全体表示

[ リスト ]

 昨夜は久しぶりにスポーツ中継を見て燃えました。

 ワールドカップ・アジア最終予選「日本vsオーストラリア」。
 オーストラリアのブリスベンで行われたこの試合は、今まで日本で行われたヨルダン戦やオマーン戦とは違う空気が満ちていたような感じがします。

 オーストラリアチームは、どう言えばいいか、まるで乾ききった荒れ地を体力にものを言わせて突っ込んでくる筋肉隆々のオスのカンガルーの一団みたいな。

 日本チームはと言えば、今までと同じように本田がチームの要となってボールを回し、選手を動かし、更に自分自信が動いて先制点を決め、アウエーでありながらも日本らしい戦いをしていたと思います。

 栗原がゴールを決めた時には「ヨッシャッ!」と大きな声を出してしまいました。

 ところが、先制点を決めて以降の戦いはそれまでとは全く違った展開になったのです。

 オーストラリア選手の、地元ならではとも言える燃えたラフプレーによって退場。一人少ない人数だというのに、日本チームが先制点を決めて以降は全くそのメリットを感じない展開となったのです。

 ホームでの応援というのは“まか不思議”な力を呼び起こすのかもしれませんが、オーストラリアチームはディフェンスでも攻撃面でも日本チームを凌ぎ、一人残っているフォワードにボールを蹴れば、見事に日本ゴールまで攻め上がる。

 一人多いはずの日本チームがタジタジの展開となったのです。

 ではありますが、冷静に見れば1対0で勝てたと思うのですが、オーストラリアチームを応援する地元ファンの声援は自国チームだけでなく、サウジアラビア審判団にも大きな影響を及ぼした様です。

 ゴール前でウイルクシャー選手とポジション取りを競っていた内田選手が、なんとファウルを取られてPK。
 これなどは日本チームだけでなく、テレビを見ていた全てのサポーターが「エーッ!何でだよ!?」と声を上げたに違いありません。

 更に試合終了直前のフリーキックをセットする本田選手がボールを蹴ろうとしたとき、試合終了の笛が鳴ったのです。
 これなどは、実況中継をしていたアナウンサーも口にしていましたが「最終予選でこんな事があるのか!?」と、呆れてしまいました。

 身びいきで言うのではなく、主審の試合コントロールが余りにもアマチュア的に過ぎます。

 結果的に一人ずつの退場で、1対1の引き分け。
 地元ファン達の怒りはコントロール出来たかも知れませんが、ワールドカップの最終予選というには余りにもお粗末なエンディングだったように思います。

 ただし、日本チームが反省すべきは。

 やはり本田が中心のチームとは言え、ボールが本田に集まりすぎてディフェンスし易く見えるシーンが何度もありました。
 それに、昨日は長友の良さがほとんど無かったように思いました。
 イタリアの新聞なら試合後につける長友の採点は最低でしょう。

 要するに、彼の良さが目立たなかったのです。

 インテルの試合の様に長友が大柄な男達を切り裂いてチャンスを生み出す球出しを、ゲームメーカーである本田ならばこそ、もっと心がけるべきだったのではないかと素人ながらに反省していた次第です。

 でも、敵地での勝ち点1は十分、合格点じゃないですか。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事