北海道は素敵です!!

贋金だらけの日本に住んでいます。

拉致問題で北朝鮮への圧力強化を重視してきたアベ「無条件で金正恩氏との会談を」と意思表明した。これまでの強硬姿勢を一変させた背景にあるのは選挙のためだけ。安倍首相の北朝鮮への「身も蓋もないラブコール」 

 「拉致問題を解決するためにあらゆるチャンスを逃さない。私自身が金正恩委員長と向き合わなければならない。条件をつけずに向き合わなければならないという考えだ」  6日夜、トランプ米大統領と30回目の電話協議を終えた安倍晋三首相は記者団に明言した。補足説明では、同じ内容をトランプ氏に伝えたことも紹介された。安倍氏は昨夏の国会で「行う以上は拉致問題の解決に資する会談に」と答弁しており、明らかにハードルを下げた。それをなぜいま公言し、トランプ氏に伝えたことまで明かすのか。  安倍氏の発言は、金正恩・朝鮮労働党委員長に対するメッセージだ。これまではトランプ氏を通じて金氏に拉致問題の解決を訴えてきたが、今回安倍氏はこう伝えたかったのだろう。 <あなたと直接話したい──無条件という譲歩をしてでも>  突然のラブコーすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事