全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全213ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

きょう、無事に退院しまして、そのあと、大学病院へ行ってきました。事故の研究の対象となることで、特別待遇が凄かったのが印象的でした。
何から何まで割り込みで検査を受け、なんどコストフリーでという言葉を先生の口からきいたことか。

結果はまだ、でないんですが、、、

先生としては、ひとつ気になることがあったらしく。
ぼくが、中3?の頃事故をしたときのこと。
このブログにも記事でアップしてると思いますが、事故の前の記憶がないんですよ。まったくね。
これが、脳震盪によるものという考え方もあるんですが、そうじゃなくて、心因性のものだったのではと。
通常、こういうことを逆行健忘というみたいなのですが、それにしても事故の記憶がなさすぎるという点。
考えられることとしては、
ぶつかる直前、心臓発作が生じていたのでは?
普通は大体覚えてるものなんだってさ。
だから、ぶつかる前には意識がなかったんだ。
というふうにこじつけることもできるらしい。

確かに、言われるとあの日は体調が悪かった。

もし、記憶が飛ぶようであれば、なにかしらの障害を抱えこむんだって。
でも、後遺症もまったくない。
その直後、記憶力が落ちたとか、変わったようには思えない。

うまく、伝えられませんが。
スマートフォンからは打つのが面倒すぎる。

もしかしたら、ぼくの病気が今に始まった訳ではなく、すでに遠く昔から始まっていたのかもしれないという、先生の暫定的な意見。
だから、前回の心房粗動も慢性状態まで進行してしまい、自分自身のトラブルを気づけなかったのでは?と。
普通は、それほどになるまでには身体がうごかなくなるんだって。

謎に包まれている。
気持ちはすっきりしない。

ただ、まだおれは死にたくない。
マイホームも建ててないのに。

はやくすっきりしたい。
おれがこの先どんな病気に掛かるリスクがあるのか知っておきたい。

知ったからには、それに備えて、おれが死んでも、金には困らないようにしてあげたい。

ただ、自分自身かなり動揺している。
あの事故はもしかしたら心臓が原因してるとは?

この記事に

開く コメント(3)

またか。

みなさん、お久しぶりです。
実はまた入院しました。今度は心房細動、洞機能不全症候群、心房頻拍で。
再び、カテーテルアブレーションを行うことになりました。

ペースメーカーが回避できたのは救いかな。

アーク溶接ができなくなるからね。


この様子だと、もうしばらく、自転車に戻ることはないのかな。

とりあえず、月曜日に手術して、そのときに血液も採られ研究機関へ回されるそう。
とりあえず、20代でこれだけ発症するのがめずらしいらしいので、無料で遺伝子検査もしてくれるようです。

そこで、わかってしまえばの話しですが
これからどういった病気にかかるのかっていうのもわかるらしいですね。

まだくたばるわけには行かないんだけどな。
いまくたばったら、嫁に逆に殺されます(笑)


ただ、未来がわかってしまうのも
メリット、デメリット双方共に大きいです。

この記事に

開く コメント(1)

いいね!

井戸屋に行くようになってから1週間経過しました。
 
なかなか、良い感じです。
 
仕事も楽しい!
 
朝起きるのも楽しい!
 
非常にイキイキしています。
 
なんにせ、筋力がないので毎日筋肉痛も覚悟していたのですが、
意外と筋肉痛にもならないものです 苦笑
 
 
まだ、今週も残りがあるので、今日も早めに寝て明日に備えるようにします!
しゃっ!

この記事に

開く コメント(2)

明日から仕事。

明日から、井戸屋で、仕事が始まります。
待ちに待った仕事です。
 
明日からは、全力で仕事をやります。しゃっ!
5時起きなんで、寝ます!

この記事に

開く コメント(0)

お久しぶりです。

お久しぶりです。
 
退院後なかなか、忙しくまったくブログに触れている時間がありませんでした。
 
現状、なんとかなっています。
 
不整脈については完全に完治せずというところです。
もし、再発した時にはペースメーカー・・・
という、お医者さんのお話でした。
 
まぁ、なるようになるさ。
寿命はきっと変えることはできない。
もし、医療が恐ろしい発達を遂げれば(簡単に、なくなったひとも生き返るほど)
別だと思うが、生まれてから死ぬまでの時間は私は決まっていると思う。
ならば、今できることをやるべきだなと思い、立ちあがっている最中です。
 
引き抜きで転職したラーメン屋。
私のビジョンにはどうにもあわない。
そんな理由で、退職しました。
これが、はたして私にとって上に向くか、下に向くか。
さまざまな、意見がありましたが。私は上を向くと思って辞めました。
 
自分自身の中でやはり、もう夜は働きたくない。
そして、土日の時間を有意義に使いたい。
そんな思いでいっぱいでした。
自分が毎日の生活を楽しめるようになれば、自然とお金もついてくる。
そう信じて、新たな職場に行きます。
 
新たな職場は、さく井工。つまり、井戸掘りです・・・。こちらも、半分引き抜き。
私にとって、初めての外仕事です。
しかし、あれだけ自転車に乗ってきたのだからと、根性はあります(笑)
きっと、道具は重いはず。外仕事だから、夏は暑く、冬は寒いはず。
でも、自転車競技を続けられていたとしてもそうでしょ?
と、自分では思っている。
 
定時で退社できるところ、休みがきちんとしているところ、
きっと自分なら技術を身につけられると不確かな自信。
そんなところに、ひかれました。
 
新潟県には欠かせない消雪設備これをつくる事業は絶対になくならない。
その安定性もあります。
 
 
次の職場でも精いっぱいの仕事をして、生きていくつもり。
 
やっと、自転車競技も復活できそうです。
ただ、当面は生活優先で。

この記事に

開く コメント(2)

全213ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事