど、割と凝った造りになっており意外と侮れない出来となっていた。ただし、脚カバーの造りだけはもう少し何とかして欲しいレベルだった。このパーツ構成なら案外長砲身50ミリ機銃を装備したMe262A-1a/U4などもキット化されるかもしれない。今後に期待のシリーズと言えそうだ。
イメージ 4

イメージ 5


最後はGriffon製のFw190D用エッチングパーツセット、これはイイ、凄くイイ。
脚カバーはもちろんのこと、操縦席内装、フラップ、環状ラジェーターなどがエッチングパーツで再現されており、プラッツのキットを組み立てる際に大いに役立ちそうな構成となっている。
レジンパーツのジェリ缶もセットされていた。カノン級駆逐艦が仕上がったらFw190D組もうかな?(^^)
イメージ 6


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事